昨夜、突然

 

娘っ子からmaikoWハート

 

 

『ママ。

 

ママはアメリカ人でもなく

 

英語が母国語じゃないのに

 

いつも、私のために

 

(実は、自分の事を、日本語で『私』とは滅多に言えません。〇ーちゃん、とどーしても、まだ自分の名前で言うwカカープッ

 

戦ってくれてありがとう。maikoI LOVE

 

 

と言われました。

 

 

は?

 

カカーはっはてなマーク

 

 

一体、何のこと!?

 

カカー!?

 

と、思い

 

聞いてみたら・・・耳

 

 

 

実は、娘っ子さんmaiko

 

 

みなさまも、娘のお友達のお写真を見て

 

お気付きだと思いますがパー

 

 

お母さまやお父さまが日本人

 

というような

 

アジア系のお友達が

 

ほぼ、おらずmaikoはっ!!

 

 

 

わたくしが

 

あまり、日本人ママさまと

 

お付き合いしなかったせいもあると思いますが泣くプッ

 

 

ずーっと

 

「日本人のお友達が欲しいなあWハート

 

と言っており

 

 

アメリカの現地校でも

 

どの学校でも、大抵の場合

 

どうしても

 

人種系で集まる場合が多いのですが椿

 

 

幸か不幸か

 

 

娘っ子の学校には

 

日本人の方が

 

中学校から今まで通った

 

どの学校でも

 

ほぼ、いらっしゃらず。maikoはっ!!

 

 

なので

 

基本・日本人wの、わたくしはカカーI LOVE日本

 

 

「他のお子さまは、何を習っているんだろう?どこで勉強させているんだろう?」

 

とかぶー

 

 

もし、周りにママ友さまがいたら

 

絶対に今でも

 

『大学進学のために、有利なボランティアは何をすべきか・・・』

 

とかうーん

 

 

将来、目指している方面が違うお子さまの

 

ママさまにまで、アドバイスをもらったりカカープッ

 

 

『周りと一緒だと、先ずは安心』的な

 

日本的DNAが

 

もちろん

 

今でも、わたくしの中には

 

奥深くw刷り込まれいているのでカカー日本

 

 

他のお子さま自分(ポニテ)と娘っ子とはmaiko

 

同じ日本人日本

 

というだけで

 

好みも人生も全く違うのに

 

 

 

むやみやたらに

 

そのニュースに振り回されて

 

『うちはこれで本当に良いのかな?』

 

と、勝手に不安になってカカーあせる

 

 

1人で、とっ散らかってw

 

きっと、娘っ子を煽っていただろうな・・と。泣くプッ

 

 

でも、本当に

 

周りには、いらっしゃらなかったのとパー

 

 

 

ここは『アメリカアメリカ』なので

 

日本人ママより

 

アメリカ人ママに聞いた方が

 

 

何かと経験者で詳しいので

 

 

「噂では・・」

 

「○○さんのお嬢さんの場合・のお話によると・・」

 

という様なものでなくパー

 

 

的確なアドバイスが貰えるのと

 

(当たり前かカカープッ

 

 

 

他の日本人のお子さまと

 

比べたりすることもなく

 

わが道を行く・スタイルで

 

育てられたのでmaikoアメリカ

 

 

それはそれで

 

良かったと思っているのですが

 

 

一時は本気で

 

「やっぱり、同じDNAな日本のお友達も作って欲しい・娘本人も作りたい」

 

と思っておりハート1

 

 

日本の高校へ

 

交換留学に行かせてみようかな

 

と思ったほどでしたがmaiko椿

 

 

(今でも、機会があれば行きたいらしいですが椿

 

 

 

そんな中

 

 

先日、とあるセミナーで

 

日本人のお母さまを持つ

 

という

 

お友達に出会ったそうで

 

(仮名・Pちゃんアリス

 

とても、喜んでいました。

 

 

 

 

でも、残念ながら

 

Pちゃんはアリス

 

現在

 

お母さまとは、離れ離れで

 

 

お母さまは日本でお暮しになっているそう。

 

 

どんな理由なのかは

 

もちろん、分からないのですが

 

 

「じゃあ、夏休みは、あなたのママに会いに、日本に行くの?」

 

 

と娘が聞いたら

 

 

『私のお母さんは

 

私が小さい頃から、アメリカの文句ばかり言っていて

 

そのくせ、私が学校でいじめられた時も

 

いざ、私が守って欲しかった時には

 

なんにも、立ち向かいもせず

 

