こんにちは。

長野県 佐久市で新生活をスタートするライフオーガナイザー® のすずともです。

 

引越しが卒園式の翌日になり、バタバタと引越し当日を迎えました。

 

引越し業者の方との、やりとりをスムーズに進めるために引越し当日にやって良かったことをお伝えしたいと思います。

 

 

3人家族 2トンショートトラックでお引越しです🚚

 

 

 

・お知らせ

◆ 現在募集中の講座 ◆

 

【マンツーマン オンラインメルカリ出品講座】

 

ご自宅でご受講いただけます。

 

ご自宅でご受講いただけます。

 

選べる2コース!

 

① 1日コース(2時間)

 

2時間でメルカリの流れやポイントを一通り体験していただき、ご自身でもできるようになっていただけるためのコースです。

 

短時間でやり方を学びたい、まずはやり方を知りたい、という方のためのコースです。

 

進み具合によってはご自身の出品したいものまで進めていただくことも可能です。

ご自身の出品したいものの出品が完了するまでやりたい!という方には2日間コースがオススメです。

 

② オススメ!2日間コース(5時間)

 

基礎編・実践編の2日間コースでじっくり・丁寧に学べるメルカリ初心者の方にもオススメのコースです。

一通りの流れを体験していただいた後(1日目)、ご自身で出品したいものを出品していただきます(2日目)

 

お申し込みフォームにご希望日程(第3希望まで)をご記入の上お申し込みください。

 

お申し込みはこちらから ↓

 

 

ぜひご参加くださいアップアップアップ

 

コミュニケーションのストレスを減らす

 
引越しの時に、引越しのトラックに載せてもらうものと、自家用車で運んだり手持ちしたりするものとが部屋に混在していると
 

「これは運びますか?」

「お願いします。」

 

「これはどうしますか?」

「それは手持ちするので大丈夫です」

 

こんなやりとりいうやりとりが何度も発生することになりますよね。

 

一回だけならいいけれど、何度もやりとりをするとお互いにストレスになるし時間ももったいない。

 

そこで、今回私がやってみて良かったのが部屋の一角に養生テープを貼ってゾーン分けをするという方法です。

 

 

 

 

ゾーン分けのメリット

 
前日まで使う物があったり、当日朝使い終わった布団を大急ぎで袋に入れたり…と直前までバタバタしていて部屋のあちこちに梱包済みの段ボールが置いてある状態になっていました。
 
辛うじて梱包はできているものの…
 
なかなかにカオスな状態…(お恥ずかしい🤭)

 
荷物がまとまっていなくても荷詰が終わっていて何を積み込むのか、さえわかれば引越し屋さんは運んでくれるので、頑張って一箇所にまとめる必要も、付きっきりで指示する必要もないんです。
 
ゾーン分けをしておけば、
 
「あのテープの中に入っているもの以外は全てトラックに積んで運んでください」
 
とお伝えすれば済むので楽チン。
 
わが家ではこんな風に部屋の一角に養生テープを使ってゾーン分けをしました。
 
言葉で伝えるのも良いけれど、目で見てわかる方法にすると引越し屋さんだけでなく子どもにも伝えやすいのでおすすめです!
 
無事に積み込みが終わって一安心。
行ってきまーす🚚💨

 
これからお引越しの方はよかったら参考にしてみてください☺️

 

 

この記事GOODだね!と思ったら、押していただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ
にほんブログ村

 

いいね!の応援にポチッと押していただけると嬉しいです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ エコライフへ
にほんブログ村

 

\フォローしてすずともをチェック!/
   読者登録してね