服部機械の素晴らしさ | 鈴木機械スタッフブログ

鈴木機械スタッフブログ

情報満載!!静岡の有限会社鈴木機械スタッフブログ

当社HPやブログで再三登場する木工機械メーカーの服部機械製作所ですが、平成5年度に廃業するまでに数々の名機を製造していた伝説のメーカーさんで、特に軸傾斜盤の素晴らしさは、地元静岡にとどまらず、全国に伝えられています。今回、整備中の画像とあわせて、その特徴をご紹介させて頂きますOK

まずはこのボデー!!工作機械に使用するレベルの高級な鋳物を贅沢に使用しています。この鋳物は錆びにくく、当時の他木工機械メーカーさんの使用する鋳物より質が高いものでした。又、鋳型屋さんから上がってきたボデーを加工する前に屋外にて雨風、天日にさらし、狂い(微妙な形の変化)を完全に終わらせた状態で加工に入ったといわれています。これにより、半永久的に精度の安定した作業が得られるようになりましたウインク

鋸傾斜部品、昇降部品も同じ鋳物が使われています。特にカミソリ部や定盤の取り付け部にいたる組み立て時に接する部分は機械の研削加工により出来たコンマ100分台の目地を、職人さんにより手作業で、すべて平らにし、その結果滑らかな昇降、抜群の精度が保たれていますレンチ

細かなネジやパーツにもこだわりを見せ、当時は1台製作するのにコストがかかりすぎて、メーカーさんの利幅がほとんどないという状況だったそうです笑い泣き当時からどのメーカーさんよりも高価な軸傾斜盤でしたが、メーカーさんは殆ど儲からなかったそうです。

主軸部のベアリング交換風景です。ピンで本体に固定された主軸はきっちりと直角が保たれ、切断面の美しさ、端材の跳ね返りがないという特徴があります。

インターネットの隆盛を迎えている現在は、ネットでのやり取りで、1台100万円以上のプレミア価格で取引きされている状態です(もちろん当社はそんなに高く売りませんが(笑)まだまだ語りつくせぬ良さがある軸傾斜盤ですが、またの機会にさせて頂きます。ご興味ある方は在庫が当社に残っているうちにお問い合わせ下さいね爆  笑