自分に何が向いているかわからなくなった時 | イラストレーターになるには?プロのイラストレーターになる為に必要な事NGなこと公開中*自宅でお仕事したい方の独立支援&実録営業講座

イラストレーターになるには?プロのイラストレーターになる為に必要な事NGなこと公開中*自宅でお仕事したい方の独立支援&実録営業講座

いつ始めても遅くない!本気でプロイラストレーターになりたい人のための、夢応援サイト。イラストレーターになるには、どうすればいいかを無料公開しています。在宅で仕事をしたい、子育てママ、家庭を持っても手に職を。働く女性を応援しています。


テーマ:

こんばんは。
イラストレーター育成・営業アドバイザー八木葵です。

クリエイターさんがぶつかる壁のひとつに、 「自分には何が向いているんだろう」というものがあります。

これに悩んで絵が描けなくなったり、 伝えたいことが伝えられなくなったりします。

その為何をしていいか分からない、そしてそのまま描けなくなってしまう方も いらっしゃいます(/ω\)


もし向き不向きが分からなくなったら以下のことを試してみましょう。

(1)絵の種類や画材を含め、 出来ることとできないことを紙やPCなどに 書き出してみる。
(2)さらに出来ることの中で、作りたいもの、 描ける物をあげてみる。
(3)いくつか種類の違うものがあがったら、 他人の意見を聞く。

自分の好きなことや向いていることを知りたいのはもちろん、 実際に商品を売るのであれば、お客様が自分のどこを気に入って くださっているかを調査したほうが確実です。

AとB、タイプの違うものを両方並べて、どちらが好きか聞いてみる。

他人に聞くのが照れくさい場合には身内でも良いと思います。 絵の好みは人それぞれなので、なるべく多くの人に聞いてみましょう(*´▽`*)

結果、自分が描きたいものじゃないものが支持されるかもしれません。

でも、それで悲観しないでください(人´ω`*)
その作品でファンができれば、本来描きたいものも多くの人の目に 触れることになります。

お客様が求めるものを提供していけば、 結果自分の描きたいものも売れていきます。

頭で考えて手が止まってしまったら、(1)~(3)を是非試してみてください(^^)キラキラ


★----------★----------★----------★----------★----------★----------★