パリの食材店1 | Sweet Ribbonお菓子と仲間達
September 01, 2007

パリの食材店1

テーマ:トラベル

パリにはデパートの他に缶詰やジャム、はちみつ、エピスリー、加工品などを扱う食材屋さんも多く点在します。たとえばフォッションやエディアールなどは日本でも有名ですよね。


Albert Menes アルベール・メネス はパリのデパートに商品はおいてますが、日本未入荷です。最近雑誌のパリ特集で素敵なお土産Listでよく掲載されるので、ここ唯一の路面店にも日本人の姿があるようです。お店にはその雑誌類が飾られていました。


オリジナル商品はスパイス類からお菓子までありますが、有名なのはオイルサーディン。1缶づつ年号とナンバリングがされていて品質を保証しています。スパイス系はオリジナルの瓶がかわいくてついつい買ってしまうのですが、荷物確実に重くなります。


音譜 Albert Menes  41 bd Malesherbes 75008









Pierre Oteiza ピエール・オテイザ はスペインとの国境、バスク地方の食材を専門に扱うお店です。バスクは赤ピーマンが特産なので、ピーマンの粉やジュレ、ピューレなどの瓶詰めや、イベリコの生ハム、ソーセージが店内に吊るされていて面白いです。フロマージュにピーマンのジュレをのせて試食させてくれました。ここでも瓶物購入・・そろそろ荷物の重さを考えなければ・・・・



音譜 Pierre Oteiza 13 rue Vignon 75008








sweetribbonさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス