完成☆編みかごレシピブック♪ | ハンドメイド作家さんのためのチラシ・作品集づくりのコツ

ハンドメイド作家さんのためのチラシ・作品集づくりのコツ

手づくり作家さんのための印刷ものづくりを応援しています!


テーマ:




一気に4冊、できましたーっ。

ずばり、ちかこさんのお写真とスタイリングの力です。


大きさはハガキサイズ。



編みかごの、いわゆるベースメイクは、

どんなデザインでも大体同じということで、

ベースメイク用の1冊を、小冊子で作りたい

というのが最初のご依頼でしたが、



・作業工程の多さ

・写真の点数

・説明文章のボリューム



を考えると、

10ページ以上の小冊子になってしまう、と判明。



ざっと20ページと見積もって、

フルカラーの中とじ冊子で金額を見積もると、

100部 36,560円 (税抜/参考:wave

=1部、365円のお高級冊子に!!!



きゃー!!セレブすぎるー!

これでは生徒さんたちの負担も上がってしまう。



そこで、蛇腹折りを提案しました。


さすれば、四つ折りで、8面とれる。


実は、工作のレシピブック、
参考にいろいろと拝見したのですが、


ずらーーーーっと写真と文字が並んでいて、

味気ないというか、


スワンなんて、「ああ、これ、、、これから全部やるのか、、、」
と、尻込みしちゃう方なので


なんとかもっと、ワクワクしながら

次のページをめくりたいと思いながら作れるようなレシピにしたかった。



そこで、あえて4冊に分けることで、

中味のデザインに余裕をもたせながら、

1冊(1工程)を作り終わるごとに、達成感を味わえるのも狙いです。



小冊子というスタイルを捨てて、

折りパンフレットというスタイルを採用することで、



工程ごとに「今日はこれ、次はこっち」と教えられる。



必要なところだけ、開いておけばよいので

作業スペースも少なくてすみます。




工夫の理由は、まだまだ色々と。

長くなっちゃったので、また書きますね!




今朝の納品風景。

気に入ってもらえて、嬉しい~


<過去記事>

なぜ、誰がどこでどんな風に、なのか>>>

これなら、ちょー不器用な私も楽しく編めそう!

CHIKAKOさんのレシピ、実物はお教室で☆>>>




印刷ものコンシェルジュ 壬生スワンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス