雪に思う土地柄の様々➕遥かなエーベルバッハ少佐 | 古書店 書庫

古書店 書庫

綴る思いを店先に並べております。
始まりはファンblog。
いつしか本に、絵画に、日々の様々に思いは広がりました。
物語を書く趣味をもつ店主でございます。
よろしければお読みください。

北海道は猛吹雪。
関東もちらほらと雪が舞うかもしれぬとの予報でございます。


冬タイヤ装着済み。
雪が降りましても休まず出勤いたします。





六年前になりますか、
たいそうな雪が降りました折り、
大分出身の若者はノーマルタイヤの軽自動車で動こうといたしましたっけ。

………ないっ!!

店主の車に乗り、
ズシャリ………というタイヤの感触に
ようやく〝無理は無理〟を理解した彼でした。


店主も
長野では気楽に雪道を走りますが、
もちろん冬タイヤ
こちらでは塩カル撒いてないし、
雪かきしてないしで、
わずかな雪でも車での外出は危険がいっぱい。


北海道の猛吹雪は
想像を超えているのだろうなと思います。
何事にも未知は広がる。
どうぞ無事故でお過ごしくださいますように。


冷戦終結の日から30年
新たな冷戦の始まりを確認するニュースが
続きます。
NATOも青池保子さんがエーベルバッハ少佐を描いた頃とは
すっかり趣を変えました。



こちらの猛吹雪には
世界のパワーバランスも
ぐらぐらと土台から揺れております。



どうか平和なクルスマスが
世界の子供達に訪れますように。
アドベントカレンダーのチョコを一粒、
今日もいただきました。
扉を開けると
なんか嬉しいです。


画像はお借りしました。
ありがとうございます。



人気ブログランキング