おはようございます。



レッスン前、1分間でテンションが上がる「ピアノの先生に贈る1000の言葉」。今日は第129回。




「先生とは、生徒ができないのを『自分のせい』にする人」




昨夜、私が指揮・音楽監督を務めさせていただいているヒューマンハーモニー・オーケストラの練習。
 

バレエ団さんとの、初コラボレーションでした音譜







バレエ団の子供さんたちは、華麗な踊りを見せてくれました!



また、オーケストラもそれに応えようと、一生懸命!




・・・ですがオーケストラの団員さん、一生懸命すぎるのか、バレエの動きに見とれているのか、指揮をなかなか見てくれません(笑)



そこで私は、



「みなさん、来週が定演なのだからそろそろ指揮を見てください!でないと、音が合いませんよ!」



と言いました。




ですが言ってから、何となく違和感を感じました。
そして、



(指揮を見られない、というのは余裕がないからと、ふだんから指揮を見る練習をしなかったからではないか。「指揮を見てください」という前に「どうしたら、指揮を見るようになるのだろうか?」というひと工夫が必要なのではないか・・・?)



と思うにいたりました。




これはピアノレッスンでよくある、



「楽譜を見なさい!」



とも、ピタリと一致
します(笑)




つまり先生は、できないことを生徒のせいにする前に、



「どうしたら、できるようになるのか?」



をとことん考え抜く必要がある
のです。





練習の最中、自分の発した言葉から、ふと気付きました。





生徒さんが○○できない場合、指摘する前に



「どうしたら○○できるようになるだろうか?」



を考えているだろうか?と自分に質問してみましょう。





私も、これから自分に質問します(笑)





では、今日も楽しいレッスンをビックリマークニコニコ



最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。



※当ブログは、土日・祝日はお休みです。


******************************************
<お知らせ>夏休み!こども作曲セミナー開催!

兵庫県、石川県、富山県の三県で「夏休み!こども作曲セミナー」を開催させていただきます。

★ 「夏休み!こども作曲セミナー」とは?

小学生のお子様にとって悩みのタネである「自由研究」。この自由研究に「作曲」を選び、CDに録音して2学期に学校へ提出する、という企画としてスタートしました。
 
毎年大好評を得ており、今年で6年目になります。現在ではコースを初級、中級、上級の3つに分け、音符が書けない子は絵や物語から、音符が書ける子はより高度な作曲・・・という風にきめ細やかに対応しています。
  
さらには、ご見学の先生方に作曲指導の㊙︎テクニックを、私自身がお伝えするコーナーを設けました。


今年度は、下記日程にて行います。


<会場・日程・料金>

①宝塚会場
・7/23日(土)14:00-16:40
・会場=宝塚市地域利用施設「南口会館」(サンビオラ5番館3階)
・参加費:お子様一人目=3,000円(CDつき)、ふたり目=半額、 三人目さらに半額
※保護者ご見学および3歳以下無料、ピアノの先生ご見学おひとり1,000円
・講師=多田 みゆき、濱口 真理子、鈴木 敬
  
②金沢会場
・7/28(木)、29(金)の二日間
ともに10:00-14:30 (お昼休憩あり)
・会場=金沢市民芸術村ミュージック工房スタジオF
※両日コース、1日コースがあります。両日コースは、全員が五線紙で作曲できるようにします。
※絵本に音楽を付けるコーナーもあります!
・受講料
●子ども:4,000円(2日連続、CD2枚つき)1日のみ:3,000円(CD1枚つき)
※家族割:子ども二人目=半額、三人目=さらに半額、四人目=さらにさらに半額
※保護者ご見学および3歳以下無料、ピアノの先生ご見学おひとり1,000円
・講師=鈴木 敬、高野 浩美
   
③富山会場
・7/31(日)13:30-16:30
・会場=クロスランド小矢部 スタジオ2
・参加費:お子様一人目=3,000円(CDつき)、ふたり目=半額、 三人目さらに半額
※保護者ご見学および3歳以下無料、ピアノの先生ご見学おひとり1,000円
・講師=高野 浩美、濱崎 久美、長澤 早苗、鈴木 敬 

 
★詳しくは、→こちらのページをどうぞ♪