い草の若手農家さん達が当店へ! | 鈴木畳店五代目ブログ -畳色生活-

鈴木畳店五代目ブログ -畳色生活-

鈴木畳店、鈴木啓介のブログです。
(東京都北区赤羽)
当店の情報、畳のコト、畳屋の日常を綴っていきます。

い草(畳表)の産地・熊本県八代市より

若手農家さん達が当店見学にいらっしゃいました。

 

若手農家さんの訪問先の畳店は

・国産畳表をよく知ってて

・後継者がいて

・様々な需要拡大に取り組んでいる

が基準らしいのですが、
 
最終的に畳組合推薦で
当店に連絡が来た見たいです_;)
 
 
見学は
農家さんが、
畳表を出荷してから後のことを中心に。
 
どうゆうふうに畳表が畳店で保管されて、
どうゆう風に畳になって、
お客様に届けられているのかを
お伝えしました。
 
 
来店されてから、
まず畳表の倉庫の見学を!ってことで
さすが農家さん!と感じました笑
(写真は撮り忘れました)
 
国産畳表の保存状況と合わせて
農家さん達が普段目にしない、
和紙表や中国産の畳表などを見てお話しました。
お互いに、話したいことが沢山あって、
すでに時間がおすという。。
 
そのあとお店に戻り、
畳の表替えの実演。
 
畳の大きさが1畳ずつ違うのを、
実際に定規を当てて見てもらったり
 
私が畳を作る時に
畳表の気になる所などお伝えしたりしました。
どさくさに紛れて、私が分からないことも
沢山質問しちゃいました笑
 
畳を機械で縫っている様子見て、
皆さん、おーーー!とテンション上がってました笑
 
畳縁(フチ)を付ける作業の見学
皆さん真剣に見てらっしゃいました。
 
その後も意見交換をして
 
最後に集合写真
 
このようなきっかけを与えてくださり
畳組合の皆様、熊本県農業研究センターの皆様
4Hクラブの皆様ありがとうございました。
 
見学の受け入れという形ですが、
実際には私自身すごく学ぶことが多い時間でした。
 
業界的な話ですが、
畳店と農家さんが意見を交わす機会が増えてきたのは
ここ最近のお話です。
 
畳表の流通自体が
農家さん⇒市場や問屋さん⇒各地の問屋さん⇒畳店
という流れがスタンダードなので、
農家さんと私達畳店はなかなか接点を持ちにくい関係にあります。
 
けれど、最近になってこのような研修が増えたり、
私たちと農家さんを繋げる取り組みをする問屋さんが出てきたり。
流れは変わりつつあります。
 
そのおかげで、
農家さんは畳店やお客様が求めるものを知るきっかけになったり
畳店は農家さんの苦労や想いを知って、一層畳つくりに力が入ったり。
ようやく畳業界に畳表の文明開化(おおげさ?)が起ころうとしています。
 
今回のご縁を大切に
より良い畳をお届けできるよう精進します。
 
 
鈴木畳店