『魔法の万華鏡』

父親の仕事のためにスイスに住むことになった、くーちゃん(4歳)。

チューリッヒでクリスマスシーズンが始まった日、天使から不思議な万華鏡をプレゼントされる。

両親が作ってくれた小さなお城で、その万華鏡をのぞきこむと・・・。
© 2017 Allegra All Rights Reserved.
  • 11 Dec
    • くーちゃんの秘密のお城 スイス/バーゼル

      バーゼルの新しいおうち、くーちゃんのお部屋にはパパが作ってくれたお城があった。バーゼルの観光スポットである、シュパーレントルという要塞やライン川沿いのバーゼル・タトゥが毎年行われている、カゼルネ・バーゼルの建物をみてひらめいたそうだ。お城の中の壁にはママが描いてくれた可愛いカーテン。ママはお絵描きが得意で、くーちゃんもお絵描きが大好きである。カーテンの絵の横には大きなスイスの地図が貼ってあった。お城の上にはふかふかのベッド。くーちゃんは絵本の中のお姫様とお城をみては「お姫さまになってお城に住みたい!」と言っていたことをパパは忘れずに覚えていた。ただ、ひとつ不思議なことは・・・このお城はくーちゃんの夢見る秘密のお城だった。🎄記事本文下にアドベントカレンダーあり🎄ブログランキング参加中!素敵だなぁと思われた写真が1枚でもあれば・・・"⛄⛄くんたち"を"ポチッ"と応援クリックしてね。⛄ブログランキング参加中!⛄🎄アドベントカレンダー11日目🎄カレンダーをクリックしてスイスの風景をどうぞ!

      NEW!

      3
      テーマ:
  • 10 Dec
    • チューリッヒ/クリスマス物語【まとめ】

      🎄"魔法の万華鏡" チューリッヒ クリスマス物語1-9🎄≪チューリッヒのクリスマスシーズンの風景をもとにしたお話≫ブログに掲載していない写真もありますので、興味がある方は 📷 ➡写真を見る> をクリックしてどうぞ!🎄1📷 (お話のシーンとなった場所・風景写真etc.) ➡空港ロビー内写真をみる🎄1 🎄2📷 ➡ホテルロビーetc.写真をみる🎄2> 🎄3📷 ➡ホテルのお部屋の詳しい写真&ホテル情報をみる🎄3> 🎄4🎄5🎄6📷 ➡風景写真&メルリトラム」情報をみる🎄4,5,6> 🎄7📷 ➡写真&「サーカス Conelli」情報をみる🎄7> 🎄8📷 ➡風景写真&🎄イルミネーション「ルーシー」情報をみる🎄8> 🎄9📷 ➡チューリッヒ中央駅の写真をみる🎄9> 🎄記事本文下にアドベントカレンダーあり🎄ブログランキング参加中!"⛄⛄くんたち"を"ポチッ"と応援クリックしてね。⛄ブログランキング参加中!⛄🎄アドベントカレンダー10日目🎄カレンダーをクリックして虹色の雲をどうぞ!

