3東(回復期リハビリ)病棟

対応科や業務内容を教えて下さい。
回復期リハビリ病棟は、2017年11月1日にオープンしました。脳血管疾患や大腿骨頸部骨折などの病気や怪我の急性期を脱した患者さまに対して医学的、社会的、心理的なサポートを行う事で、食事や着替えなどの日常生活動作の改善を目指した集中的なリハビリテーションを提供する病棟です。

部署のアピールポイントはどんなところですか?
様々な科で経験してきた看護師が集まっており、みんなで意見や知恵を出し合いながら病棟作りをしています。スタッフ一人一人が患者さまに寄り添い、リハビリやMSWと連携をとりチーム一丸となって、目標(自宅退院)が達成できるよう頑張っています!急性期とは違う、患者さまの退院後の生活を見据えたリハビリ看護の提供ができることを目指しています。
 
4東病棟
対応科や業務内容を教えて下さい。
整形外科・リウマチ科の患者さまが入院しています。
・骨折等の外傷と靭帯損傷等のスポーツ障害
・変形性膝関節症・股関節症の人工関節置換術
・事故や老齢化に伴う脊椎・脊髄疾患
子どもから高齢者まで幅広い患者さまが入院しています。
月間100件前後の手術を行っており、49床のベッドは常に満床です。

部署のアピールポイントはどんなところですか?
活気がある病棟です。若いスタッフが多いですが、みんな前向きでチャレンジ精神が旺盛です!
高齢の患者さまも多いので、安全で生活の質向上を目指したケアを心がけています。
リウマチケア看護師も3名在籍しています。
病棟と外来を担当していますので、外来・入院・退院後のフォローまで一貫して対応させていただいております。
 
4西病棟
対応科や業務内容を教えて下さい。
対応科は心臓血管外科、口腔外科、頭頸部外科、内科の患者様が入院しています。
入院時からアセスメントし、医師、看護師、MSW、リハビリ等多職種で支援しています。
また入院生活が過ごしやすい様、業務改善を積極的に行っています。様々な診療科で幅広い知識と技術が学べます。

部署のアピールポイントはどんなところですか?
若いスタッフが多く明るく穏やかな病棟です。毎日忙しいですがスタッフ同士助け合いながら勤務しています。

 

5東病棟

対応科や業務内容を教えて下さい。
5東病棟は、泌尿器科・脳外科の48床の病棟です。治療では手術が中心に行われ、周手術期看護、癌治療、放射線治療患者への看護、社会復帰に向けた介入、化学療法など幅広く学びを深めることのできる病棟です。急性期から回復期、外来看護まで一連の流れを通し学べる病棟です。

部署のアピールポイントはどんなところですか?
病棟は笑顔が絶えず、なんでも話せる相談しやすい環境です。勉強会やカンファレンスを通してスタッフ皆で学びを共有し、日々の看護に生かすように努力しています。
 
5西病棟
対応科や業務内容を教えて下さい。
外科・乳腺外科・形成外科の52床の病棟です。
手術療法だけではなく、化学療法や放射線治療、緩和ケア等の患者さまが入院されています。2チームによる固定チームナーシングで看護を行い、日々働いています。

部署のアピールポイントはどんなところですか?
スタッフ一人一人がチームで協力して患者さま・ご家族に寄り添った看護を提供しています。若いスタッフが多く活気のある風通しが良い部署です。
様々な科が混在しているため多方面から学ぶ事ができます。医師も含めスタッフ全員が笑顔の絶えない、人にやさしく助け合える心を持った病棟です。
 
7西病棟
対応科や業務内容を教えて下さい。
7西病棟は52床の内科病棟です。消化器内科、一般内科、眼科など様々な疾患の患者さまが入院しています。
高齢の患者さまも多く、入院時から退院まで安心した看護を提供しています。

部署のアピールポイントはどんなところですか?
穏やかで、明るく心優しいスタッフ達です。
何でも話し合い、解決策をみんなで導きだしていくことができる話しやすい雰囲気の病棟です。
 
ICU
対応科や業務内容を教えてください。
<対応科>
内科・呼吸器内科・外科・脳神経外科・心臓血管外科・泌尿器科・口腔外科・頭頸部外科
<業務内容>
ベット8床  看護体制4:1
現症・データ・合併症など得られる情報をもとに、医師・コメディカルとの連携を図り、全身管理を行っています。(循環管理・呼吸管理・代謝管理・電解質管理・感染予防・褥瘡予防・精神的ケア・セルフケア援助・家族看護の展開)

部署のアピールポイントはどのようなところですか?
各種モニタリング、アセスメントから異常の早期発見に努め、他職種と協力し合い早期回復に向けた看護介入を行っています。
新人教育も実地指導者だけではなくスタッフ全員が協力し取り組んでいます。
 
HCU
対応科や業務内容を教えて下さい。
全科対応しており、内科・外科・脳外科の入室が多いです。
準集中治療室として4時間毎のバイタルサイン測定、in・outのCheck、全身状態の観察を行い異常の早期発見に努めています。

部署のアピールポイントはどんなところですか?
全科対応している為、様々な疾患について学ぶ事ができます。オープンフロアなので患者様のプライバシーの配慮をしつつ、常に観察ができるようスタッフ同士声掛けをし、チームワークよく仕事をしています。
互いにコミュニケーションをよくとっており、アットホームな病棟です。
 
