身近な法律問題あれこれ、司法書士のブログ

身近な法律問題あれこれ、司法書士のブログ

法律あれこれ、素人目線。専門家目線で実際どうなのを開設します。福岡県司法書士会所属 
http://shihoshoshi-kashiwagi.com/

田舎の女性司法書士のブログです。

債務整理や成年後見、相続にまつわる話を

中心に法律知識の紹介をしています。

たまに英語の話をしたりもします。

福岡県行橋市にて個人事務所を経営しています。

司法書士柏木事務所


オンライン相談などお気軽にお問い合わせください。

人権と言うのは守られなければ

ならないし、私たち法律家は

特に個人の意思や権利の侵害が

されぬよう職務を全うせねばなりません。


ただこれは現代社会の価値観であり

歴史的に考えれば新しい概念

だと思います。

社会が進化したことによって

個人の権利まで擁護する余裕が

出来てきたことの証なのでしょう。


より貧しく、個体の存続が困難な

社会では、個体よりも共同体の維持が

優先されます。

そこでは職業選択の自由だとか

結婚の自由だとかの概念はなく、

共同体の長たる村長などが行動を

決定し、共同体の存続のために

弱い個体を切り捨て、ヨソモノからの

略奪を行うこともある。


場所の特定はされないものの

おそらく東北の貧しい漁村を

束の間潤わせる僥倖は、

お船様と呼ばれる難破船。

船員が生きていれば殺し、

難破を誘うための儀式や方策まで

こらし生き延びようとする寒村の共同体が

淡々と冷徹に描写されており、

冷え冷えとした厳しさを

思い起こさせます。


今、自分が正義と思うことは絶対では

なく、価値観など周辺状況により

あっという間に崩壊させられる

ことを思えば、自分の職業の礎である

法を無闇に振りかざすことに

常に逡巡を抱き続けるぐらいが

ちょうど良いかと思うのです。

今期のアニメで個人的お気に入りは

engage kissなのですが、

メンヘラな悪魔の今カノと元カノとの

三角関係プラスバトル物と言う

よくあるですが、好きです。


主人公のダメ男が悪魔を使役するために

自分の記憶を差し出して元カノの

こともどんどん忘れて行ってしまう切なさ。

メンヘラ悪魔も悪魔の癖に

それに罪悪感を感じてしまう。

更に記憶を失うことは

その人の目的やら大切なものも

失ってしまうことになること。

それはとても失ってはならないことで

復讐のためとは言え

その復讐すら何だったのか

分からなくなってしまう。


借金をするのも少しだけそれに

似ていて、未来の自分の自由や

可能性を引き換えにしてしまう

側面があります。


個人再生や破産の仕事を

手掛けていると

確かに裁判所で然るべき手続きを

取れば、支払い義務を免れます。

ですが、その後、クレジットカードが

使えなくなったり、ローンが組めなくなったり

とその後の人生の選択肢をしばし

奪われることになるのです。


ですから、お金を借りるときは

その出費の必要性と

自分の将来の自由に関わる危険性と

しっかり比較しなければ

いけないと思っています。


ちなみに主人公のダメ男に

ついてメンヘラ悪魔はダメなら

ダメでいいし、堕落させるのが

悪魔なの、なんて風なことを

言ってるのですが

ちょっとだけ共感してしまったり

してしまうのです。



私の仕事では多くの方とお話をする

ことになります。

お年寄りから若い方、

不安になっている依頼者や業者さん

シチュエーションも様々です。


どの場面でも分かりやすいことが

全体ですが、状況によって

少し威厳があった方が良かったり

優しく警戒心を抱かれないような

話し方を心掛けた方がいい時もあります。


元々声は大きいですし、滑舌も悪くは

ないと思っているのですが

強く響きがちなのが気になっていました。


という訳で、話し方を少し専門の方に

見て?聞いていただいてアドバイスが

欲しいと思うようになりました。


近くで体験レッスンがあると分かり

早速行って来ました。

どうやら私の声には響きが少ない

ようです。口先だけで話しているから

固くなる。

マスク生活のせいで口を動かす

可動域も気づかないうちに

減っていたようです。


それから悩みは高音がでないこと。

高校生ぐらいで友人に電話して

男の子と思われて友達の親に怒鳴られた

ことすらあります。

なので少し高い音も出したい、

と相談したところ

歌を歌う、ボイストレーニングも

取り入れては、とのことでした。


そんなこんなであっという間に

体験は終わってしまったのですが

昨今は来月からレッスンスタートする

ことにいたしました。