      10
      テーマ:
  • 09 Dec
    • クリスタルの花でプロポーズ! スイス/チューリッヒ/スワロフスキー

      ≪クリスタルの花でプロポーズ!≫7年前、くーちゃんのパパはクリスタルのクリスマスツリーの前でくーちゃんのママにプロポーズ「チューリッヒ中央駅構内のクリスマスマーケットは相変わらず混んでるな。」日本からチューリッヒ経由でバーゼルに行くことにした理由はきょうは、パパとママの大事な記念日だったからだ 「わぁー、わぁー」と、目を大きく開いてキラキラ輝くクリスタルのクリスマスツリーの周りを何度もまわるくーちゃん。 「おそらとおなじいろだー。 ルーシーがどこかにいるのかな?」「くーちゃんは、キラキラと輝くものをみるとずっと『ルーシー』と呼ぶのかしら・・・」くーちゃんのパパからは返事がない。キョロキョロと何か探し物をしているようだった。そして、ニヤニヤとしながら、「今年も同じようなポインセチアのクリスタルが飾ってあるよ」くーちゃんのママはずっと前に白鳥をかたどったスワロフスキーをお土産にもらってから大ファンになった。二人は当時のことを思い出していた。「あのドイツの詩人の名前は何だったかしら?」「確か・・・"フランツ・グラーフ・ポッチ"だったと思うけど。」「東から星が輝く」という詩を偶然に見つけたとき、くーちゃんのパパはこれだと思ったらしい。その詩の最後の言葉にポインセチアの言葉を見つけた!"vom Osten her der Weihnachtsstern."そして、ポインセチアの学名"pulcherrima"は、「非常に美しい」を意味することを知ったくーちゃんのパパ。だから、日本へ持ち帰ることができる、くーちゃんのママが大好きな"スワロフスキーのポインセチアのクリスタルの花を贈った。「このポインセチアのクリスタルは私の大事な思い出、そして宝物よくーちゃんが大きくなったらパパのプロポーズの話を聞かせてあげたいわ」「今でもこのクリスタルの輝きと同じくらいに輝いているよ、ママ!」ママはパパの言葉に少し顔を赤く染め、くーちゃんの頬っぺたの色と同じくらいになった。「カイロはもう必要ないみたい」くーちゃんのママは、毎年、クリスマスの時期には本物のポインセチアのお花の横に、思い出のクリスタルのお花も飾ることにしている。4年前からクリスマスの星は3つになった。チューリッヒのクリスタルのクリスマスツリーは二人の思い出そして今年はくーちゃんと一緒にチューリッヒのクリスマスは三人の思い出🎄記事本文下にアドベントカレンダーあり🎄本日のお話は面白い素敵だなぁと思われた写真が1枚でもあれば・・・"⛄⛄くんたち"を"ポチッ"とクリックしてね。⛄ブログランキング参加中!⛄🎄アドベントカレンダー9日目🎄カレンダーをクリックして宝石のクリスタルではなく、あのクリスタルをどうぞ!

      8
      テーマ:
  • 08 Dec
    • 空飛ぶ "ルーシー" スイス/チューリッヒ

      ≪空飛ぶ"ルーシー"≫「くーちゃん、いいもの見せてあげよう。魔法の国へ行かなくても、ここ、チューリッヒでは魔法がかかったお空が見えるんだよ。」駅前のバーンホフ通りにはたくさんの人たちが訪れていて空のダイヤモンドに向かってカメラを向けていた。 「わあ、おそらにキラキラのおほしさまがいっぱい!」「毎年、クリスマスの時期になると、ダイヤモンドをいっぱい身に着けたルーシーがやってきてチューリッヒのお空を飛び回るんだ。だから、みんなは『ルーシー』と呼んでいるんだよ。」 「ルーシーはいまどこにいるんだろう? あっ、クルクルでダイヤモンドのおそらをみたい!」ママもちょっぴり興味があったので、バッグにしまっておいた万華鏡を取り出して手渡した。すると・・・ 「ママ、ルーシーがみえるよ。」驚いたパパとママは万華鏡の中をのぞきこむ。「・・・・・?」「・・・・・?」パパはビートルズの歌を歌い始めた。"Lucy in the Sky with Diamonds・・・"パパは歌詞の一部を思い出しながら、「くーちゃん、ルーシーはね、万華鏡の目をした女の子なんだ。」"A girl with kaleidoscope eyes"  「ルーシー・・・おめめがクルクル?」他の通りでも明るいチューリッヒが待っていた!くーちゃんは万華鏡を覗き込み、 「パパ、 ここにもルーシーがリボンをつけておそらをとんでるよ!」 パパはもう一度、万華鏡を覗き込んでみた。万華鏡をクルクルと回してみても・・・・・?くーちゃんが見えたのは何だったのか?きっと夢見る子どもだけに、ルーシーが見えるのかもしれない。そして、子どもたちはルーシーと同じように、目の中に太陽を持っているに違いない!" Look for the girl with the sun in her eyes " 🎄記事本文下にアドベントカレンダーあり🎄本日のお話は面白い素敵だなぁと思われた写真が1枚でもあれば・・・"⛄⛄くんたち"を"ポチッ"とクリックしてね。⛄ブログランキング参加中!⛄※"ルーシー"情報もあります。🎄アドベントカレンダー8日目🎄カレンダーをクリックしてスイスの風景をどうぞ!

