これは、
カエルのごびらっふ氏の独白を
草野心平さんが日本語訳してくださった文でございます。

 考えることをしないこと
 素直なこと
 夢をみること


とりあえず
ニュースを超越する必要がある今、
うん!と読ませていただきました。





幸福というものはたわいなくつていいものだ。
おれはいま土の中の靄のような幸福につつまれている。
地上の夏の大歓喜の。
夜ひる眠らない馬力のはてに暗闇のなかの世界がくる。
みんな孤独で。
みんなの孤独が通じあふたしかな存在をほのぼの意識し。
うつらうつらの日を過ごすことは幸福である。
この設計は神に通ずるわれわれのジュラ紀の先祖がやってくれた。
考へることをしないこと。
素直なこと。
夢を見ること。
地上の動物のなかで最も永い歴史をわれわれがもつてゐるといふことは
平凡ではあるが偉大である。


とおれは思ふ。
悲劇とか痛憤とかそんな道程のことではない。
われわれはただたわいない幸福をこそうれしいとする。
ああ虹が。
おれの孤独に虹がみえる。
おれの単簡な脳の組織は。
言はば即ち天である。
美しい虹だ。
ぱらあら ぱらあ。


画像はお借りしました。
ありがとうございます。




人気ブログランキング