男性とBLに思う・抱くか抱かれるか | 古書店 書庫

古書店 書庫

綴る思いを店先に並べております。
始まりはファンblog。
いつしか本に、絵画に、日々の様々に思いは広がりました。
物語を書く趣味をもつ店主でございます。
よろしければお読みください。

主人と合流しますと、
思いは〝腐女子うっかりゲイに告る〟に返ります。

小野君は言いました。
〝気持ち悪いと感じるかどうかだろ?〟




主人は
〝夕べ何食べた?〟の録画に
消極的です。
内野聖陽さんのイメージがあるようです。




坂本龍馬なのだそうです。
どう
折り合いをつけても変わらないとか。


ですから、
先日、
店主が〝夕べ何食べた?〟を見終わりますと、
〝スローな武士にしてくれ〟を
大急ぎで見ていました。




店主も
付き合いましたけどね。



 気持ち悪いと感じるかどうかだろ?



三浦さんが女子を説得できたのは
何だかわかります。




BLが巨大マーケットになりましたのは、
それを女性が読むからです。
たぶん男性は読まない。
ゲイの方もフツーの方も。
そう感じています。








 抱く性=男
 抱かれる性=女

その世界観あって
男性は
社会を生きているように思います。


主人は内野聖陽さんが
抱かれる側と
勘違いしているように思います。

これで
西島秀俊さんが抱かれる側だと言おうものなら、
今度はブランケット・キャットを
一緒に観ることになるでしょう。




スローな武士にしてくれに

 男だ
 この人は男だ


そう確認しているように
思えます。




うちの主人の抱かれる側になったら
耐えられぬ心を感じます。




抱かれる側にとって
エロと言われる読み物や商品は
自らの存在を脅かす部分がございます。

BLという
今現在ですと
エロと言われる部分が特化したジャンルが
女性に受け入れられるのは、
それが女性を脅かさないことも理由かもしれません。




少年愛と呼ばれた頃は、
男性にとって
そこに登場する少年たちは
さしたる脅威でなかったのはと思います。




女性に同じく、
〝抱かれる性〟と感じたのではないでしょうか。





美輪明宏さんのお若い頃、
その美貌は、
女性を脅かしました。




〝抱かれる性〟としての魔性を
お持ちでございましたから。



主人は
内野聖陽さん、西島秀俊さんの
ラブシーンは
原作にもないからだいじょうぶですが
耐えられそうにありません。



自らを〝抱かれる性〟とイメージすること。
もしかしたら、
そこが、
一番のネックなのかもしれない。


小野君のいう
〝気持ち悪いと感じるかどうか〟の壁に
今日は
そんなことを思いました。


画像はお借りしました。
ありがとうございます。



人気ブログランキング