フランス菓子の会 | 司法書士kittyのお菓子ブログ

司法書士kittyのお菓子ブログ

司法書士kittyが、手づくりお菓子のことを書いています!

おなじみスイーツコンシェルジュ花井ゆりさんがフランス展でゲットした逸品の食べ比べ会ラブラブ

 

まずは、ル・ボヌール芦屋さんが取り扱っている

パリキャラメルのパートドゥフリュイですドキドキ

image

何味か明確にわからないので

予想しながら食べ比べます音譜

ラインナップは、カシス、チェリー、ライチ&グレープフルーツ、洋ナシ、ミラベルプラム、プルーン、パイナップルですラブラブ

パートドゥフリュイって、まわりの砂糖の印象も相まって、甘すぎるし、そんなに食べようと思わないお菓子のひとつだと思うのですがあせる

このパートドゥフリュイを食べたらきっとびっくりしますニコニコ

本当にフルーツの味が濃くて、フルーツの甘さが活かされていますビックリマーク

こういうパートドゥフリュイを皆さんにも知ってもらいたいですドキドキ

 

もう一つの逸品はこちらビックリマーク

ローラン・ル・ダニエルのガトーブルトンですラブラブ

実は、フランス展をのぞいたとき、こちらのブースの前を通りかかって、

2、3回行ったり来たりして、結局買わなかったものだったので

すっごく嬉しかったですドキドキ

6cm×6cmくらいの大きさで、ひとつ600円以上するのですDASH!

ですが、それだけのことはありますニコニコ

ボルディエのバター(このバターについては→こちらを参照してください音譜)を100%贅沢に使用し、外側はさくさく、中はしっとりという感じで、

いただいたこちらはキャラメルクリームがはさんでありましたドキドキ

本当においしかったですドキドキドキドキ

 

まだあります音譜

コンフィチュールアッシュの「ミエルポムレザン」(りんごのジャムはちみつとグリーンレーズン入り)で

ソーテルヌワインを使用しているという大変希少なジャムですドキドキ

スコーンと一緒にいただいたらパーフェクトにおいしかったですラブラブ

深みのあるお味でしたドキドキ

 

最後はこちら、フランス土産の大定番ラ・メール・プラール

2018年に創業130年を迎え、パッケージなどをリニューアルしたそうです音譜

ビスケットの模様も「1888」の数字へと変わっていましたニコニコ

余分なものが一切入っていない、バターが香るおいしいサブレですドキドキ

 

花井ゆりさん、会場を提供してくれたアジルさん、ありがとうございましたドキドキ