鈴木畳店五代目ブログ -畳色生活-

鈴木畳店五代目ブログ -畳色生活-

鈴木畳店、鈴木啓介のブログです。
(東京都北区赤羽)
当店の情報、畳のコト、畳屋の日常を綴っていきます。

「表替え」という
畳替えのときのお話。
(表面のい草部分と
ヘリを変える作業です)










実は
畳の大きさは、
全て違っていて、

幅のサイズも少しずつ
異なります
(和室の畳の周りの木が
まっすぐでないから)


専用のものさしで
計っていきます。

隙間があれば
畳の幅を大きくしますし
逆に畳が大きければ、
小さく
ここで調整します。
感覚的な調整も
ここでします笑

私は計る位置は
基本5カ所で、
柱があったり
曲がっていれば
もっと細かくします。

細かくすることで
ちょうどいいサイズに
仕上がっていくんですよね。

ちなみ、この畳は
1カ所目と2カ所目で
幅が2ミリ違ってました。
(細かくはカッターの刃の
厚さくらいまで調整してきます)

そのあとは
ヘリを剥がしてます。
剥がしてる道具の
名前は
「アポロ」
といいます

なぜかアポロかは
畳屋七不思議の
一つになってるんですよね〜笑

動画を撮るのが
楽しくて
今日も撮ってみました件でした




ヘリなし畳の作製中デス



気付いたら
4軒分溜まっていたので
ちょっと頑張ります笑

年末が見えてくると
なぜかヘリなしのご注文が
増えてきます

なんでなんですかね。。
ジンクス





今の作業は
本来は畳のふちが付く部分を
曲げる工程
(ヘリなしなので)

曲げる位置を調整して
機械で曲げていきます

この工程かなり重要で
曲げる位置が
数ミリズレると
畳になったとき、
上手く入らないです。
(畳屋さんの中では当たり前ですが笑)








和紙面の場合は
85度の熱を加え
曲がりやすくします。

明日は
い草でやりますが、
その場合は
熱を加えないです


静かな夜は
作業するのに
ちょうどいい笑


ご神木で出来た

大黒様を飾るゴザの作製依頼があり

弟が作製してくれました

 

image

 
 
四方紋縁付畳ゴザ
 
ただの1枚の敷物ですが
こだわりが沢山詰まっています。
 
引き受けてくれる畳店がなかったようで
まわり廻って当店にご来店くださいました。
 
鈴木畳店
 
 

縁無し畳の弱点を補いつつ

モダンな和室にしたい方にオススメしてるのが

縁無し畳風畳
(言い回しがくどくて申し訳ありません)
 
要するに
縁無し畳に見える畳です。
 
今回は表面の畳表部分(い草部分)に
和紙畳表を使い
ほぼ同じ色の畳へり(ふち)を付けています。
 
写真の色は白茶色
市松敷にしているのですが、
こんなにグラデーションが出ます。
 
縁無し畳の弱点は
特に角の部分が擦り切れやすいところですが
へりを付けることで保護してくれます。
 
初期費用と
表替えなどのランニング経費も安いです
 
モダンさやオシャレさであれば
縁無し畳に叶わないですが、、
 
和紙表にしてみたい
丈夫さとコスパのバランスのいい畳がよい方にはオススメしています。
 

 
鈴木畳店
鈴木啓介

ベッドの上板の上に畳を一畳敷くお客様が

最近すごく増えています。

 

これは弟(自称175cm)が、

通常より長い畳であることを

表現しています。

畳の長さは192cm
幅は94cm
 
関東間では
長さ178cm*幅90cmが限界なので
京間サイズで作製しています。
(関西の畳のことで、関東より一回り大きいのです)
 
畳表も幅が広い目積畳表を使ってます。
 
 
厚さもサイズも
全てお客様のご要望の通りにお作りできますので、
お気軽にご相談ください
 
鈴木畳店
鈴木啓介