スズキ建築設計ファミリーのブログ

スタッフ全員の日頃の出来事など


テーマ:

皆さん、「青森ヒバの抱き枕・まくら・クッション」を、販売開始しました。

 

*青森ヒバの抱き枕・まくら・クション

住まいづくり同様、一個一個、手作りです。

 

( 手作りで、製作した製品 )

 

なぜ、青森ヒバにこだわって、抱き枕やまくら、クッションになったかは、長~~~~い、国産材へのこだわりや、青森ヒバの特徴、効能等を、一読していただければ幸いです。

 

また、商品価格は、最後に記載してあります。

 

みなさん、近くの山々を見たり、散歩の途中などで木(樹)を見ても、住まいの中に使用されている木材を見ても、「木」ということで、木の種類「樹種」にまで、関心を持つ方は、少ないのではないでしょうか。

 

日本の国産材で、住宅に使用される木材というと、杉やヒノキが頭に思い浮かぶのではないでしょうか。

 

日本では、戦後、拡大造林として、杉やヒノキの植林が盛んに行われ、現在では、国産材だけで、日本の住宅建築が補えるだけの材積が蓄積され、年間の成長量だけでも、約9,000万立方になるといわれています。

9000万立方メートルと言われても、はっきり言ってどのくらいの量なのか想像が付きませんが、

 

木造在来工法の2階建て、30坪(約100㎡)程度の住宅での,土台・柱・梁等の構造材の使用量が、

延べ面積 30坪 * 0.4488m3/坪 = 13.4640m3

 

下地材などの羽柄材や、玄関框・内装枠材の木造・造作材の使用量が、

延べ面積 30坪 * 0.198m3/坪 = 5.9400m3

 

見積漏れや拾いきれない材などの補足材として、3~5%として、

(13.4640m3 + 5.9400m3 ) * 3% = 0.5820m3

 

合計:19.986m3/木造30坪住宅 となり、

 

30坪の木造住宅、約450万戸分の木材が、日本の木材の年間成長量になるのです。 

国土交通省の統計によると、2016年度の新築住宅着工数は、約967千戸で、木造軸組工法の住宅は、408千戸なので、国産材だけで、需要はまかなえるのです。

 

日本は、まさに森林資源の豊富な国なのです。

 

その森林資源を活かす生活や家づくりが大切なのです。

 

(拡大造林で植林された杉の人工林・みやざき杉)

 

この写真の山は、私たちの事務所が、杉生産、日本一を1991年から連続で続けている、宮崎県のスギ山ですが、見渡す限りの杉の人工林です。

(針葉樹だけの、単層林については、多様な動植物の生息が難しいので、広葉樹などとの多様種の植林が良いという議論は別の機会にしたいと思います。)

このように、先人たちの植林の努力が、再生産可能な木材資源の蓄積となっているのです。

 

私たちは、このみやざき杉を、産地直送方式により、木材特有の複雑な流通方式を採用せず、生産地から、伐採、加工、乾燥、構造材のプレカット加工、下地材等までを、流通マージンのカットはもちろん、人件費の地域差を生かして、オール国産材の住宅はもちろん、事務所、商業建築物等の非住宅も建築してきています。

 

一般的に、国産材住宅を作っているという多くの木造住宅建築業者や工務店の多くは、建物の構造材の柱をヒノキや柱は国産材だけであったりして、さらには、内装は、石膏ボード下地で、塩化ビニルクロスで、天井、内壁を仕上げ、床は、木目をプリントしたシート建材のフローリングが張り巡らされ、内装ドアやドア枠までもが、床と同じようなシート建材で、印刷された木目で「私の家は木のドアです。」と勘違いしている人たちが大半です。

 

かなり前の家づくりから、押し入れやクローゼットなどの収納部分も、見た目がきれいに見えるように、塩化ビニルクロスが張られている住まいが大半です。

 

そのため、塩化ビニルのサウナスーツのような巨大な容器の中で生活しているといっても過言でない状況が、住宅やマンションで発生し続けています。

 

そのため、住まいの香りが、新築の臭いと思っている、塩化ビニル臭、石油化学系の接着剤の臭いと思っている人たちが多いのです。

 

(化学物質による空気汚染による、人体への影響は、食べ物より大きく、1日に人間の体に入る物質で、一番多いのが、室内空気で、食べ物は、大人で、約1.3キログラム/人・日の量を食べますが、なんと、空気は、食べ物の約14倍もの重さの空気、18㎏/人・日も体内に取り込んでいるのです。

 

これからわかるように、いかに室内の空気汚染が人体に影響があるかがわかります。

 

