10日目、今日も再びの雨。
昨日はつかの間の晴れ。
厳しい選挙の中で一筋の光明のようでした。

しかし、雨は「アベノフェイクを洗い流す雨」。

皆さまに想いを訴え続けます。

 

今朝は新三郷駅の駅頭からスタート。

 

その後、大倉床屋前、篠田石材前、戸ヶ崎の福龍亭で街頭演説。

 

福龍亭では小学生からひとときの憩いの時間をもらいました。

 

夕方、吉川駅北口で盟友中原吉川市長の応援を受け、街頭演説!
中原市長にはいつも熱い思いを語っていただきありがとうございます。

 

その後は、地元三郷 戸ヶ崎コミュニティセンターで個人演説会。


皆様の熱い熱い檄をいただきました。


衆議院議員選挙も残り3日。
投票権を持つ私たちは日本国の株主であり、
『アベノフェイク』を見破る目を持たなければなりません。

「民主党政権時からGDP50兆円増やした」というが、
安倍政権の力ではない。それは私たち一人一人のチカラ。

比較される490兆円の年、何があったかと言えば東日本大震災。
計画停電や買い控えで日本全体が消費を控えていたことは誰もが記憶になるはず。
しかも、その数年前からGDPはガタ落ちしていた。
つまり、自民党の公共工事一辺倒の経済失策により日本は活力を失っていた。
それが一因となり、自民党が下野することになったことを忘れてはならない。

東日本大震災発生後、民主党政権は集中復興期間を定め、
被災東北3県に5年で20兆円の財政出動をすると決断した。
さらに、「コンクリートから人へ」というキャッチフレーズのもと、
GDP増加への大ナタを振るったのも民主党政権だ。
旧態依然の自民党政権ではできなかったことを成し遂げたのは民主党政権。
アベノミクス効果で50兆円が増えた訳ではない。
私たち一人一人が必死に乗り越えてきた結果です。
 

鈴木よしひろは、
皆さんの想いを、皆さんの希望にすべく、

最後の、最後まで走り続けます。


 

全てはこの日本に住まう皆さんのため。
日本をリセットし、日本に希望を。

明日もよろしくお願いいたします。

----------------------------------------
オール東埼玉で日本に希望を。
地域から日本の元気を再生しよう!
保守系改革派『鈴木よしひろ(希望の党)』
衆議院議員(2期目、埼玉14区)
----------------------------------------
公式サイト http://yosshisuzuki.com/
公式Twitter https://twitter.com/yosshisuzuki
----------------------------------------
希望の党公式サイト https://kibounotou.jp/
希望の党Twitter @kibounotou 
希望の党Facebook https://www.facebook.com/kibounotou