緊急事態宣言中の診療について。 | すずの木日誌

すずの木日誌

愛知県長久手市で2011年10月11日に開業致しました。
スタッフ一丸となって、患者様が気持ちよく来院できる医院作りを目指していきます。
皆様の、お口の健康を守る場所として発展していきたいと思います。

愛知県長久手市のすずの木歯科医院です。

 

 

 

厚生労働省から歯科業界への通達を受け、

当院では、4月20日~緊急事態宣言中は、

診療体制を縮小して診療を行う予定です。

スタッフを交代制にして人数を縮小。

ご予約の人数の制限。

診療時間の短縮などです。

 

 

 

歯科は、患者様との距離が近く、

感染リスクの高いお口の中を専門としています。

普段から感染予防対策は徹底しておりますが、

なにぶん未知のウィルス。

患者様とスタッフ、そして自分を守るだけでなく、

その家族も守るため、

最大限できることを、と動いております。

 

 

 

当院では、全スタッフの朝の検温を義務付けております。

本人の体調チェックとその家族の体調もチェックしております。

ただ、感染しても無症状ということもあるウィルスです。

やっぱり最大限の感染予防に対する努力が必要です。

 

 

 

今や、全世界で医療資源の不足が問題となっております。

当院もしかりです。

通常の診療をしていると、すぐに医療資源が枯渇してしまうリスクがあります。

 

 

以上の事から、

現在、緊急性の高い処置の方を優先して診療を行っております。

緊急性が高い状態

   =症状(痛い、腫れた等)が強く、日常生活がままならない。

    (食べられない、眠れない等)

 

   =根の治療など治療の間隔を長くあけられない。

 

   =歯がなくて咬めない(食べられない)

 

簡単にご説明すると、上記のような患者様です。

 

 

 

 

それ以外の診療については、国からの通達にもあるように、

治療の延期をご提案させていただいております。

 

 

 

ご不便をおかけしますが、

この難局をみんなで乗り越えていけるよう、

ご協力をお願い致します。

 

 

何かありましたら、お電話にてご連絡下さい。

 

 

それでは、皆様、気を付けてお過ごしください。

 

 

 

すずの木歯科医院