鏑木毅著「プロトレイルランナーに学ぶ やり遂げる技術」を読みました。

 
image

 

 

鏑木さんは、トレイルランナー。山道を走るレースに挑み続けることをプロとして生業にされている方です。

私は鏑木さんのチャレンジや語る言葉に大いに力をもらっています。著書「究極の持久力」や「マインドセット」についても、以前のブログに書かせていただきました。

 

 

 

 

 

今、私が取り組み始めた仕事で怖気づいている自分がいました。そんな私に気合を入れようと本書を読んでみることにしました。

 

およそ100マイル(168キロ)の山道を1昼夜に渡って寝ずに走り続けるという、化け物のような世界最高峰のウルトラトレイルレース「UTMB」。その「UTMB」で、鏑木さんは3位になった実績をお持ちです。心身ともに最も過酷な世界で自分の力を発揮できた鏑木さんの言葉から、私が何を受け取れるでしょうか。

 

意図的に自分の限界に挑戦する

 

160キロを走るという行為には、修験道の苦行にも似た面があります。「悟りを開く」というような大それた目的はありませんが、レースを終えると、自分のバージョンが明らかに変わっていることがあります。

 

限界を超えた先に待っているのは、生まれ変わった自分です。

 

仕事を通じて成長したい、生きている意味を見つけたいという人は、いまの力でラクにできることだけしていると、やがて伸びしろがなくなります。

 

自分を追い込んで、能力の限界に挑む。それが自らの能力をストレッチして、今までとは違う次元の人間になれるのです。

大きく飛躍するためには、意図的に自分の限界に挑戦することも必要なのです。

 

【私の感想】

私の仕事上のチャレンジは、鏑木さんの「限界を超えたチャレンジ」に比べたら、恥ずかしいような小さいもの。いまの力でラクにできるほうを選んでいては、飛躍はない。意図的にビビってしまうようなチャレンジをするんだ。私はそう受け取りました。私が怖気づくような場面は、むしろ自分の力を伸ばすチャンスです。気合、入りました。

 

修羅場をくぐることでしか、自分のバージョンアップはできない

 

心を鍛えるにはどうしらよいか。

心を鍛えるには、真剣勝負の場が必要です。修羅場をくぐることでしか、自分の心をバージョンアップさせることはできません。

企業でも、将来の幹部候補には、赤字事業部や子会社のリストラなど、あえて困難な環境を経験させることが一般的になっているそうです。

 

僕(鏑木さん)にとっての修羅場は、年に1、2回のウルトラディスタンスのレースです。10年前の僕は、フィジカル面ではいまの僕より上ですが、メンタル的にはそこまで強くなかった。10年かけて心のキャパシティを広げてきたから、今の僕にはそれが耐えられるのです。

 

「これはチャンスなんじゃないか」と思っただけで、修羅場の乗り越え方も全く変わってきます。自分の次のステップにつながるのではないかという期待感がどこかに生まれます。

逆に、修羅場を避けて逃げ回ってしまうと、メンタルを鍛えるチャンスを失います。それはもったいない。修羅場はどんどんくぐるべきというのが、いまの僕の素直な気持ちです。

 

【私の感想】

鏑木さんの「修羅場はどんどんくぐるべき」という言葉が響きました。私は弱気になったり、逃げようとしたり。ちょくちょくそうなります。そうなったときに、この言葉を思い出します。

鏑木さんが限界に挑戦し続け、それに皆が共感し、力を受け取れます。テレビで見た、鏑木さんを追ったドキュメント「50歳でのUTMB挑戦」も心を打ちました。鏑木さんは本のなかでも、子どもの頃にいじめをうけてきたり、二浪して入った大学で箱根駅伝出場の夢を断たれたり、就職した県庁で悶々と過ごしたり、うまくいかなかった時代のことも晒しています。

カッコ悪くても、「修羅場をどんどんくぐるべき」。わたしはそう、受け取りました。

 

