夏のお便り講座 というワークショップにいってきました!
先生は、青木多香子先生。

プロフィールは こちら

ブログは こちら
フェイスブックは こちら

青木先生のFBタイムラインに、当日の様子があります。

岳谷鈴女もばっちりうつってます。

 

手紙文化振興協会HPは こちら

お手紙の基礎を教えていただいた上で

夏のお便りを書いてみました。
 

何が楽しいか。
実は「選ぶ」ってすっごく楽しいことなんです。
特に女性は、ウインドーショッピング、好きです。
ハーバリウムを作る時も花に迷い(この記事 この記事

お手紙を書く時も

どんな便箋を使うのか迷います。

そして、もうひとつ、だーい好きなこと。
おしゃべり。
特に、好きなことや好きな人のことを話すのが好き。

時間を忘れます。
 

なので、90分の講座は短く感じました。

「夏のお便り」って、「暑中見舞い」?

「残暑見舞い」?

答えは、どちらでも使える言葉です。

暑中見舞い、残暑みたい、というと時期を選ぶ言葉です。

そこを「夏のお便り」とすると、暑い間は使えます。

 

こういったオールマイティーな言葉をひとつ覚えると

お手紙の書き方も広がりますね。

 

さて、誰に夏のお便り、書きましょうか。

 

 

 

 

 

文章を書くことについて、あなたのお悩みを聞かせてください。

ブログ内でお答えします。

特に、手紙の書き方についての質問には、丁寧に答えることができます。

こちら から

 

 

 

〈岳谷鈴女についてのリンク〉

岳谷鈴女ができること

岳谷鈴女プロフィール

400字への想い

400字劇場 目次

岳谷鈴女FACEBOOK

岳谷鈴女TWITTER