PCU
対応科や業務内容を教えて下さい。
【対応する診療科】
がん全般。内科、外科、消化器科、頭頸部外科、泌尿器科、呼吸器、婦人科など
【対象となる方】
がんに対する積極的な治療を終了または中断していること、がんによる身体的苦痛や精神的苦痛があり、緩和ケアを必要としている患者さまやご家族を対象としています。
また緩和ケア病棟を退院され、在宅療養中の患者さまのご家族が休息を目的とした短期入院(レスパイト入院)を希望された場合、対象になります。

部署のアピールポイントはどんなところですか?
緩和ケア病棟「なごみ」は、寄り添った看護を提供するために、しっかりと患者さまやご家族に関わり、QOLの維持向上を目指しています。また患者さま一人一人が穏やかな時間を過ごすことが出来るように、医師や看護師だけでなく様々な職種が協力して、チーム一丸となって今後も努力していきたいと思います。
 
手術室
対応科や業務内容を教えて下さい。
手術室は7部屋あり、2部屋がクリーンルームです。外科、乳腺外科、形成外科、頭頚部外科、整形外科、泌尿器外科、口腔外科の手術を行っています。
直接介助看護師は、術野下で手術がスムーズに進むよう器械出しを行い、間接介助看護師は麻酔科医師と連携を取りながら、術野外から手術をサポートします。また、中央材料室では、手術器械だけではなく、病棟で使用している鋼製小物を含めた器械の洗浄・消毒・滅菌を行い管理しています。

部署のアピールポイントはどんなところですか?
多くの科の専門知識・技術を身につけることができます。解剖学的知識をリアルに学ぶ事ができます。手術室は、医師・看護師・看護事務・看護補助者・放射線技師・臨床工学技士・薬剤師等とチーム一丸となって患者様にとって安全・安楽かつ円滑な手術運用に努めています。
 

外来・救急外来

対応科や業務内容を教えて下さい。
各診療科の診療介助・透視系検査介助・内視鏡・採血室
救急外来では、様々な診療科適応の患者さまが訪れ、検査、処置、治療の介助を行います。

部署のアピールポイントはどんなところですか?
「今日は落ち着いているね」 とホッと胸をなで下ろす日もあれば、一度に重篤な患者さまが重なることもありますが、スタッフ1人1人がチームワークと笑顔をモットー!に誇りを持って働いています。

 

日帰り手術センター・化学療法センター

対応科や業務内容を教えて下さい。
<日帰り手術センター(DS)>
対応科は、循環器科、心臓血管外科、外科、整形外科、口腔外科、消化器科、泌尿器科、頭頸部外科、眼科、形成外科、脳神経外科、内科、治験など、様々な診療科の手術・検査・治療に対応しています。
患者さまの仕事や生活上の理由に合わせた医療形態を提供しています。手術・検査の前日や術後に連絡し、不安や疑問、帰宅後の疼痛や症状、日常生活の注意点などにお応えできる体制を整え、安心に繋げています。
<化学療法センター(ケモセンター)>
主に消化器癌、乳癌に対する化学療法が多く、その他にも整形外科の生物学的製剤の投与も行っています。
化学療法は、ご本人やご家族にとって精神的苦痛、身体的負担が長く続く治療です。身体的な観察だけではなく、患者さまやご家族さまとの他愛のない会話なども大切にしながら、来院時の表情や治療の間の小さな変化も見過ごさないよう心がけています。

部署のアピールポイントはどんなところですか?
スタッフはママさんナースで構成されています。仕事の相談だけでなく、子供の悩みや不安なども話し合えて、分かり合える事も多いです。
みんなで助け合い、カバーし合えるスタッフで、温かい雰囲気の部署です。

 

透析センター

対応科や業務内容を教えて下さい。
透析センターでは主に腎不全に対する治療として血液透析を行っています。
総合病院にある透析センターのため、透析導入や外来患者さまの維持透析だけではなく、様々な患者さまの疾患や治療経過に状況に応じた血液浄化療法などを行っています。
患者さまにより良い治療環境を提供できるように他職種との連携を図り、綜合的なチーム医療を目指しています。

部署のアピールポイントはどんなところですか?
透析看護は専門性が高く、関わりにくいと思われやすいのですが、誰もが初心者からスタートしています。知識や技術の向上のため、経験豊富な先輩スタッフからの指導や、研修・勉強会への参加など各自のスキルアップに力を入れています。

 

健康管理センター

対応科や業務内容を教えて下さい。
健康管理センターでは、『健康状態のチェック』『生活習慣の改善』を目的とした日帰り人間ドック及び脳ドック・肺がんCT検診・メタボリック検診・乳がん検診・子宮頚がん検診・生活習慣病予防健診・一般健診・特定健診、鎌ケ谷市近郊の事業者さまを対象とした巡回バス健診などを行っています。感染予防の一環として、各種予防接種を実施もしています。また、特定保健指導として生活習慣改善の提案や健康管理のアドバイスなど、受診者さまが健康な生活を送るためのお手伝いを行っています。

部署のアピールポイントはどんなところですか?
疾病予防と早期発見を何よりも重要と考え、健診業務や健康指導のため、健康の知識が増えます。医師・保健師・事務員と協働しており、受診者さまが気持ちよく健康診断を受診できるように笑顔・接遇を大切にしています。