{51766EAF-0218-487E-802E-786CDD601551}
これが 札幌キングオブパンケーキ!

思えば数ヶ月前に札幌へ出向き巡り合ったのがここのパンケーキ(ほっとけーき)。心休まる空間で美味しいコーヒーとパンケーキを堪能した思い出がまるでつい最近の事のように目に浮かぶ。


そして!まさかこんな展開になるなんて?!札幌の人気店が東京へやってきた!しかも銀座。信じられない…というか、喜びと驚きが交錯し、とにかくこの目で確かめてみよう!と、行ってきましたよ「椿サロン 銀座」へ。



{C4C08387-E517-464D-80CD-58F396843A94}
場所は銀座6丁目、この看板が目印
椿サロン 銀座

北海道札幌市郊外で12年前からスタートしたcafé椿サロン。有名店舗を多数手掛ける建築デザイナーの長谷川演氏がプロデュースして誕生したcaféです。瞬く間に人気店となり、新冠町で日没が見られる夕焼け店、リゾートホテルの最上階トマム店、赤レンガテラステラス店がオープンしました。皆様に喜ばれる人気メニューをと試行錯誤を重ねて作り上げた独自の味と食感のパンケーキを北海道ほっとけーきブランドとして世に送り出したいと、新規で新たに会社を作り、ほっとけーき専門店一号店を銀座にオープンすることにしました。


キタっ!



{9B0CD59C-AB97-49CD-A833-0C18359570A2}

開放感のある空間、ピアノがお出迎え



{7E390984-1A98-453B-BAA2-E3FA4474987F}

自家焙煎の豆をオリジナルネルドリップ



{885F32A9-4FBF-42F9-BB9C-3E1750FCBFBC}

北海道クラシックブレンド

椿マイルドブレンド

各864円


さて、パンケーキ…



{D556B92C-1FF3-4EC1-80B7-62A0E48881EA}
オリジナルのカトラリー


{016126C8-49E5-45B8-8C75-202BF2C8C0B5}
ガラス越しに見えるパンケーキの焼き工程


使っているのは、北海道の小麦粉と卵、小麦でんぷんに、てんさい糖と塩だけ、ベーキングパウダーなしでふっくら、ぷるぷる。すごいでしょ。〜公式サイトより



{F6ECC0F8-2AC1-4DE5-B7A3-4C757F020B5B}

北海道ほっとけーき プレミアム

1,728円



{7A2779D4-0B69-4F6A-9302-DC79D51FFA17}

生クリーム



{FA445B3D-D0E5-404D-84C1-8F8684A26F44}

奥:チーズ・てんさい糖蜜

手前:十勝小豆・バター


蒸し焼きにしたパンケーキ生地は、驚くほどしっとりしなやかな口どけ。北海道の大地が育んだ、良質な卵の風味と、小麦粉の香りが口の中でとけ合います。


生地に対してオプションがいろいろありすぎて、どれをどうつけて食べて良いのか悩むところが難点(というか幸せな悩みw)ですが、あまいベストチョイスは…



{B9CC5705-6516-4B6A-B135-7A26FD02E5A6}

十勝小豆+バター+生クリーム=アンバタクリ


おいスイーツ!

これ最強。



{65EDF4F4-0861-4348-A727-30EE6A3A5235}

北海道ほっとけーき ボロネーゼ

バター&てんさい糖蜜

1,944円



{6E14A802-9D6E-47DC-8019-F58A3A82C910}

ボロネーゼソース



{C4BC7076-1AC9-4E6D-BEBB-410DBBCFB888}

特製椿ドレッシング グリーンサラダ


というかこれは珍しい…お食事パンケーキは普段あまり選ばないけど、せっかくなのでいただいてみた。まずサラダ、新鮮でシャキシャキ。椿の香りとかわからなかったけど、とにかくこのドレッシングが美味しい!


そして、きた!カレーのソーサーにボロネーゼソース。ナイス!キーマカレーに見えるw 美味しいに決まってますが、恐る恐るパンケーキ生地に乗せて食べてみると…


パンダフォー!


これヤバい!正にパンダフォーパウンド。それボクシングじゃんw 生地がそこまで甘くないから、ボロネーゼに合う合う!さすがにプレミアムとボロネーゼを1人では食べれないから、1枚目はボロネーゼでお食事系、2枚目はバター&てんさい糖蜜でデザート系、1度に2度美味しい。や、2枚で2度美味しい。どっちでもえぇわい!


はい。あまいテンション高めというのが伝わったところで、椿サロン 銀座のレポートを終了させていただきます。一見は一食にしかず。行列が出来て絶品パンケーキにありつけなくなる前に…


はよっ!


椿サロン 銀座

公式サイト


スイーツブロガー

あまいけいき