いつも(あなたが大人になって我慢しなさい。)

 

と、何もしてくれなった。

 

いつも、Dad(パパ)だけが学校に行ってくれた。

 

 

もちろん、ごはんとか洗濯とかしてくれていたけれど

 

でも

 

私たちを置いて、結局は日本に帰ってしまった。

 

だから、ほぼ会いに行かない。」

 

 

と、言ったそうで。泣く

 

 

 

日本のお母さまの場合

 

やり返されることを恐れて・・

 

とか

 

語学が達者じゃないから・・

 

 

『泣き寝入り』

 

というか

 

日本式な

 

『事なかれ主義』で行こうとする方々が

 

わたくしの周りでも

 

小さな頃は、やはり多かった。

 

 

『忍耐』が『侍魂』

 

のような

 

『我慢』が『美徳』というか・・。

 

 

でも、ここはアメリカ。

 

 

お子さまに我慢させたり

 

自分の言いたいことを言わないで

 

相手もわかってくれるだろう・方式は

 

 

『美徳』でも何もないんだよな・・

 

 

娘の話を聞かされて

 

再度、思ったりなんかして。

 

 

 

アメリカから生まれたスポーツのひとつ

 

『野球』を見てもお分かりの通り

 

 

もし、9回裏で同点な場合

 

何時間かかろうとも

 

夜中になろうとも

 

決着がつくまで、戦い続ける。

 

 

白か黒か。

 

 

この国には

 

基本・『引き分け』という言葉が

 

ないのでねん。

 

 

どちらかが生き残るまで戦う

 

というw。

 

 

そういうことを言うと、また

 

「だから、アメリカは・・・アメリカ

 

という人が必ず出てくるのですがwパー

 

 

でも

 

私たちが生きているのは

 

やはり、その「アメリカ」なので

 

 

もし、子供でさえも

 

『理不尽だ』と思うことに対しても

 

 

 

『馬鹿は相手にせずに我慢して・・・』

 

 

何事にも

 

立ち向かって行かずに

 

 

親が、いつも引き下がっている背中を

 

そんな後ろ姿を

 

子供はしっかり見ているんだろうな・・・と。

 

 

実際、そうやって

 

自分にも子供にも

 

理不尽なことでも

 

「相手が馬鹿だから・話してもしょうがないことだから」

 

 

と、勝手に自分の中で消化して

 

子供にも

 

無理矢理、諦めさせて

 

 

そうやって『平和』に過ごしている方が

 

自分たちは

 

嫌な目に遭っても、損をしても

 

生きてく上では

 

ぶっちゃけ『楽』だしねん。

 

 

 

でも、子供は

 

 

本当は、立ち向かっていっても

 

結局は

 

どうしようもないことかもしれないけれど

 

 

それでも、自分のために

 

堂々と立ち向かってくれている

 

親の背中・その姿を

 

 

後ろから

 

きちんと見ているんだな・・・と。maiko

 

 

 

差別やいじめでもそう。

 

 

昔は、学校内で何かあったら

 

もう一度、そこで頑張ってみよう

 

という姿勢が

 

日本でもアメリカでも『美徳』でしたが

 

 

今は、違うよね。パー

 

 

世界は広いのだから

 

そんな状況や、学校区

 

地域から逃げても

 

全然OKだと思うし

 

もっと言えば、他の国へ行ってもいい。

 

 

一刻でも早く、親や周りが気付いてあげて

 

誰でもいいから

 

救いあげるのが大人の役目よねん。

 

 

でも

 

『ただ』、その場から逃げるのではなく

 

 

子供が

 

「もう、いいよ、パパ・ママ。恥ずかしいから、やめて!仕返しがあるかもしれないし。」

 

 

と言っても

 

 

相手や、学校、その周りには

 

絶対に

 

きちんと伝えるべき事は伝え

 

 

 

学校で問題が起きた場合は

 

学校へも乗り込んで

 

(モンスターペアレンツという事じゃなく、話し合いのためにねんw)

 

 

相手の親御さんは

 

時には

 

とんでもない人かもしれなけれども

 

 

(の事が多いけれどもwカカープッ

 

 

 

『先生』という名の、逃げ腰な大人に対しても

 

 

でも、そういう立ち向かっていく姿を

 

子供達は、絶対に

 

きっちり後ろから見ていて

 

 

どんな時でも

 

親が自分を守って、サポートしてくれているんだ

 

という

 

その時に、感じとった思いを

 