詳しいことは、

あなた自身も、子供や家族も、ワックス掛けの後に体調不良になっていませんか。

で、室内の化学物質の影響について、記載していますので、興味のある方は、目を通して見てください。)
 
話を、本題に戻して、
 
「我が家は、木造住宅で、玄関扉を開けると、新築の臭いがします。」とか、「最近、リフォームをして、フローリングや、内装、室内ドアを木質調にしたため、木に癒される。」などという言葉を聞きますが、本来、本当の木の臭いを嗅いだことがないユーザーが多く、残念です。
 
残念なだけでなく、室内が、合成接着剤や内装建材からの、VOC(揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の略称)に、常時、汚染されるため、室内空気を吸い込むことで、肺から、直接、血管の中に取り込まれることで、浄化器官がないため、その影響は、食べ物より、影響が大きいとされています。
 
本物の木の臭いというと、日本人には、昔から、木造住宅というと、「ヒノキの香り」と、多くの木造住宅のファンが答えるように、「ヒノキの香り」にあこがれ、高級な温泉宿で体験した、「ヒノキぶろ」を忘れられず、リフォーム工事で本物の「ヒノキぶろ」を工事される方もおられます。
 
当事務所での施工例です。
 
(ヒノキぶろの工事例・浴槽から内装までをヒノキにこだわった例)
 
(ヒノキ内装の工事例・浴槽はTOTOのハーフユニットを採用し、内装をヒノキにこだわった例)
 
(青森ヒバの工事例・浴槽はTOTOのフォーロートを採用し、内装を青森ヒバにこだわった例)

 

木の香りの「いやし(鎮静)効果」については、多くの試験データが公表され、広く認知されているところですが、2006年3月の静岡県木材協同組合連合会の「木の香り生体反応試験」によると、ヒノキの精油の香りを嗅ぎながら音の区別をさせたところ、香りを嗅いでない時よりも、脳波の大きさが増え、集中力が上がったという、試験結果が報告されています。

 

すなわち、ヒノキの精油(ヒノキチーオールではない。)の臭いを嗅いで、勉強や仕事をすれば、効率が上がるといった効果が期待できると考えられるという報告がされています。

 

( 木の香りが脳の活動に与える影響・平成17年度・木の香り生体反応試験・静岡県木材協同組合連合会 )

 

皆さん、国産材のヒノキというと、どうしても、「ヒノキオール」が、頭に浮かんで来るかと思いますが、実は、国産材のヒノキには、まったく言っていいほど「ヒノキオール」は、含まれていないのです。

 

しかし多くの人は、国産のヒノキに「ヒノキオール」が含まれていると勘違いしている方が多いのです。

ある新聞で、国産材の桧のことについて記事がありましたが、その記事では、国産材の桧に「ヒノキオ-ル」が含まれていて、桧の臭いはそれによる臭いのような事が書いてあったのを見たので、間違った情報は困るので、もっと調べて書いてほしいと連絡をしたこともありました。

 

それではなぜ、国産のヒノキに含まれていないのに、「ヒノキオ-ル」というかと言うと、ヒノキチオールの名称は「タイワンヒノキ」から発見された事から由来するものである。

台湾には、台湾ヒノキの大径木の「台湾ヒノキ」があり、わざわざ日本の神社仏閣に使用するため、輸入してくることもおおいのです。

そして、ヒノキチオールの含有率の最も高いのが、国産材の「青森ヒバ」なのです。

 

現在では、住宅建築でも、木造建築でおおくの住宅が建てられていると言うことは知っていても、その「木造建築」の「木」が、輸入材か、国産材かとか、どんな樹種の木で建てられていることまでは,関心を持つ人は少なくなって来ているようです。

 

木材などに関心が無くなっていることは、大変残念なことです。

 

( ヒノキチオールを家中に、漂わせ、森林浴の気分を住まいで体験でるように、青森ヒバの6m材の自然丸太を、階段ホール部分に設置し、子供達の木登り用に設置した例 )

 

さて、「ヒノキオ-ル」を最も多く含んでいる「青森ヒバ」ですが、「青森」と冠に着いているように、青森県内に約80%存在蓄積し、特に、津軽半島や下北半島に多く自生しています。

 

(19861110・青森営林局広報・下北半島に、青森ヒバの森林や、製材関係の視察・見学)

 

青森ヒバ材というと、木材に詳しい建築業者は、「あぁ~あの、ロアリに強い木(シロアリ被害を最も受けにくい木)」と、すぐに、第一声は言います。

実は、ヒノキ科の樹木である、青森ひばの柚出成分には、「ヒノキチオ-ル」という抗菌力に優れた成分や香料が含まれており、菌だけに限らず、住まいにとって大敵である「シロアリ」を寄せ付けることのない殺虫効果もあるのです。