      6
      テーマ:
  • 07 Dec
    • 魔法の国の入口! スイス/チューリッヒ

      ≪魔法の国の入口≫くーちゃんとの約束どおり、あの赤いテントへ立ち寄った。「わぁー、あかいおふねだ!」チューリッヒの冬の夜は心の中を温かくしてくれる。初めてのスイス旅行初めてのチューリッヒ初めてのスイスのクリスマス 「パパ、ここにも天使がいるの?」「もしかすると、ここにも天使がいるかもしれないね。この赤いテントの中ではね、魔法が見れるんだよ。」「ここが魔法の国の入口だよ。」  「わぁー!」興味深く中をのぞきこむ、くーちゃん。「クリスマスのときだけ、魔法の国からやってくるんだ。くーちゃんがもう少し大きくなってからパパが連れてきてあげよう。」  「わーい、まほうのくにからやってくるの。  はやくおおきくなりたいなあ。  あっ、でも、  まほうつかいのおばあさんがいたらいやだな。」「アハハ、大丈夫だよ。くーちゃんはいい子だから、きっとやって来ないよ。」くーちゃんは夢見る小さな天使!湖をのぞきこんだり、首をかしげたり・・・、寒さはどこかへ飛んで行ってしまっているようだ。「くーちゃんを見ていたら、"子供は風の子"って本当だわね!」ママは寒がりなので、日本から持ってきた、ホッカイロの袋を開けた。パパがくーちゃんに見せたいと言っていたあの場所へ行くために。🎄記事本文下にアドベントカレンダーあり🎄本日のお話は面白い素敵だなぁと思われた写真が1枚でもあれば・・・"⛄⛄くんたち"を"ポチッ"とクリックしてね。⛄ブログランキング参加中!⛄※赤いテントの情報もあります。🎄アドベントカレンダー7日目🎄カレンダーをクリックしてとっても不思議な自然現象!

      10
      テーマ:
  • 06 Dec
    • 夢見るクリスマスプレゼント♪ スイス/チューリッヒ

      ≪夢見るクリスマスプレゼント♪≫チューリッヒには天使がたくさんいる!そしてサンタクロースも「ママ、サンタさんがいる!」そして、くーちゃんは赤い電車の中に二人の天使を見つけた!「くーちゃんもこの電車に乗りたい!」くーちゃんのママとパパはお互いに見合って困った顔をした。「くーちゃん、この電車は『メルリトラム』という、大人は乗れないのよ。くーちゃんは一人で乗れる?」と、ママは優しく問いかけた。そのとき、優しい顔をしたサンタさんがくーちゃんを見つめていた。くーちゃんのパパも「この電車に乗っている天使はね、日本語が話せないんだ。万華鏡をくれた天使は、特別なんだよ。」くーちゃんは悲しそうな顔をしながら「でも、のりたい!くーちゃん、おりこうさんにしてるから。」ママはサンタさんにパパはチケット売り場の天使さんに何か話をしていた。説明書にはこう書かれてあった。「メルリトラムはメルヘントラム。トナカイの代わりにトラムに乗って、ドライバーはサンタさん。二人の天使がクリスマス物語を語り、クリスマスの歌を歌ってくれる。4歳から10歳までのこどもだけが乗れる、約20分間のこどもたちがメルヘンの旅へ出かける。」パパは悲しそうなくーちゃんの顔を見たくなかった。「20分の旅行か!よし、くーちゃんに初めての冒険を体験させてあげよう!」くーちゃんはうれしくて、またピョンピョンとサンタさんの前で飛び跳ねていたくーちゃんを見送ったあと、二人はシュターデルホーフェン駅前のクリスマスピラミッド🎄へ行き、グリューワインでくーちゃんの成長を祝って乾杯したそして、20分経ち、出発した同じ場所で待っていると、メルリトラムが戻ってきた。一番最後に、天使と手をつないでくーちゃんが降りてきた。パパとママが「お帰り!」というと、笑顔のくーちゃんの口から最初に出た言葉は・・・「くーちゃん、大きくなったら天使になりたい!」パパはニッコリママはちょっぴり、涙が出そうになったくーちゃんの目はクリスマスの星のようにキラキラと輝いていた絵本の中では「困った人たちを助ける天使たち」チューリッヒの町では「素敵なクリスマスプレゼントをくれる天使たち」そして、「メルヘンの世界へ連れていってくれる天使たち」出会ったすべての天使が、くーちゃんにとって夢見る「希望」という素敵なクリスマスプレゼントだった。🎄記事本文下にアドベントカレンダーあり🎄本日のお話は面白い素敵だなぁと思われた写真が1枚でもあれば・・・"⛄⛄くんたち"を"ポチッ"とクリックしてね。⛄ブログランキング参加中!⛄※クリックすると他のカラー写真ならびに≪メルリトラム情報≫もあります。🎄アドベンドカレンダー6日目🎄カレンダーをクリックしてサンタさんが焼かれていると言われる風景 をどうぞ!

