モニターという言葉を使う時に注意すること | イラストレーターになるには?プロのイラストレーターになる為に必要な事NGなこと公開中*自宅でお仕事したい方の独立支援&実録営業講座

イラストレーターになるには?プロのイラストレーターになる為に必要な事NGなこと公開中*自宅でお仕事したい方の独立支援&実録営業講座

いつ始めても遅くない!本気でプロイラストレーターになりたい人のための、夢応援サイト。イラストレーターになるには、どうすればいいかを無料公開しています。在宅で仕事をしたい、子育てママ、家庭を持っても手に職を。働く女性を応援しています。


こんばんは。
イラストレーター育成・営業アドバイザー八木葵です。

販売の際に、お試しモニター募集など記載していることがあります。

一見お得に見えますが、モニターは何か新しいものを販売する時に効果的であり、既に販売しているものに関しては少々価値が下がります。


また、ずっと販売していこうと思うものには価値が下がります。

化粧品や食品などはモニターとして無料配布し、その感想を頂くことも広告営業的に成り立っていますが、イラスト販売の際には マイナスイメージをつけてしまいます。

化粧品、食品、その他販売については、口コミや、
そのモニターからのリピート率について利益を見込んでいるからです。

イラストも同様かと思ってしまいますが、商品が大量生産されるものではない為、価値を下げてしまいます。

似顔絵としてのサービス販売であれば、「3名様限定似顔絵体験コース」など、品質を下げない表現をすると良いですね(*´▽`*)キラキラ


★----------★----------★----------★----------★----------★----------★