「キツネ嫁星」第25・26話 | applejamな休日

applejamな休日

せかせか暮らしてるのに、気が付けば何もせずに一日が終わってる…
ゆっくりとジャムでも煮ながらお休みの日を過ごしたいなぁ…
大好きな韓国のドラマや音楽、その他もろもろについて書いてます

"여우각시별" 2018.10.1~11.26 全32話(1日2話) 韓国SBS 韓国公式サイト

 

 

 

 

昨日の「キツネ嫁星」第23・24話の視聴率はそれぞれ7.3%、8.4%でした。

残すところわずかとなりましたが、

視聴率の大幅な上昇はなさそうですね…

 

 

 

 

 

 

まずは、第25・26話の予告編です。

 

 

 

SBS [여우각시별] - 18년 11월 13일(화) 25,26회 예고 / 'Where Stars Land' Ep.25,26 Preview

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは本編、11/13放送分(第25・26話)『お互いに属すること』です。

 

 

 

 

「私を覚えているでしょう?」

チャン先生の店「キツネ嫁星」に突然やって来た保安チーム長。


 

 

 

 

「驚いたでしょう。怖くないですか?」

ヨルムを気遣うスヨン。

「私のせいだって言ってたじゃないですか。

 私がそばにいると故障するんでしょ?」不安になって尋ねるヨルム。

 

 

 

大丈夫だと言いながらも、動揺が隠し切れないヨルム。

「本当に大丈夫なんだろうか」ヨルムは自分自身に問いかける。

 

 

 

ホチーム長はコン課長が業者としょっちゅう飲みに言っているとヤンチーム長に告げる。

 

 

 

ヨンジュの「彼氏」について尋ねるヨルム。

動揺するヨンジュ。

朝から、ステーキを焼いてるヨンジュ!!まさに肉食系!!

 

 

 

 

体調が悪そうなホームレスの「おじさん」(実はソ・イヌの父!?)を見かけたスヨンは、

ソ・イヌにそれを知らせるが、「兄さんではなく、チーム長と呼べ」といなす。

 

 

 

監査チームから呼び出されるコン課長。

業者との癒着を疑われている。

 

 

学校をさぼってアイドルの追っかけに加わっていたコン課長の娘。

イチーム長が見つけて、オフィスに連れてくる。

 

 

コン課長は娘をしかりつけるが、

癒着の噂を聞いていた娘は、そのことで父を責める。

 

 

 

アイドルをファンから守るために駆り出される保安チーム。

 

 

 

ソ・イヌが謎の男と会っているのを目にするスヨン。

かつてソ・イヌを拉致した男だと気づく。

この謎の男、空港売買に関する相手会社のチョ部長らしいです。

あんなチンピラが、部長になってる会社って、どんな会社??

 

 

業者との関係に注意するようコン課長を指導するヤンチーム長。

 

 

 

テギのもとに、彼の両親と祖父母が突然訪ねてくる。

テギの誕生日祝いを持ってきたのだった。

 

 

「なぜあの男と?」問い詰めるスヨンに、

「イ・スヨン氏には関係ない」と言うソ・イヌ。

 

 

ヨルムに説得されて、コン課長のもとに戻る娘。

 

 

 

テギとその家族に出会ったヨルムは彼らに挨拶する。

ヨルムを気に入ったテギの家族は、彼女にあれこれ質問する。

「結婚は?」祖父の質問に、「彼がいます!!」すかさず答えるヨンジュ。

たちまちヨルムに興味を失う家族。

 

 

 

「ご家族はハン・ヨルムさんが気に入ったみたいですね」

「ヨルムさんの挨拶がよかったから。

 いや、俺は違うタイプが好きだけど」

ヨンジュを意識して言うテギ。まんざらでもなさそうなヨンジュ。

 

 

 

しょげこんでいるスヨンを見かけて、声をかけるヨルム。

 

 

 

 

「昨日はごめんなさい。

どう言っていいかわからなくて。」

 

 

 

ヨルムはスヨンを人目につかないところへ連れ出すと、壁ドン!!

「やってみたかったんです」

 

 

 

 

驚くスヨンだったが、すぐに、位置を変えてヨルムを壁ドン!!

 

 

 

「愛してます。愛してるから。愛してるんです。」

何度もスヨンに告げるヨルムに幸せな気持ちになるスヨンだった。

 

 

 

スヨンの検査結果の炎症の数値が高くなっていると心配するチャン先生。

スヨンは大丈夫だと答える。

 

 

テギの机の上に同僚からの誕生日プレゼントがいくつも載っている。

「どれが一番気に入りましたか?」

テギはヨンジュからのプレゼントだと思い、「これだ!!」と言うが、

それは男性スタッフからのものだった。

「これは趣味が悪いな~」そう言ったソックスが、ヨンジュからのものだった…

 

 

 

空港売買の相手企業の会長に会いに行く本部長とソ・イヌ。

会長、怪し過ぎる~~

 

 

 

コン課長に誘われた飲み会の席で、鼻血に気付くスヨン。

 

 

 

体に炎症の跡が出ていることに気付き、

スヨンは以前、チャン先生に無理するなと言われたことを思い出す。

 

 

飲み会からの帰り道。

「クリスマスはどうしますか?」

「どうするかな?」

「旅行はどうですか?」提案するヨルム。

 

 

 

不安な気持ちで、ヨルムを抱きしめるスヨン。

そんな二人を遠くから見つめているチャン先生。

 

 

 

チャン先生はヨルムの自宅を訪ねる。

「ヨルムさんにお願いがあるんです」

 

 

 

腕の異常を激しく感じ、ますます不安になるスヨン。

 

 

 

そのころ空港では、急に濃霧が発生し、緊急事態となっていた。

 

 

 

 

気が付けば、残り数話。

ストーリー、もう、気になるところはいっぱいありますが、

とにかく、スヨンとヨルムに幸せになってほしいと思っています。

特にスヨンには、「普通の生活」を送ってほしい。

特別な力ではない、普通の力の補助具をつけてあげて~~!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★あらすじには、誤訳・省略・想像等ありますので、その点ご了承ください。