[
セクマイ友達]朋あり遠方より来たる、また楽しからずや(後編)


遠方より来た友達と歓談する中で、最近のセクシャルマイノリティー関係のニュースだとか、ホットな話題としては各メディアで取り上げられているカップルさんが出演したテレビ番組と、彼女たちの"精子提供による出産計画"のことをどう思ったか?と聞かれました。









小生は、《自分よりもお若い世代がつまんない事で在り方を制限されたり、変な苦労をしないで済む世の中にしたい》と願う一方で、あの計画には《夢の部分がやけに大きいような…》という危なっかしさを感じました。気になったのは、お二人が友人男性二名から精子提供をしてもらい、その友人達とみんなで一緒に子育てをする、とおっしゃったところです。


この歳になると、どうしてもふわふわとした話に聞こえて心配になってしまうのです。ええ、汚れちまった中年の曇った目で見てるから悪い予感ばっかりするんでしょ、とこれを読んだ方に言われたとしても反論できませんなー。はは…。


しかし、彼女達が他人だから「頑張ってね!あなた達ならできます」などという無責任な声援ならいくらでも掛けられるが、もしも自分の妹や娘が同じことを言いだしたら、小生なら「ちょっと待って、本当に大丈夫?」と口を出すでしょう。親身に思うほど、簡単に「いいね~!」とは言えない事もあるのです。





もちろん人様のことをどうこう言えるような立場ではないですよ。やめろと言いたいわけでもない。

でも、人権活動家がいっときとても身近に存在していて、活動
において時折見かける或る種のイケイケドンドンな姿勢がとても身近で、自分も若い頃はかなりイケイケ思考の急進派だったから……繰り返し何処かで目にして馴染みのある《前向きさ》《ひたむきさ》を見たとき、急に心配になったのです。

もちろんイケイケを通過儀礼として長年
元気に活躍していらっしゃる人達もたくさんいます。でも、ハードルを高く設定したがゆえに傷ついて疲弊していった人達も少なくなかったのです。

だから、反射的に「あれ?ほんとにこれで大丈夫かな?」と感じる癖が小生にはあるのです。このへんは当然ながら、小生の問題であり、御当人や他の人達には全然関係ないことです。



小生これでけっこう市民運動系なんだなー。とか言いいながら実際はノンポリなんだなー。どっちだ。

30歳前後の頃はそれが自分の使命だと思い込んで、もうバカみたいに手当たり次第、「ホモやレズなんて実際存在しないだろ。いたら変態」とかと言っているヘテロセクシャルとっつかまえて、カミングアウトして、「それは誤解なの。こういう人もいて、ああいう人もいて、色んな人がいるの。それで、そんじょそこらにいたりするの。ほとんどのセクシャルマイノリティーが平凡に暮らしているの。仕事したり納税したり、買い物したり商売もしてるし、君の顧客や恩人かもしれんのよ。大切な友達や家族だったらどう思うかい?アチシだって遊びでレヅやってんじゃないのです。なんの得にもなんないのだよ。きもいとか、いないとか、変態とか、そういう事を公然と無自覚に垂れ流す事で、どれだけ傷つく人がいるかわからないわけよ。その一言が最後のプッシュになって彼らは自殺するかもしれないの。君がもし何かで誤解されたあげく侮蔑されたら、アチシは本気で一緒に反論するよ。だからそういう事は言っちゃダメなの。今日から禁句なの。一生懸命生きてる奴もいるし、アチシみたいなロクデナシもいるが、ノンケのみんなと同じ人間なのよ。彼も人なり、我も人なり~~~!」などどいうアグレッシブで迷惑な草の根活動を展開していました(その後、酒飲んで語り合ったわ)。…て、どーでもいいか、小生の昔のことなんか。



そんなゴリ押しレボリューションしていた小生でも…、子供いないけど、子供がらみはやっぱり慎重になるべきと思っております。信念と願望の両方を叶えて、更に時代を牽引していこうとするのは素晴らしい事だけれど、信念や願望よりも重くて大切なものがこの世にはある。異性愛者でさえ子供を育てることが困難な世の中。自分だけの問題じゃない事には、そうそう楽観的にはなれませぬ。

もっと手短かに言うと《考え方がアメリカナイズドされてない?》《アメリカンドリームにかぶれてない?》と、ちょっと思ちゃったのです。



こうしてクソ駄文にするとどんな風にでも取れるから、偶然読んだ方には、ネガティブじゃね?とかディスってんの?と思われる可能性もあるかもしれませんが(いんのか?そんなミラクル脳)、ちげーよ、としか言えないです。



テレビには出されていなかったが本当につらい思いをされてきたのだから、うんと幸せになって欲しいと思っております。

否定すんのと心配に思うことは違うからね。







それと話題は変わって…



友達の職場にいる、いつも奇声を発したり、気まぐれに怒鳴り散らす先輩(アラ60)の話を聞かせてもらいましただー。

(((゜д゜;)))友達、怒鳴られ過ぎて具合まで悪くなったらしいよ…!



友達がその会社の前に働いていた職場も絵に描いたような特濃ブラック企業でした(毎日が惨劇!)。

組織としては今の職場のほうがだいぶマシ…らしい。でも友達、もう50過ぎなのに、おかしなババアに気分で怒鳴られながら頑張ってるなんて…なんだかもう泣けてくるだな…。
・°・(ノД`)・°・




↑広東料理店の紹興酒に続き、ファミレスでも白ワインをデキャンタで一人呑む転倒虫。肉と揚げ芋も一人で完食しました。

友達はコーヒーゼリーとドリンクバー。



人気ブログランキング セクシャルマイノリティ 

にほんブログ村 ランキング セクシャルマイノリティ

あわれ中高年へのエールのかわりに、小生にくりっくおねげーしますだー♪
*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