立教大学新座キャンパスで日本ウエルネス学会第19回大会が2日間に亘って開催されました。大会テーマは「ウエルネスとスポーツ」。だからというわけではありませんが、その参加者の皆様に「ウエルネスプログラム」としてスポーツウエルネス吹矢を紹介し、体験していただくという機会をいただきました。

 

皆様熱心に耳を傾けてくださいました。

 

体験会も楽しんでいただけたようです。

 

 実際には当協会の、ある職員と、その恩師という関係性から始まった話ではあるのですが、スポーツウエルネス吹矢がウエルネスというテーマにマッチすることもあって、これまでにも学生の体験授業などをやらせていただいたこともありました。

そんなわけで、立教大学に新たに開設される「スポーツウエルネス学部」の準備室長でもある沼澤秀雄教授に、ぜひ私もご挨拶させていただき、改めて今後の強固な協力関係をお願いしたいと思った次第です。

 沼澤先生には学会会期中のお忙しい中で、貴重なお時間を割いていただき、日本スポーツウエルネス吹矢協会とどのように協力体制を創っていくかというテーマについて、話し合うことができました。心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

これからの時代に「ウエルネス」が重要な課題であることは間違いありません。

 

 日本スポーツウエルネス吹矢協会は、日本レクリエーション協会の加盟団体、日本スポーツ協会の準加盟団体、そして日本パラスポーツ協会の加盟団体です。非営利型一般社団法人の責務としての情報公開を行っています。コンプライアンスを重視し、スポーツ団体ガバナンスコードの現状についても公表しています。

スポーツウエルネス吹矢は国体デモンストレーションスポーツや全国レクリエーション大会、ねんりんピックの競技になっています。

スポーツウエルネス吹矢を始めませんか?

詳しくはwebで。

  ☟

一般社団法人 日本スポーツウエルネス吹矢協会 (fukiya.net)