にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ

 

 

こんばんは、asamiです。

 

ブログを見に来ていただき、ありがとうございますニコニコ

 

 

初めましての方は、こちらのプロフィールを読んでいただけると嬉しいですおねがい

 

 

いやぁー、やっと見ることが出来ました!新感染!!

正直、見る気なかったんですよ。初めて映画館の予告でみた時は、邦題のダサさにドン引きしていました。

 

 

新幹線にかけて新感染ってことですか・・・

 

 

ふざけやがって!!!

 

 

と。しかも、この予告映画館に行くたびに流れてくるので、

正直しつこいわ!!!と思っておりました。笑

 

 

でも・・・・・

 

 

 

 

 

邦題がダサいのは不満の

ままだけど予告がしつこ

とか言ってごめんなさ

いぃぃぃぃ!!!

 

 

あぁーーー見てよかったデレデレ

 

 

 

 

 

原題ぜんぜんちがうやん・・・

 

あらすじ

 

証券会社のファンドマネージャーであるソグ(コン・ユ)は、家庭を顧みない生活を送っていたために妻との関係が破綻。その後妻はプサンで暮らし、ソグは幼い娘スアン(キム・スアン)と母親と3人で暮らしていた。妻の元へ行きたいというスアンのために、ソグは一緒にプサンへ行くことに。まだ夜明け前のソウル駅、プサン行きの高速鉄道KTXに乗り込んだ二人だったが、発車直後に車内での異変に気付く。不審な女性が12号車に駆け込んでいたのだ。何者かに足を噛まれ、人間を凶暴化させるという謎のウイルスに感染していた女性は、発作を起こし豹変。病人だと思って駆け寄ってきた乗務員を突然襲いだした。乗務員もすぐさま豹変し乗客たちを次々と襲い始め、列車内はパニック状態に陥るのであった。

 

 

個人評価 めちゃくちゃ面白い

 

 

 

 

韓国版のウォーキング・デッド

 

私、ゾンビ映画ってあんまり好きではなくて、ほとんど見てないんですよね。映画で見た作品は、「バイオ・ハザード」「REC」「28日後」くらいかなー。ゾンビに殺されるのを見ててもつまらないというか、殺人鬼みたいに人間が人間をっていうパターンの方がリアルで好き。笑 ゾンビの動きとか見てると逆に笑ってしまうんです・・・。

でも、唯一めちゃくちゃハマっているゾンビものがあるんですよ。それが海外ドラマの「ウォーキング・デッド」。これはめちゃくちゃハマりました。何がハマったかって、これはゾンビメインではなくて、ゾンビが発生したことによって起きる人間関係をメインで描いているからです。ゾンビはおまけ的な。めちゃくちゃ泣ける!!私、吐きそうになるぐらい泣きましたからねw 「新感染」は予告だけで見ると列車内にゾンビが入り込みパニックになるっていう、いかにもB級映画っぽい感じなんですが、実際はまさに韓国版のウォーキング・デッドでした!めっちゃ泣いたえーん

 

泣けるゾンビ映画です!

 

この作品には、親子、妊婦の奥さんと旦那、姉妹、若者たち、おっさん、ホームレスまで・・・老若男女が出てくるんです。この人間ドラマがすごく良かった!

列車という密室で、ゾンビが大量発生したことでパニック状態になる中での彼らがどのような行動をとるのか、極限状態に陥った時の人間の姿を見ることができます。焦り、苛立ち、そして涙。時々笑い。全てが詰め込まれた最高の作品ではないでしょうか。

 

ゾンビだけでなく人間も恐ろしい

 

人間って切羽詰まってくると本性を現すんです。

この映画を見て、自分だけ助かればいいと行動している人を見て、ひどい人間だと思いましたよね?私も思いました。でも、これは誰にでも起こりえること。あなたも、極限状態になったとき、そうなってしまう可能性だってあるんですよ。みんなに言える。誰だって自分が可愛いんです。

だから、そういう状態の中でも人を助けることができる人って本当にすごいですよね!

 

 

この作品でのゾンビの特性

 

ゾンビって面白いもので、いろんな特性がありますよね。

でもそれは、作品によってさまざま。昔のゾンビ映画とかだと、ノロノロ歩いてくるっていう感じですが、「ワールド・ウォーZ」では走るゾンビだったりね。ウォーキング・デッドに出てくるゾンビ(通称ウォーカー)は、ノロノロ系でした。そして「新感染」で出てくるゾンビはというと・・・

 

 

 

高速ゾンビ・・・滝汗滝汗滝汗

 

すごいんですよ。湧いて出てくるみたいな量だし・・・。

勢いよすぎてバウンドとかしてる奴もいたからねwあれは笑ったwww

どんな状態か想像していただくと・・・

 

 

 

暇だったんで久々に絵を描きましたw

セリフって右から読むのが普通なんだっけ?多分逆に書いてしまったあせるこの状況、想像できますでしょうかw 

 

あと、目はあまりよく見えてないみたいなんだけど、動く物に反応する、音に反応するっていう特性がありました。これに対しては、他のゾンビものでも共通している感じかな。あとは、噛まれてからゾンビになるまでのスピードが結構早かったですね。って言っても、人によって少しのズレはありましたがw

 

 

闘い方にも特徴があった

 

ゾンビって大体頭が急所になっているから、頭を銃で撃ったり潰したりしてやっつけることが定番ですよね。だから、みんな銃を持っていたり斧的な武器を持っていたり。

でも、「新感染」は違ってました!

 

 

腕にテープぐるぐる巻き・・

バットに盾・・・

 

正直、こんなんで大丈夫かよ!!って感じでしたあせる

でも、話の中で頭が急所だっていうことは一切出てなかったので、おそらく急所がわからない状態で闘っていたんだと思います。それに、普通の日常で銃なんて持ってるわけないしね。なので頭が潰れたりとか血だらけとかそういう描写がなくて、そういう部分で新鮮な感じがしましたねー。

倒すというよりは、頭を使ってうまく躱して逃げるみたいな感じだったのも面白い。

 

 

ゾンビ映画のラスト

 

 

ゾンビ映画を見ているといつも思うのが、終わり方。

ウイルスによる感染が原因なわけだから、そのウイルスをなくさない限り終わらないですよね。「バイオ・ハザード」では無理矢理な感じで終わらせてたし、「ウォーキング・デッド」に関しては終わりが見えませんwww

 

そんな感じになりがちなゾンビもの。だからこの映画を見たときも、どんな終わり方をするんだろうってそればかり気になってました。ラストを見終わっての感想だけど、まぁこれでいいんじゃない?って感じのラストでした。その後が気になる感じだけど、未来は明るくなるんじゃないかな。

 

 

こんな感じの感想です。

いやー面白すぎてやばかったです。ゾンビ映画でこんなに泣かせられるとは思ってもいませんでした。邦題がダサいからって見るのやめているそこのあなた!騙されたと思って見てみてください!!見ないと損しますよ!

 

 

パーパーパー

 

 

読者登録していただくと、ブログの更新情報をマイページのチェックリストやメールで受け取ることができますウインク

ぜひ登録してみてください音譜

 

読者登録してね

 

 

  SNSもやってます!よかったらfollowしてねニコニコ

 

 

ランキングに参加してます!

気に入っていただけたら是非ポチッとしていただけると励みになりますキラキラ

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

コメントや、シェアしていただけるととっても嬉しいですニコニコ

AD

コメント(6)