自分らしく生きるための家庭教師って、実際どんな授業をするの? | 【仙台】家庭教師〜かえる〜のblog

【仙台】家庭教師〜かえる〜のblog

仙台で、学校生活に不安を抱える子向けの家庭教師をしています。

お母さんが子どもたちの気持ちを肯定していくことで、自分で考え、行動できる子に育っていきます。

子どもたちが日々感じている気持ちを丁寧に説明し、子どもの気持ちの受け止め方を掲載していきます♪


テーマ:
□子どもたちが、自分らしく幸せに生きていくために。


「これからの時代、子どもたちがちゃんと生きていけるか不安です」


こう思われる親御さん、たくさんいるのではないでしょうか?


受験も大変、就活も大変、いざ会社に入っても、その会社がどうなるかもまるで分からない。


それに加え、ストレス社会、ガマンするのが当たり前、うえに従うのが当たり前という感覚を、子どものうちから学校で教えられているので、一度ブラックな会社に所属してしまうと、なかなか逃げ出せません。


逃げ出せず、自分が受け入れられない場所でガマンしてガマンして自分を殺していく。


そして、最悪の場合、自ら命を絶ってしまいます。


このことは、日本人の自殺率の高さにも大いに影響しています。


でも、実は、一歩外に出ればそこには、自分を認め、受け入れてくれる場所があるんです。


今の社会は多様化、細分化がどんどん進み、会社だけでも本当にいろんな会社があります。


また、自分の個性を生かしていく方法も、どんどん増えてきています。


自分の生き方や居場所を選び、そこで自分らしく幸せに生きていくことができるのです。


子どもたちには、そうやって生きていってほしいのです。


そして、そのために必要なのは

「自分を大切にする力」
「自分で考え行動する力」

です。


□授業の進め方

実際の授業では、子どもたちの「やりたい!」を尊重し、進めていきます。


私の授業では、まず
「今日は何やる?」
という質問からスタートします。


何をやるかを私が決めてしまうと、それは子どもたちにとって「やらされること」になってしまいます。


「やらされること」ほどつまらなくて身が入らないものはありません。


また、「やらされること」は、やらされればやらされるだけ、どんどんキライになっていきます。


だから、私の授業では、子どもたちにやることを決めてもらいます。


そうすることで、子どもたちは集中しやすくなりますし、自分から学ぶようになるので勉強が身につきやすくなります。


また、勉強が少しずつ、やらされることではなくなってくるので、自ら意欲的に勉強するようになっていきくのです。


もちろん、勉強したくない時、話をしたいときは、それでOKです。


勉強をやりたくないときにやっても、なかなか効果は出ません。


また、何か不安なことや悩みがあるときは、どうしてもそっちに意識がいってしまい、集中したくても集中できないのです。


なので、そういうときは、心ゆくまで話してもらったり、心ゆくまで一緒に遊んだりします。


そうすることで、子どもたちの心が軽くなり、安心して勉強をすることができるようになるのです。


このように、子どもたちが自分でやることを決めることで
「自分を大切にする力」
「自分で考え行動する力」
が育ち、自分らしく生きる人に成長していくのです。


□子どもたちの成果

学力の成果

☆高2女子☆
前期中間考査で赤点4コ→後期期末考査で赤点0コ

☆中3男子☆
1学期期末考査で前回より70点アップ

☆中2男子☆
後期中間考査で前回より50点アップ

不登校ちゃんの成果

☆中3女子☆
中学校はほとんど不登校
→公立高校合格、楽しく通っています♪

☆中3男子☆
小学校の頃から不登校
→公立高校合格、楽しく通っています♪

☆高1男子☆
高1の夏休みから不登校
→高1の終わりに退学、通信制高校に入り直し、高校卒業を目指しています♪

その他、子どもたちの成長(リンク記事)







【自分らしく生きるための家庭教師】

家庭教師〜かえる〜 鈴木大志さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス