こんにちは。

東京都 東久留米市のライフオーガナイザー® のすずともです。


先日、ちきりんさんのトークショーに行ってきました!


すずともからのお知らせ
 すずとものプロフィール
 お片づけサポート・講座のご案内
 お片づけサポート事例
 すずともへのお問い合わせ

 新サービス「こどもとおかたづけ」
片づけ脳力トレーナーのすずともが、お子さまと一緒にお片づけをサポート!

バナー_こどもとおかたづけ


 人気サービス「一緒におかたづけ」
ライフオーガナイザーすずともと一緒にお片づけをしましょう!

バナー_一緒におかたづけ

ショールームの使い方

ちきりんさんって誰?


ちきりんさんは超人気ブロガー兼文筆家で、ツイッターでのつぶやいたり、たくさんの本も出されたりしています。

今回はちきりんさんが自宅をスケルトンリノベ(壁も取り払って家全体をリノベーションされていました)した体験談の本の出版を記念してのトークショーでした。


今回は本を持っている人は無料というありがたすぎるイベントでした✨
(発売後すぐにKindleで購入していたので、無料で参加してきました)

ショールームにはいつ行くべき?


今回のテーマは「リノベを成功させる ショールームの正しい使い方」だったので、

・ リノベをしようと思ったら、どのタイミングでショールームに行くべきか?
・ ショールームで確認するポイントは?

についてのお話がメインでした。

施工が始まってから具体的な商品を決めるためにショールームに見学に行く、というのは多くの人がしていると思うのですが、

・ リノベを始める前
・ リノベが終わった後

にもショールームに行くべき、というお話が面白かったので紹介します。

自分にとっての優先順位をつけるため


業者さんが決まったり、間取りを決めたりした後で、やりたいことやつけたい設備が決まった場合

・間取り自体を見直す必要がでてくる
・予算内に収まらなくなる
・期間が延びる
・その業者さんでは対応できない

上記のような問題が出てくる可能性があります。

もっと早く知っていたらこうしたかったけれど、今更もうできない…そんな後悔、できればしたくないですよね。

せっかくあれこれ考えて、高いお金払ってリノベーションをするのなら、これだけは譲れない、あれは絶対につけたい、といった優先順位を、自分(や家族)の中でつけておくことが大切で、それを知るためにも事前にショールームに足を運んでどういうものがあるのかを知ること(情報収集)が大切というお話でした。

リノベしておしまい、ではない


リノベ完了後にもショールームに行くべき、というのは、リノベ前と同じく情報収集のため。

一旦リノベをしたら、その後一切の手入れをしなくて良いか、というとおそらくそんなことはないと思います。

時間が経てば設備は古くなってくるし、逆に新しくて便利なものがたくさん出てきます。

定期的に見直すことで、自分にとっての快適な空間をアップデートすることができる、というのも
新発見でした。

ライフスタイルに合った住まいを手に入れる


今回のリノベで大きく変わってポイントとして、この先車椅子になったとしても過ごしやすい環境になっている、というのがとても印象的でした。

これからの暮らしい合わせて住まいを変える。
自分にとって必要なものを選び、不要なものはつけない。
(ちきりんさんは電気調理器を使うことが多いため、コンロは一口で魚グリルはなし‼️)

そういう自分の選択が自分の暮らしを作っていく、自分で納得した住まいで生活をしている、ということそのものがQOL(人生の質、暮らしの質)を上げていくのだと思いました。

リノベしなくてもできること


うちは賃貸だからリノベは無理、とか、マイホームに不便は感じているけどいきなりリノベはちょっと、という方はまずは何が好きなのか、どんな暮らしをしたいのかをじっくり考えてみるところからはじめてみてはいかがでしょうか?

賃貸でも家具のレイアウトを変えたり、導線を意識するだけでもグッと自分らしい住まいになってきます。

どんな暮らしをしたい?
今の自分は何にストレスを感じている?

そんなことを考えるとより良い暮らしのヒントが見つかるかもしれません。

オススメのちきりんさんの本


ちきりんさんのリノベが気になる方には
ちきりんさんってどんなこと考えているの?という方には
そんな方には
・おまけ・
梅原大吾さんとの対談本、こちらもすごくおもしろいのでオススメです✨

\フォローしてすずともをチェック!/
読者登録してね