雑誌『RUDO』表紙

テーマ:
どうも!


レジェンドになれなかった鈴木亮平です。


いやーアカデミー賞予想、肝心の作品賞を外してしまいました!


「バードマン」だったかぁ!


確かに、バードマンは熱がこもっていて、娯楽的で哲学的で挑戦的で、めちゃめちゃスタイリッシュで、僕としてもオススメの映画ですし、納得なんですけどねー。とにかく外したのが悔しいっ!


ただ!3部門中2つ当てたのは僕だけですからね!(笑)


そこは、


「一つ外したオトコ」よりも「二つ当てたオトコ」として皆さんの記憶に残りたい


そんな、今日の鈴木です。


そして、


来年も、


ぜひ挑戦させてもらいたい、


なぜならめちゃくちゃ楽しかったから


イエス、鈴木です。



ところで!


本日発売の雑誌『RUDO』4月号で、表紙を務めさせていただきました!



久しぶりにハードな感じです。ヤバイです。


撮影中、自分としてはその時抱えていたストレスや攻撃性みたいなものを、内側で爆発させてみたつもりです。


中身もハードで男っぽくて、めちゃめちゃかっこいい雑誌。


何より編集長の甘糟さんが男の中の男なんですよ。それについては、雑誌を読んでいただけるとビシビシ感じでもらえると思います(笑)


そんなRUDO4月号、ぜひチェックしてみてくださいねー!


ではでは、


また書きます!