他人と違う強みを言葉にして伝えられること

 

プロのトレイルランナーといっても、野球やサッカーのように競技戦歴で年俸が決まるという世界ではありません。プロリーグがあるようなメジャースポーツとちがって、マイナースポーツのほとんどは、企業がその人のスポンサーになることで、プロ生活がスタートします。

 

企業がその人に出資したくなるには、まず人に負けないような戦歴が必要です。次に必要なのは、他の人はないオンリーワンな価値を持つことです。同じ山を登るスポーツでも、あるジャンルでは圧倒的な強さを誇るとか、誰もチャレンジしたことのないことをしているとか。とにかく他人とは違う強みがあって、それを言葉にして伝えられること。それがプロでやっていく資質です。

 

海外のトレイルランニングのレースに出場してきて、それを日本の皆さんにも体感してもらおう、といくつかの国内大会をプロデュースしています。UTMBのようなレースを日本にも作りたい、その思いで富士山を一周する「UTMF」を実現に向けて動きました。そこで行政の人たちと話すのに、県庁の役人だった僕の経験が生きました。

 

本来、人前で話しをするのは好きではありません。しかし、UTMFという夢の舞台を実現させるための話し合いでは、気合が入りました。口から出る言葉も、真剣みの溢れたものになりました。それが説得力につながったのだと思います。

 

【私の感想】

鏑木さんはチャレンジを続けてきたから、それがオンリーワンの価値を生んでいます。だから、人が集まり、応援されます。プロとして活動できます。ただ黙々と走っているだけではなくて、自分の実現したい夢を語り、経験から得た教訓を語ってくれます。

鏑木さんにそれができるのは、自分の限界を超えるチャレンジをしてきたから。鏑木さんは「UTMB3位」の実績だけじゃなく、経験された苦境とか挫折とか、それも含めて私たち読者に力をくれます。苦労やチャレンジが一切無駄になっていない。そう思いました。

 

ありがとうございました。

 

 

 

齊藤正明著「会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ」を読みました。

 

image

 

本書は、ある理学療法士の方がFacebookで「ブックカバーチャレンジ」として投稿されているのを見て知りました。私は基本的にビジネス書の類が好きなのですが、本書のすごく変わったタイトルに惹かれました。

 

著者は、マグロ船に乗った経験を活かして、コミュニケーション術などの講師をされている方だそうです。著者がマグロ船で船長から教わった話などから学べるビジネス書になっています。

 

あるもので何とかする

 

マグロ船の中で、スピーカーが故障します。これは仕掛けの付いた縄を海に投入する合図を知らせる機械です。ひとりの漁師がジャンク部品の入った箱から、ありあわせの部品で音がでるように修理しました。修理前より見た目も音も悪くなりましたが、とにかく音は出るようになりました。

 

船長「海に出てしまえば、この20mの船だけが世界ど。トラブルが起きたら、ここにあるもので全部なんとかしぇないかん。習っちょらん電気や機械も直しゃないかんときがある」

 

齊藤「ところで、病気やケガをしたらどうするんですか?」

船長「バファリン飲んどけ」

 

実際、資格があるとか関係なく、自分の傷を自分で縫うこともあるそうです。

 

船長「海に出れば、できることはほとんどねえ。そこから一歩ずつ自分が得意なことを磨くんぞ。いくら自分を磨いたって、人間できないことばかりぞ。」

 

【私の感想】

海の上で、機械を修理する道具も限られています。ケガや病気への対応も船に乗っている漁師たちだけでできる処置は限られています。そのときにやるべき仕事のために、そして生きるために、その緊張感が伝わってくるようでした。船の上の漁師たちは、その覚悟が決まっているから、不測の事態も何とか乗り越えようとします。

 

仕事でも、生活でも、完璧にこだわるのでなく、その場でできることに最善を尽くす。とかく私たちは、いろんな情報をネットで集めてみたり、便利な道具に頼ってみたくなります。でも、あるものでなんとかしようとする。逃げ場のないマグロ船のなかの漁師たちから、私のような陸のサラリーマンが学ぶべきことはそこにあるように思いました。

 

むしろ不便なほうがみんなが助け合う

 

船の生活はやたらと不便です。猛毒のエイに刺されても病院はありません。機械が故障しても電気屋はありません。当然、携帯電話は使えません。おまけに非常に狭い空間で、40日以上も、同じ人の顔を見て生活しないといけません。

 

親方「100年前までは、飛行機もクーラーもねぇんど。それでもみんな立派に生きてこられたじゃねーか。『便利になれば幸せになる』そんなん幻ど。むしろ不便なほうがみんなで助け合ったりして、心の中に幸せを感じるし、難しいこともできるようになるんど。」

 

【私の感想】

コンビニや携帯、病院など、便利になったことで幸せになったとは限らない。そう言われると、そんな気がしてきます。毎週観ているアニメ「未来少年コナン」のなかで、生き残ったハイハーバーの住人たちが、力を合わせて村をつくり、子ども老人も働いて、身を寄せ合って暮らしています。そこに幸せな雰囲気を感じます。AIや高度医療がある世界に生きている私たちは、「むしろ不便な方がみんなで助け合ったりして幸せ」という視点も持ってもいいのかもしれません。

 最近の私は、昔の日本人の暮らしの中に、健全な心身を保つ秘訣があったように感じていたので、「不便もそれはそれで幸せ」というのもマグロ船からのいい教訓として受け止めます。

 

一体なにやっとんじゃ!

 

ひとりの漁師がサメに足をかまれました。幸い、長靴に穴が開いただけで無傷。そのとき、親方のドスの利いた声で

「ゴルア!一体なにをやっとんじゃ!せっかくうまくさばけるようになったお前がここでケガしよったら、みんなが困りよろうが!こんバカ!」

 

そこで著者の斎藤さんは、親方の叱り方が非常にうまい、と感じます。口調は怒っているのですが、「お前はさばくのがうまい」「お前が欠けると、戦力が劣ってしまう」「お前はこの船でとても役立つ人間だ」という3点を伝えているのです。

怒られた本人も、このような叱られ方がとても嬉しかったらしく、今まで以上にこの船で頑張ろうと思ったそうです。

 

【私の感想】

寡黙なイメージのある漁師が、仲間同士の良い面を口に出していたりして意外な様子もあったそうです。マグロ船のような、狭い中に人口密度が高く、ギスギスしやすい環境の中で、対人関係のストレスをためないような工夫がされていた、と。

船に乗っている漁師たちは、大学やセミナーでコミュニケーション術を学んだわけでもないでしょう。船の中という、究極の閉鎖空間のなかです。そこで、自分の居場所を確保し、毎日を暮らしていくために、本能的に編み出したコミュニケーションがあったのだと思いました。

 船長や親方がそこで船員を導いていくに、そのひとりひとりの居場所を認め、能力を認め、それを言葉にして伝えていくというスキルがありました。マグロ船の経験から、ストレス対処法やコミュニケーション術について学びを見出し、伝えようとされている著者の独自性も面白かったです。

 

マグロ船はある意味、究極の環境だから、人間本来の力が試されるのでしょう。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 


先日、雑草の本を読んでから、雑草に興味が湧いています。
図書館で、稲垣栄洋著「散歩が楽しくなる 雑草手帳」を見て、庭に生えた雑草の名前を調べてみました。

タイトルには、「散歩が楽しくなる」とありますが、自宅の庭にあるだけでも、思った以上に沢山の種類がありました。

私は休日の草むしりが楽しくなりました。季節の変化によって、雑草たちの勢力図も変わるらしく、それを観ていくのも楽しみです。

















それぞれの種類にストーリーもあって面白かったです。

ありがとうございました。