      9
      テーマ:
  • 05 Dec
    • 「クルクル」スイス/チューリッヒ

      ≪クルクル≫くーちゃんが万華鏡を通してみた風景はリマト川に浮かぶ真っ赤なテント!だった。リマト川が黄金色に染まり、くーちゃんのママも驚いていた!くーちゃんのママも万華鏡を覗いてみた「わぁ、ホントに、魔法の国みたいだね!」パパが得意気にくーちゃんに話しかける。「くーちゃん、この万華鏡の本当の名前はテレイドスコープっていうんだよ。」「テレビドスコップ」「テレイド スコープ」「トレイとスコップ」「テレ イド スコー プ」何度もくーちゃんのパパが教えてみたが、くーちゃんにとっては難しい名前だった。そこで、ママがいい提案をした。「いろんな風景がくるくると変わって見えるから『クルクル』はどう?」結局、くーちゃんは・・・「クルクル、クルクル、クルクル・・・」と、ママの提案を気に入ったようだくーちゃんはうれしくてピョンピョンと橋の上を飛び跳ねていた。喜ぶくーちゃんを見たママはうれしかったが、ひとつだけやはり心配だったまた同じことをくーちゃんに伝えた。「くーちゃん、落とすと壊れちゃうからママが預かっておくわね!もうすぐ、暗くなるとクルクルはお休みの時間だからね。」そのとき、くーちゃんは湖と反対の方角を見ていた。「あかいでんしゃ!」万華鏡はママの手の中へすると、「ママ、あのあかいでんしゃのところへいきたい!」パパとママは湖のほうへ行きたがったが、二人はくーちゃんの手を優しくつかんで横断歩道を渡った。オペラハウスの前の広場では、クリスマスマーケット🎄たくさんの笑い声が聞こえてきた。「ママ、やはりクリスマスシーズンのチューリッヒはいいなあ。」と、くーちゃんのパパがつぶやく。そして、しみじみと「クルクル・・・うん、いい名前だ!ありがとう、ママ!」くーちゃんのママは遠くの空を見つめながら、昔、二人で一緒に歩いたチューリッヒの夜のことを思い出していたそして、いろんな意味をこめて「私こそ、パパ、いつもありがとう。」🎄記事本文下にアドベントカレンダーあり🎄本日のお話は面白い素敵だなぁと思われた写真が1枚でもあれば・・・"⛄⛄くんたち"を"ポチッ"とクリックしてね。⛄ブログランキング参加中!⛄※今回のお話のシーンとなった他の風景は下記ブログの記事本文下をチェック!🎄アドベンドカレンダー5日目🎄カレンダーをクリックしてスイスの風景をどうぞ!

      9
      テーマ:
  • 04 Dec
    • 天使がくれた魔法の万華鏡! スイス/チューリッヒ

      くーちゃんはママが絵本を読んでくれるのが大好き!スイスへ向かう飛行機の中では、くーちゃんがフライト中に退屈しないように、たくさんの絵本を用意してくれていた。その中でも一番のお気に入りの絵本は『クリスマスのてんし』。絵本の中の天使は「10人の小さな天使が舞い降りてきて、困っている人たちにそっと手を差し伸べて助けてくれる。」という心温まるお話。チューリッヒの夕暮れ。アルプスの山々もくっきりと見えていた。「いーち、にぃー、さん、しぃー・・・」くーちゃんは山を数え始めたが、あまりにもたくさんの山々なので最後まで数えるのをあきらめてしまったリマト川沿いの道を歩いていると・・・くーちゃんが大きな声で目をくりくりさせて叫んだ!「ママ、パパ、てんしがいるよ!」くーちゃんは窓越しに天使たちの顔をジーっと見つめていた「あそこにも てんしがいるよ!」駆け足で天使たちのところへすぐそばで、また天使たちの顔をジーっと見つめていた「なにかプレゼントしているよ。」天使の一人がママと何か話をしたあとに、くーちゃんにクリスマスプレゼントをくれた。偶然にも日本のアニメが大好きな、日本語を勉強中の女の子が天使になっていた。片言の日本語で「Konnichiwa. Kurisumasu no Purezento desu. Mangekyo desu.」・・・と言いながら、特別に、可愛いメモと一緒にクリスマスのデザインがついた万華鏡をプレゼントしてくれた「くーちゃん、落とすと壊れちゃうからママが預かっておくわね。」くーちゃんは何も言わずにうなづく。万華鏡の中をのぞいたまま・・・くーちゃんの表情は非常に驚いた様子だった。「ママ、まほうのくにがみえるよ。」クヴァイ橋からくーちゃんが万華鏡を通して見えたのは・・・実際の風景はどのような風景なのか想像できますか?🎄記事本文下にアドベントカレンダーあり🎄本日のお話は面白い素敵だなぁと思われた写真が1枚でもあれば・・・"⛄⛄くんたち"を"ポチッ"とクリックしてね。⛄ブログランキング参加中!⛄※今回のお話のシーンとなった他の風景は下記ブログの記事本文下をチェック!🎄アドベンドカレンダー4日目🎄カレンダーをクリックしてスイスの風景をどうぞ!

