大好きな練習場ダンス・オプション。

留学中は、ここが使える時は、

ほぼ毎日通うのですが、

今回はレッスンが朝早かったので、

早朝から使える別の練習場へ通っていたため、

ここは朝8~9:30までが練習タイムです・・

渡英12日目にして、初・オプションクラッカー

 

 

日本以外って言って良いと思いますが、

土足文化なので、

ダンス練習場はけっこう、ザラザラ・・

早朝練習に行く所なんて、ザラザラに+ボコボコ+埃舞う・・

ショボーンダウン

それでも、練習できる場所があるってことに、

本当に感謝しなくては・・ラブラブ

先輩方・・どうもありがとうございます・・キラキラ

 

 

それに比べて、オプションの床は

スベスベだし、踊りやすいし、

ここで練習できるとシアワセだな~・・照れラブラブ

 

2年前にフロアーを削り、

ワックスをかけなおし綺麗になっていましたが、

今年のブラック後に、また再度手入れをしたそうで、

ピッカピカキラキラ

 

前回もそうでしたが、

当分は綺麗な床をキープしたいために

係りの人に、

「 水をつけるな!! 」

・・って念押しされます。

 

靴の裏に水を付けるのはもってのほか、

トイレから手を洗って、水をぽたぽた落としたり、

汗を飛ばすのも、気を遣います・・キョロキョロ汗

涙も厳禁・・

 

こちらヨーロッパでは、滑り止めに

カスターオイル(ひまし油)をつけるのが定番で、

フロアーサイドに置いてくれているところが多いです。

 

近年、カスターオイルはマッサージや、

美容また、ヘアケアーなど保湿の為に使用するそうですが、

靴底は皮なので、皮膚と同じように手入が必要。

 

シューズに水を付けるのは、

手を洗うと、カサカサになるのと同じで、

水分が蒸発する際に、余計に乾燥してしまうので、

一瞬滑らなくなっても、その後は逆効果です。

 

そして、カスターオイルが良いから・・と、

床に足跡がつくほど、ベタベタにしてしまうのは、

マナー違反。

 

オイルを直接床に垂らすのなんて、

言語道断っ!!

( ↑これはイギリスでも怒られます。 )

 

まず靴裏についたワックスや埃を落とすのと、

摩擦でつぶれた毛を起こすようにブラッシングをし、

カスターオイルをほんの1滴。

左右の靴底をスリスリ・・

その後、再度ブラッシングします。

 

合格

 

勿論!!

日本ではオイルの使用を禁止している会場もあると思いますので、

よく確認してから使ってくださいねー

 

シューズ裏も皮膚・・ということで・・

ニベアをつけてブラッシングしてる選手も見かけますよ・・キョロキョロアップ

チューブのニベア、使いやすそうでした・・音譜

 

 

 

黒猫しっぽ黒猫からだ黒猫からだ黒猫あたま

 

 

6月に留学に来て、雨の日ってあったっけ・・はてなマーク

・・って思うくらいなのに、

本格的な雨が二日続いたロンドン・・

 

庭では2匹のリスが追っかけっこDASH!DASH!

 

これだけ、庭を転げまわって、

木々を飛び回ってると、

お庭を綺麗に手入してる方にとっては

ため息出るのも納得・・

→ https://ameblo.jp/suzukinorio-dancecompany/entry-12201190830.html