家庭教師〜かえる〜を立ち上げて2年、今私が思うこと。 | 【仙台】家庭教師〜かえる〜のblog

【仙台】家庭教師〜かえる〜のblog

仙台で、学校生活に不安を抱える子向けの家庭教師をしています。

お母さんが子どもたちの気持ちを肯定していくことで、自分で考え、行動できる子に育っていきます。

子どもたちが日々感じている気持ちを丁寧に説明し、子どもの気持ちの受け止め方を掲載していきます♪


テーマ:
2年前、勤めていた塾を退職し、家庭教師~かえる~として独立しました。


当時は、学校生活に不安を抱える子向け、ということで、不登校の子や学校になかなか馴染めない子を中心に家庭教師をさせていただいていました。


それは、私と子どもたちが出会うことで、私のしてきた体験が必ずその子たちにプラスに働くと思ったからです。


私は、大学まで、通っていた学校だけを見れば、いわゆるエリートコースを通ってきたと思います。


そんな中で、大学を卒業し、大学院まで進学し、いざ就職活動となったとき
「自分には何もない」
という感覚を持ってしまいました。


自分が社会でできることはなんだろう?
自分は誰の役に立てるんだろう?
自分にとっての幸せってなんなんだろう?


考えても考えても
答えは見つかりません。


就職活動は
なかなかうまくいきませんでした。


そんな中でも、動いて、動いて、いろんな人に出会って、いろんなイベントを企画して、自分を模索していました。


この時期、大学院にはほとんど行っていませんでした。


行っても、楽しくない。
それよりも、イベントの企画をしたり、いろんな人と会って話をしたりすることのほうが楽しかった。


最終的には、なんとか修士論文も書き上げ、大学院は修了させていただきました。


当時お世話になった研究室の先生方、先輩方には、頭があがりません。


でも。


自分のやりたいことがそこにはない
それだけは確かでした。


かといって、これから大企業に入って働いていく、というエリートコースの続きを歩むことも、選べませんでした。


だから
自分は自分の道を切り拓く。


そこから、塾に就職し、家庭教師という職業にたどり着きました。


レールに乗って生きなくてもいいんだ!
自分の道を歩いていこう!


そんなことを、自分を見て感じてほしかった。


君たちは、学校に馴染めなくても、ダメじゃないんだ。


むしろそれが当たり前の感覚なんだ。


それが伝えたかった。


そんな思いで、僕は独立しました。


今。


その思いは、やっぱり変わりません。


子どもたちに、それぞれの道を歩んでほしい。
周りに流されずに、やりたいことをやってほしい。


そのために


子どもたちのいいところをもっともっと見つけてあげたい。
もっともっと伸ばしてあげたい。


そのいいところをもっと輝かせられる人に出逢わせてあげたい。


子どもたちはどうしても、勉強、スポーツといった切り口で見られることが大半です。


その2つが出来ない子は、ダメな子と見られてしまうことが多い。


とても、多い。


でも、違うんです。


その子たちには、もっと全然違うところに、いいところがあるんです。


でも、それに気付ける人がなかなかいない。


だって、周りの大人はどうしても、勉強ができるかを一番大切にしてしまうから。


一番大切なのは、勉強じゃない。
その子自身のいいところです。


それを伸ばしてあげることで、勉強ができなくても生きていけるんです。


だから
僕がそれに気付いてあげたい。
伸ばしてあげたい。
その子たちを、今以上に輝かせてあげたい。


僕というフィルターを通して、子どもたちに楽になってもらいたい。


自分のがんばりたいところでがんばればいいんだって。
楽しいことを追求していいんだって。
自分を一番大切にしていいんだって。


そう感じてもらいたい。


そう思える子が、もっともっと増えてほしい。


だから私が
自分をなかなか認めてあげられない子と
たくさんたくさん出会っていきたい。


何一つ、否定しないよ。


あなたはあなたでいいんだ。


誰がなんと言おうと
あなたはあなたを大切にしていいんだ。


それができないのであれば
僕があなたを大切にするよ。


あなたが大切な人だって
僕が教えるよ。


そう、伝えていきたいんです。


それが
今の私の、思いです。

家庭教師〜かえる〜 鈴木大志さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス