にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ

 

 

こんばんは、asamiです。

 

ブログを見に来ていただき、ありがとうございますニコニコ

 

 

初めましての方は、こちらのプロフィールを読んでいただけると嬉しいですおねがい

 

 

ちょいと久しぶりの更新になってしまいました💦

 

先日、サイバーエージェントさんからメールが届きました。

そこには、「勉強会兼懇親会のお知らせ」という文字が!!

 

Ameba公式トップブロガー限定で定期的に?行っているらしいです。こういうことも実施しているとは思っていなかったので、正直ビックリしたのが本音です。平日と休日の2日行うみたいなんだけど、私どちらも仕事っていう・・・ゲロー 基本土日休めないし、平日のほうなんてその日は研修ですからね・・・

 

正直、自分の会社の研修に行くよりも、Amebaさんの勉強会に参加してみたかったよ!!!どんなお話を聞くことができて、どういうことを学べるのかすごく興味があったし、他のトップブロガーの方にもお会いできる機会だったので、行けなくて残念です・・・

次の機会があったら絶対参加したいです爆笑

 

 

さて、最近忙しくて映画館にも行けずの日々なんですが、先日TSUTAYAに行ったら、新作コーナーにこの作品があって気になったので借りてみました。

 

 

 

 

 

 

あらすじ

 

フランス革命記念日前日、市場で爆弾テロが起きる。

捜査を担当することになったのはCIA捜査官のブライアー(イドリス・エルバ)。命令を無視して行動をしてしまう荒手の捜査官だ。爆弾テロの容疑者とされたのは、アメリカから来たスリのマイケル(リチャード・マッデン)。マイケルを探し出し逮捕することができたブライアーだったが、取り調べをしているうちに、マイケルが容疑者ではないことを感じ取る。そしてマイケルのスリ能力がプロ級だと感じたブライアーは、爆弾テロ犯の捜査を一緒に協力することを持ちかける。

 

 

個人評価 なかなか面白い

 

 

みなさんは、CIAとかそういうところで活躍する捜査官で一番好きなのは誰ですか?

イーサン・ハント?ジェイムズ・ボンド?ジェイソン・ボーン?ジャック・バウアー?

 

他にも沢山いると思いますが、私が一番好きなのは

 

ジェイソン・ボーン!

 

ボーンシリーズは、何回見たかわからないくらい好きです。

この映画がきっかけでマット・デイモン大好きになりました。ほんとかっこいいラブラブ

そして、2番目に好きなのは、ジャック・バウアーですねー。映画じゃないけど。24も当時めちゃくちゃハマって見てました。彼に関わった人はとりあえず死ぬ的なwww

 

こういうのに出てくるキャラクターって、強くて頭も良くて魅力的でっていうのが多いですよねー!とりあえず不死身ですw

 

今回見た「フレンチ・ラン」もCIA捜査官が出てくるんですが、タイプで言ったらジャック・バウワー系でしょうかね。笑 

 

ジェイソン・ボーンとジェイムズ・ボンドを超えるエージェントが誕生した!とも言われているみたいです。

それでは早速ご紹介。

 

 

CIA捜査官のショーン・ブライアーです。演じているのはイドリス・エルバ。「マイティー・ソー」や「パシフィック・リム」など結構有名な作品に出ているロンドン生まれの俳優さんみたいです。ワイは知らんかった。←

革命記念日前夜に起きた爆弾テロの捜査を担当することになったんだけど、ブライアーは過去に命令を無視してテロリスト6名を射殺したという暴走系の捜査官なんです。犯人に対して容赦しません。まさにジャック・バウアー系。笑

 

 

こちらはもう一人の主人公、マイケル・メイソンです。

マイケルはスリの達人!過去に何回も捕まっていて、ラスベガスからフランスへふらふら辿り着いちゃった感じです。マイケルを演じているのは、リチャード・マッデン。ディズニー映画の実写版「シンデレラ」で王子様役を演じていたスコットランド生まれの俳優さんです。ワイは知らんかった。←

マイケルのスリの腕は神級。というか、不可能に近いw

だってさー、

 

胸ポケットにある財布の中からお札だけをスって、財布を元の位置に戻すってことができますか?しかも2、3秒で・・・。

 

ありえんだろ!!って突っ込んでしまいましたw

 

 

まあこんな感じの2人が、爆弾テロがきっかけで出会うわけです。

 

出会うというか、あることがきっかけでマイケルが爆弾テロの犯人にされしまい、それをブライアーがソッコーで逮捕したのがきっかけなんですけどね。

 

ブライアーはマイケルを取り調べているうちに、こいつは犯人じゃないなと感じ取るんですねー。さすがCIA捜査官w

しかも、マイケルの神レベルのスリ能力を見て、

 

こいつぁ、

利用するしかねーべさ!!

 

となりまして、真犯人を捕まえるために協力してもらうんです。CAI捜査官×犯罪者の不思議な組み合わせですが、どういう展開になっていくんでしょうか。

 

以下感想になります。

 

 

とりあえず、邦題ダサい。

 

フレンチ・ランってなんですか?

確かに、舞台はフランスだしブライアーがマイケルを追いかけるシーンとか走ってるけどさ、それでこのネーミングにしたわけ?ダッサ!!

 

原題は、「Bastille day」フランス革命記念日という意味。もう少しそれに近づけた邦題にしてほしかったなーと思います。まぁ、邦題のダサさは毎度のことだからいいんだけどさ。。ニヒヒ

 

 

犯罪者もうまく使えば役に立つ?

 

神レベルのスリの能力を持つマイケルですが、その能力を捜査に生かして大活躍しちゃいます!見てると絶対不可能な感じですが・・・w そこは突っ込まないであげてくださいw

でも、スリを実行しているシーンを見てるのも面白かったですよ!海外ってこういうの多いじゃないですか。だから、実際にこんな感じでスリをしてるんだろうなーって思えます。海外旅行へ行くときは気をつけようって思いましたw

 

 

フランスを舞台にした理由って

 

この映画は、フランスで爆弾テロが起きて犯人を見つけるっていう内容ですが、舞台をフランスにしたことって理由があるんじゃないかなー。ここ何年かでヨーロッパでのテロが多発しているし、この映画を見た人が現実味を帯びるようにフランスを舞台にしたんじゃないでしょうか。

テロっていつどこで起きるかわからないし、どんな人が犯人かも想像がつかないので、本当に怖いですね・・・

 

意外な人物が真犯人?

 

爆弾テロ犯として濡れ衣を着せられてしまったマイケルは、指名手配されてしまい警察に追われてしまうんですが、ただ指名手配されているから追われているわけではないんです。そして、この事件に巻き込まれた人はマイケルだけではないんですよねー。真犯人を追いながらも命を狙われるマイケルたち・・・結構ハラハラドキドキしました滝汗真犯人が何を企んでいるのかも必見です。

 

 

フランス映画だからなのか、クスッと笑えるようなユーモア溢れるシーンもあったりするので、アクション映画なんだけど軽く見れた感じでした。個人的には笑いなしがいいんですけどね。笑

時間もそんなに長くないし、サラッと見るのにオススメです!

 

 

 

 

読者登録していただくと、ブログの更新情報をマイページのチェックリストやメールで受け取ることができますウインク

ぜひ登録してみてください音譜

 

読者登録してね

 

 

  SNSもやってます!よかったらfollowしてねニコニコ

 

 

ランキングに参加してます!

気に入っていただけたら是非ポチッとしていただけると励みになりますキラキラ

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ 

 

コメントや、シェアしていただけるととっても嬉しいですニコニコ

AD

コメント(4)