チョコ祭り!

バレンタイン2018


コンビニスイーツだけでなく、ケーキ、パフェ、パンケーキなど、様々なチョコスイーツを食べ歩いてますが、その中でもオススメなチョコ&チョコスイーツを順番にレポートしていきますね。



{E5DAB639-7007-4C8E-A6BF-ED4BDCBF7243}

生チョコ発祥の店「シルスマリア」

2018年は生チョコ発祥から30年のAnniversary Year


バレンタインに、プレミアムなご当地生チョコを。日本各地の厳選素材とのコラボレーション。生チョコ4商品を、産地限定で発売!〜公式サイトより



{888726BD-3D4B-486C-8EB5-8B0C975AD311}

福寿生チョコレート

18粒 1,836円


六甲山の麓、神戸・御影にて宝暦元年(1751年)創業の神戸酒心館で醸された 「福寿 純米吟醸」とのコラボレーション生チョコ。ノーベル賞の公式行事で振舞われる「福寿 純米吟醸」は、日本の名水百選の一つ「宮水」と裏六甲の肥沃な土壌で育つ高品質な酒米、そし て灘酒に命を吹き込む寒風・六甲おろしなどの自然の恵みによりPUREでまっすぐなお酒に仕上 げられました。生チョコレートのとろける甘さに「福寿 純米吟醸」の熟したあんずのような香 りに爽やかさとまろやかさが折り重なった生チョコレートです。〜公式サイトより


やっぱり生チョコといえば「シルスマリア」をイメージします!ボンボンショコラとの違いは、なんと言っても「口どけの滑らかさ」です。手の温度で瞬どけしてしまうので、パウダーにまぶされています。それがきめ細かいので、口に入れた瞬間、生チョコと合わさりあい一気に口どけします。瞬きをする間も無く、パウダー、カカオ、クリーム、そしてフレイバー(この場合は日本酒)が口の中を駆け巡ります。そしてのど元をすーぅっと融けて消えてゆく…


はかなスイーツ!


これは儚いスイーツですよ。この福寿の軽やかでフルーティーな酸味と、日本酒のもつ上品な甘みが、チョコとしっかりマリアージュしながら口いっぱいに融け出します。いやー、これ危険!1箱すぐなくなるw



{CD6424F9-5D68-45E0-9F59-E8744D866E38}

ソラリス生チョコレート

18粒 1,836円

→ 詳細はこちら



{DC7A1E31-F976-4742-B93D-9E4F4ED87D50}

公園通りの石畳 シルスミルク

1,242円(20粒入り )

702円(10粒入り)

→ 詳細はこちら


{CB59C29B-2773-42DC-A609-D0B519D7ACF3}

宇治抹茶生チョコレート

1,944円(10粒入り×2箱入り )

→ 詳細はこちら



{E4CAB692-C0A8-4C93-8D98-452E1C6036C9}
小さな粒なのにすごい存在感

生チョコって素敵っ♪


シルスマリア

プレスリリース


今年でブログ10年目キラキラ

スイーツブロガーあまいけいき