 

大人になっても

 

覚えてくれているんだな・・・と。泣く

 

 

(わたくしは、娘っ子が小学校の時、元夫が、長期にアメリカに居ないときに、娘っ子の大きな問題が起きて、これでは、ネイティブな相手ママに、都合の良い方へ言い換えられる!!負ける!と思い、言いたいことの「英作文」を作って、その紙を持ってw、1人で学校へ乗り込みましたwカカーパンチ!。そのことを、娘は激しく覚えているそう。泣くプッ

 

 

 

だから

 

娘は、Pちゃんのお母さまの話を聞いて

 

「ママは、アメリカの文句もいっぱい言っているけれど、いつも逃げないね!ありがとう。」

 

 

ヘンな感謝wをされたのでした。泣くプッ

 

 

 

もし、理不尽なことで

 

思い留まっているお母さまがいたら

 

 

この国は

 

残念ながらw

 

わたくしの小さな経験上から見ても

 

「言わないと何も伝わらない国」

 

のような気がします。

 

 

でも、間違ったとしても

 

自分の意見を言ったからといって

 

他の人たちが

 

「あの親は・・」とも

 

言わない国ですw。パー

 

 

なぜなら

 

ほぼ全員が『立ち向かう系』だから。アメリカプッ

 

 

将来、きちんと立ち向かっていっている姿を見せて

 

そうやって

 

育てた親の、お子さまの方が

 

 

「もう、どーにでもなれ。時間に任せよう・・」

 

ではなくパー

 

 

「取りあえず、ダメ元でもやってみる。最初から諦めない。嫌われても怖くない。」

 

 

という風になるのでは・・・

 

 

思ったりしています。

 

 

何が正しいのかは

 

今でも、わたくしも

 

ぜんぜん分かんないけれどもw。泣くプッ

 

 

 

アメリカは

 

いろんな人種が住んでいるので

 

やっぱり

 

学校でも、会社でも、その辺でもw

 

『差別』は

 

どこでもあるけれども

 

 

でも、それは日本でも一緒で

 

 

アメリカに来れば

 

同じ「アジア人」として括られてしまう

 

『アジア人同士』な

 

 

在日韓国・中国な方々にも

 

差別問題が

 

日本でも、あるように。

 

 

アメリカだと

 

わたくしも大好きな

 

Asians Never Die/アジア人は死なないw』

 

というグループがあって

 

Tシャツなんかも売っていてw → これこれアメリカ

 

 

FBの書き込みなんかにも

 

「私たち、アジア人は、スティッキーライスのように(sticky rice/アジア系が好む、日本の白米のようなくっつきやすい(sticky)白米の意味。)、一粒一粒・一人・一人・みんなでくっついて、ひとつになって生きて行こう!ごはん

 

 

とか、よく書いてあってwごはん

 

 

差別にあったことも

 

全アジア系アメリカンが

 

みんなでジョークにしたり、と

 

すごく面白くて

 

たまにFBを開いた時には

 

コメントを読むのが好きなのですが →これアメリカ

 

 

 

けれど、わたくしが思うに

 

私は、こんな差別を受けた!

 

という方の

 

 

『差別をした側の人』を見ると

 

 

それは「日本人」だけじゃなく

 

全てのアジア人に対して

 

 

そして

 

 

自分の人種以外

 

全人種

 

全員を差別する人が多いのよねん。

 

 

だから、街でたまーに

 

そういう目に遭っても

 

悲観せず、絶対に怖がらないでねん。パーごはん

 

 

みんなで

 

『スティッキーライスw』になって

 

生きてまいりましょうw。ごはんI LOVE YOU

 

 

ということで

 

今日は

 

 

朝は

 

トレジョの「ココナッツ・ウォーター」を飲み

 

 

 

 

コーヒーは

 

いつもの

 

『ココナッツ・アーモンド・クリーマー』を入れ

 

 

 

 

 

夕方は

 

スタバの『ピニャコラーダ』にしました。

 

 

 

 

 

こんなに

 

ココナッツばかり飲んでいたら

 

ココナッツになっちゃうんじゃないかしらねん・・・

 

 

(またもや、つまんねー。泣く

 

 

 

そして、また

 

コメント欄を復活させて頂きました。ハート

 

 

これからも、宜しくお願いいたします。ぺこりI LOVE YOU

 

 

ではハート

 

 

 

のちほど。ハート

 

 

↓推してやってくださいませ。ぺこりぺこり

にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ
にほんブログ村