 

(住宅建築等に使用される木材等の白アリ被害比較)

 

だいぶ、前置きが長くなりましたが、今回、私どものOBのお客様から、青森ヒバの樹の香りを嗅ぐと、すごく気分が良くなるので、是非、青森ヒバの抱き枕を造ってほしいというご依頼からです。

 

実は、青森ヒバの樹の香り「ヒノキチオール」を嗅ぐと、精神安定効果 があるのです。

 

(青森ヒバ油による、ネズミのストレス実験装置)

 

(スギ材・ヒバ材の香りを嗅ぐと、リラックスした状態をつくる。)

 

このように、いろいろな実験でも証明されているように、「ヒノキチーオール」には、精神安定や、リラックス効果を私達に与えてくれるのです。

 

さらには、青森ひばの柚出成分の「ヒノキチオ-ル」は、抗菌力に優れた成分や香料が含まれているのです。

 

今回、試験的に、試作品を造り、モニターの方々に使用していただき、アンケートを採ったところ、「香りのよさにいやされます。使い始めの頃は、髪に香りが移るくらいのつよさにおどろきです。」とか、「抱き枕をつかってねていると、朝のめざめがいいようなかんじがしましたよ。」、

「持ち帰った日の車内が、かなりヒバの良い香りでした。寝具と共に、抱き枕を押入にしまったら、押入の中の布団の臭いなども消えていて驚きました。」

「安眠、いやしを期待していましたがそれ以上の効能も有り嬉しい驚きでした。」

などと言うモニターアンケートにご意見がありました。

 

ミニターアンケートの中にありました「安眠・癒やし」以外の消臭などの効果ですが、青森ヒバには、実験によると、60ppmの悪臭(アンモニヤ臭)を、90%以上消してしまった実験結果も報告されています。

消臭効果は、青森ヒバだけでなく、ヒノキ、トドマツ精油にもあります。

 

( ヒノキ、トドマツ、青森ヒバの精油などの、悪臭・VOCを消すテルペンの働きの効果 )

 

さらには、青森ヒバの精油には、抗菌力が強いため、カビや細菌を防いだり、押さえてくれル働きもあるのです。

 

(青森ヒバの抗菌力の試験)

上記の写真でわかるように、スギの木材片には白くカビが発生していますが、青森ヒバの木材には、まったく変化がありません。

 

そのため、「ヒバの精油はO157を抑える働きも」という記事も紹介しておきます。

 

( 中日新聞 森は語る ヒバの精油はO157 を抑える働きも・カビや細菌を防ぐ植物成分 )

 

このように、ご説明をしてくると、もちろん、国産材のスギや、ヒノキも私達、人間の生活する居住空間の住宅に最適な住宅建材・資材であり、これらを使用しないで家づくりをしないことは、ユーザーにとっては損ンだと言うことが気がついたと思います。

 

(スギの香りが嫌いであってもストレスは生じていない、これこそ他にない木材の優位性)

 

今までの説明より、スギ、ヒノキより、皆さんが余り知らない「青森ヒバ」という樹・木こ素晴らしいことが、いろいろなデータにより「香りやいやしもすごいのでススが、その他の効能もすごい」ことを感じ取っていただけたかと思います。

 

そこで、今回、長きにわたり、私達の国産材運動のファンでも有り、実際に建築、リフォーム工事のOB方から、「青森ヒバの抱き枕」を造ってほしいとの強い要望が有り、それでは、私どももチャレンジしてみようと言うことで、「青森ヒバ・抱き枕」の商品化に向けてスタートしました。

 

「青森ヒバの抱き枕」、「青森ヒバのまくら」、「青森ヒバのクション」と、3種類を製作・商品化しました。

 

しかし、青森ヒバ材は、大変、大変、貴重な木材なのです。

生産地は、日本の青森県だけなのです。

しかも、青森ヒバは、杉や桧のように、植林して育つ樹種ではなく、実生と言って、山の成木の実から自然に地面に落ちた種から自然発芽し,生育して生育捨て行くため、成木になるまでには、最低でも約80~100年のような歳月が掛かる樹木なのです。

特に、本州の北端・青森県の気候の厳しい環境で育つ木材なので、本当に、貴重なのです。

青森ヒバの森林は、世界でここだけなのです。

 

(20170516・夕刊読売新聞・青森ヒバ林復元へ本腰 )

 

世界で、「青森ヒバ」は、この、津軽半島、下北半島の、このところにしかないのです。

何度も言うように、貴重な木材なのです。

 

