こんにちは。

東京都 東久留米市のライフオーガナイザー®・リユースマスター®のすずともです。

 

自分にも地球にもやさしい暮らし、子どもに美しい環境・地球を残せる暮らし、をテーマに様々なチャレンジを始めています。

 

今日は、プラスチックゴミを減らすためにすずともが愛用しているエコグッズを3つ、紹介します。

 

 

使い捨てプラスチックを使わない暮らし

 
ゴミを減らしたい、中でも自然に還りづらいゴミ(化石燃料由来のもの)を減らしたいと思っています。
 
プラスチック製品の購入や、化石燃料由来の洋服なども出来るだけ避けるようにしていますが、中でも一番減らしたいのが「使い捨てプラスチック」のゴミ。
 
安価で耐久性の良いプラスチックの製品。
長期的に使う目的で購入することを否定するつもりはありません。
(実際、我が家にもたくさんのプラスチック製品がありますし、プラスチックを使用しないで作られたものだけで暮らすのは現実的ではないと思っています。)
 
ただ、一度使ったら捨てられてしまうもの=使い捨てのプラスチック製品に関しては極力購入しない・受け取らないようにしています。
 
例えば、レジ袋、ストロー、ペットボトル、サランラップ、ジップロック…
 
 
これらは少しの工夫で使用を減らすことができるものばかりです。
 
例えば、マイバッグをカバンに入れておく。
マイストローを利用する。マイボトルを持ち歩く。
レジ袋の有料化やプラスチックストローを廃止している店舗の増加に伴い、これからを持ち歩いたり利用しなくなっている人は増えていると思います。
 
ではキッチンで活躍するサランラップやジップロックは??
 
 
これらも便利なグッズを使うことで使用を減らすことができるんです!
 
そこでおすすめなのが、
 
(1) エコラップ(ミツロウラップ)
(2) シリコン蓋
(3) シリコンバッグ
 
です。
 
一つずつ紹介していきます!
 

(1)エコラップ(ミツロウラップ)

 
私が使っているエコラップはこちらのお店の商品と、

 

 

 

 

あとはワークショップで作ったもの。

 

 

娘と一緒にワークショップに参加して作ってみました。

 

 

ミツロウラップは布地にミツロウ(ココナツオイルなど他の植物油脂を混ぜて作るものもあります)をコーティングして作ったもので、洗って繰り返し使うことができます。

 

使用頻度にもよりますが、約1年使えて、効果がなくなってきても100%自然に還る環境に優しい商品です。

 

ただし、高温に弱くお湯で洗うことができないため、脂っこいものや肉などを包むのには向いていません。

 

わが家では果物や野菜をくるんだり、サンドイッチを包んだりするのに使っています。

 
エコラップを使うことにも慣れてきて、少し枚数が足りないと感じているのであと何枚か作ってみようと思っています!
 
*ビーガンのかたやお子さんが小さくてミツロウは使用したくない、という方はミツロウを使用していないエコラップも発売されています。

(2)シリコン蓋

二つ目は、シリコンの蓋。
 
私が購入したのはこちらの商品。
 
写真をクリックするとサイトに飛びます。
わが家ではこのシリコン蓋を、食べきれなかった食事を冷蔵庫にしまうときに使っています。
 
こんな風にパスタやサラダにかけたり、
 
子どもでも使えます。
バターのお皿にも。
熱にも強いので、お湯洗いもできるし、電子レンジでも使用できる優れものです。
 
ちょっと埃が入らないように…とかレンジで加熱するときに…といったこれまでなら使い捨てのラップを使用していた場面で手軽に使えるのでおすすめです!
 
Amazonでも同じような商品の取り扱いがあります。
 

(3)シリコンバッグ

上の二つは、ラップの代わりに使っているものですが、三つのシリコンバッグはジップロックなどのフリーザーバッグの代わりに使っているものです。
 
それが、スタッシャーのシリコンバッグ。
 
冷凍もできるし、オーブンで使ったり、食材を入れたまま蒸したりもできるので、パッククッキングにも使えます。
 
私は野菜を冷蔵・冷凍したり、お茶を入れたり、おしぼりを持ち歩くときに使ったり…と多用途で使用しています。
 
 
 
 
持ち歩いていれば飲み会でちょっと残ったおつまみも持ち帰れて便利✨
 
スタッシャーのサイトで、プラスチックフリー宣言をするとサイトでのお買い物がお得になるクーポンをもらうことができますので、ぜひチェックしてみてくださいね!
 

プラスチックフリー宣言はこちら→ https://stasherbag.jp/pages/plastic-free-pledge-1

 

Amazonからも購入可能です。

 

 

使い捨てプラスチック製品を減らして得たもの

これらを生活に取り入れるようになって、良かったことはゴミが減ったことだけではなく、

「ストックの管理がいらなくなったこと」です。

 

使い捨てのものを使用するということは、常にストックを補充し続ける必要が出てきます。

 

足りなくならないように在庫を管理し、減ってきたら買い足しに行く。

安いから、とたくさん買ったら置く場所がなくなってしまう…

 

以前はそんなこともありましたが、今では繰り返し使えるものに替えたことで、ストックを管理するストレスから解放されました。

 

環境に良いことをしたい、海洋プラスチック問題に取り組みたい、という人だけではなく、ストック管理のストレスを減らしたいという方にも「使い捨てではない商品を選ぶ」のはオススメです。

 

気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

 
今日も最後までお読みいただいてありがとうございました。

 

\フォローしてすずともをチェック!/
読者登録してね