      10
      テーマ:
  • 03 Dec
    • 「希望」を灯す日! スイス/アドベント・キャンドル

      ≪アドベント・キャンドル1本目を灯す日≫毎年、義理の両親宅では、クリスマス前の4週間、毎週1本ずつキャンドルを灯している。4本のキャンドルにはそれぞれ意味があることを知ってから、我が家でも灯したいと思った。本日はキャンドル1本目の「希望」を灯す日。クリスマスの週の日曜日が4週目の始まりとなり、1週目より毎週日曜日に1本ずつキャンドルを灯し、基本は毎年、12月24日で終了となる。ということで、毎年、開始日は変更となり、今年は12月3日に始まるわけだ。※今年は25日が月曜日ということもあり、4週目は1日間だけ。伝統的なアドベント・キャンドルはクリスマス・リースにキャンドルを飾ることが多い。今年はプレゼントされた、私が好きなピンク色のキャンドルを灯したが、いろんなデザインがあり、手作りも人気がある。いろんな習慣があるが、今の幸せを感謝してクリスマスやお正月を迎える気持ちが大事なのかなとも思うアドベント・キャンドルの話題は面白かったと思われた方は・・・"⛄⛄くんたち"を"ポチッ"とクリックしてね。⛄ブログランキング参加中!⛄参考サイト:アドベント・キャンドルの意味

      8
      テーマ:
    • ウルスリがいるよ! スイス/チューリッヒ空港/ホテル

      ≪ウルスリがいるよ!≫くーちゃんは好奇心いっぱいの女の子である。「宇宙人が住む塔」のように、パパとママはいつもくーちゃんの面白い発想には驚かされる。宿泊したホテルはとても清潔なお部屋だった。くーちゃんはお部屋に入った途端、ピョンピョンとベッドの上で飛び跳ねたかと思うと、椅子に座って、身を乗り出すようにいろんな写真を見ていた。「いいものみーつけた!」「ママ、パパ、みて!ウルスリがいるよ!」「ウルスリのすず」はママが寝る前にいつも読んでくれていた、スイスの絵本である。ウルスリがおうちに戻ってきたシーンの画が飾ってあった。「いつか、ウルスリのおうちを見に行きましょうね。」と、ママが優しく話しかけた。「うん。」・・・小さな天使の声はだんだん小さくなった。ホテルのお部屋の暖かさとママとパパの温かい心で小さな瞼が仲良くなった。まるで、ウルスリが居眠りをしてしまったように、くーちゃんはウルスリの夢でも見ているかのように椅子の上でやさしい表情で眠ってしまった「おやすみ、くーちゃん。」🎄記事本文下にアドベントカレンダーあり🎄本日のお話は面白い素敵だなぁと思われた写真が1枚でもあれば・・・"⛄⛄くんたち"を"ポチッ"とクリックしてね。⛄ブログランキング参加中!⛄※クリックすると他のカラー写真がご覧になれます。🎄アドベンドカレンダー3日目🎄カレンダーをクリックして雪景色が似合う世界遺産の町 をどうぞ!

      7
      テーマ:










にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ


ブログランキング参加中!

"ポチッ"とお願いね


 



宝石赤
宝石ブルー








AD

Flag Counter

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。