私達は、青森ヒバの樹の特性に注目し、国産材運動をしている建築士や木材関係者、建築御者の関係油脂の方々と、1986年に青森営林局にお世話になり、下北半島の青森ヒバ樹林を見学し、約32年前にご紹介いただいた林業・製材業者の方々と取引をしています。

 

そして、その貴重な、「青森ヒバ」の隅々まで使い切るために、この商品が企画されたのです。

 

*商品価格

*青森ヒバ・抱き枕    定価     販売開始キャンペーン価格

               8200円  ⇒   30%OFF

              (消費税別)    5800円+消費税

( 抱き枕 ) 長さ約110㎝ * 幅約21㎝ 

 

 

*青森ヒバ・まくら     定価     販売開始キャンペーン価格

               3800円  ⇒   27%OFF

               (消費税別)    2800円+消費税

( まくら・枕 ) 長さ約53㎝ * 幅約21㎝ 

*このまくらは、猫のデザインがかわいいので、イケアから、まくらを購入し、その中に、綿と青森ヒバの心材を入れ直したまくらです。

このデザインのまくらは、無くなり次第終了です。

 

*青森ヒバ・クッション  定価     販売開始キャンペーン価格

              5100円   ⇒   26%OFF

              (消費税別)    3800円+消費税

( クッション )  長さ約46㎝ * 幅約44㎝ 

 

★ご注意事項

*貴重な青森ヒバ材の端材や、おが屑等を、チップやスライス・おが屑等にして使用していますが、流通、加工量が少ないため、原料の入荷量が限られるため、各商品、毎月、各20個と数量を限らせていただきます。

事前に御承知下さいますようお願いいたします。

 

*貴重な木材なので、青森ヒバの原料の入庫状況により、在庫状況が変わりますので、必ず事前に、メール又は、電話等で、お問い合わせ下さい。

*商品の、布地の柄につきましては、生地在庫により異なります。

種類がある場合は、選択可能です。

 

*商品の価格は、消費税は、別途となっていますので、併せてお支払いをお願いいたします。

 

また、送料は、クロネコヤマト便を利用いたしますので、梱包及び、送料は地域ごとで異なりますので、ご注意下さい。

 

★抱き枕やクションなどの青森ひばの臭いが、月日の経過で、薄らいできた場合は、

別売りの,「青森ひば精油・アロマ」を,ご購入し、ジッパーを開き,内部の青森ひばのチィップやおが屑の入っている袋を取り出し、数滴垂らしてご使用下さい。

 

*「青森ひば精油・アロマ」

 

青森ひば精油・アロマのご購入は、

2016.08現在・価格

*メール・電話にてお問い合わせ下さい。

 

*****************************

 

参考・参照資料

*19861110・青森営林局広報・建築関係者がヒバの里を見学

*2003.11.20 新建ハウジング・新聞

*もくれんcom №15 2006.3.31 発行:静岡県木材協同組合連合会

*2012.10.04 木が人に与える効果の研究・静岡けん木れん資料

*20170516・夕刊読売新聞・青森ヒバ林復元へ本腰

**新設住宅着工戸数と床面積、木造率・資料:国土交通省総合政策局情報管理部建設調査統計課

*青森ヒバの超能力・青森ひば開発協同組合資料

*天然青森ひば・東北森林管理局青森分局資料

 

 

*ブログ関連するリンク先

 

宮崎スギのリンク先:山村・木材振興課みやざきスギ活用推進室

http://www.pref.miyazaki.lg.jp/miyazaki-sugi/

 

宮崎県産直住宅推進協議会:
http://miyazaki-sanchoku.com/
 

 

*関連ブログ

あなたの住まい、有害物質で汚染されていませんか?パート-01

http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/entry-12154157451.html

 

私たちは、なぜ、ビニル壁紙を使わないのか!・その3

http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/entry-11993639453.html

 

わたしたちの仕事は 「自然流」で家を造ること

http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/entry-12273363955.html

 

マンションリフォーム術!国産木材と自然素材で癒やし健康空間に!その1

http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/entry-12241967321.html

26年ぶりに、国産木材の自給率が26年ぶりに30%を上回る。しかし、造られる住宅は?

http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/entry-12186823726.html

 

心豊かで、勉強好きになる、子供部屋・空間を造る方法は?

http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/entry-12046157058.html

 

リフォームでコンクリートマンションが森のような健康空間に。!!

http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/entry-12071104070.html

 

 

株式会社スズキ建築設計事務所

取締役相談役 鈴木 明

©copyright

株式会社スズキ建築設計事務所のURL:

http://www.suzuki-naturaldesign.com/

株式会社スズキ建築設計事務所のブログ:

http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。