こんにちは。

東京都 東久留米市のライフオーガナイザー®、リユースマスター®のすずともです。

 

先日、ライフオーガナイザーの大先輩でもあるSMART STORAGE!代表でAgeWell Livingナビゲーターの鈴木尚子さんのセミナーに参加してきました。


今回のテーマは「40代からの時間と思考の整理術」。


あと1年で40歳。

すぐにでも実践したい学びがたくさんの素晴らしいセミナーでした✨


・お知らせ

◆ 現在募集中の講座 ◆

 

 

2019年11月19日(火)東京都墨田区 暮らしと人生を整える片づけの基本講座

 

2019年12月7日  (土)東京都西東京市 あいうえおかたづけ講座(親子向け)

 

2019年12月13日(金)東京都墨田区 リユースマスター2級資格認定講座

 

ぜひご参加くださいアップアップアップ

 

なんのために時間が必要?

 
効率よく時間を使おう、とか、時短〇〇といったもの・ことを頻繁に見聞きします。

でも「何に時間を使いたいのか」の目的がなければ、生み出した時間を結局無駄遣いしてしまうことになりかねません。

 

時短は手段であって目的ではない

 
効率よく家事をしたり、時短家電を使ったり。

どれだけ時短でできるのかの検証(研究)をしている、という場合をのぞいては、時短は目的ではなく手段のはずです。

〇〇に時間を使いたいから、その時間を生み出すために家事にかかる時間を減らしたい。

その目的のための手段です。

目的なしに時間を節約すると、時間ができてもダラダラとネットを見て過ごしたり、ぼーっとしている間に時間が過ぎていて、あれ?効率よくやっているはずなのになんだか満足できていない…なんでいうことになってしまいます。

時間ができたらやりたいことリスト


 今回、セミナーを受けてすぐに実践しようと思ったことは「時間ができたらやりたいことリスト」の作成。

いつか〇〇したいなぁ、とか、時間があったら〇〇に行きたいなぁ、といったことを手帳に書き留めておく。

そうすることで、不意に時間が空いたり、時間を生み出せたりした時に迷わず行動に移すことができます。

ぼんやり頭の中で思っているだけでは忙しい日々の中で忘れてしまうし、実現するのも難しい。

けれど、書いたり人に伝えたりしてアウトプットをすると、自然と関連する情報が目に入ってくるようになったり、周りからアドバイスをもらえたりして実現しやすくなります。

リストを作ってより充実した時間を使いたい!と思いました✨

自分を知る

 
そして、もう1つの大きな学びが、「自分の行動とパフォーマンスの関連性に意識的になる」ということ。

つまり、自分が良いパフォーマンスができるタイミング(環境・体調など)を意識することで再現性を高めるようにするということです。

例えば、睡眠不足だと翌日眠くて集中力に欠けるけれど、かえって寝過ぎてもパフォーマンスは上がらない。

たまたま今日は調子が良いなー、とか、しっかり寝たのになんかすっきりしないなぁ、と流してしまうのではなく、自分が最高のパフォーマンスを出せる(気持ちよく起きてスッキリ動き出せる)のは何時間の睡眠をとった時なのかをきちんと把握しておく。

そして、ベストの睡眠時間を日々の生活に取り入れることでパフォーマンスを上げていく。

まぐれではなく、安定して良いパフォーマンスを出せるように何を食べると調子が良いのか(悪くなるのか)、お酒の適量はどのくらいか、普段の行動や時間帯など自分のベストコンディションの整え方を知っておくこと。

これは自分としてあまり意識できていなかったことなので、食事や睡眠、時間帯を意識してしばらく記録をつけてみるつもりです。
 

40代、人生はこれから!

 
あと1年で40歳。
人生はこれからです✨

自分自身と向き合い、コンディションを整え、どんな時間の使い方をすることが自分の人生を豊かにしてくれるのかを考えて毎日を積み重ねてこれからの人生を元気で楽しんでいきたいと思います。
 

 

\フォローしてすずともをチェック!/
読者登録してね