スズキ建築設計ファミリーのブログ

スタッフ全員の日頃の出来事など


テーマ:
住まいづくりための、接着剤について。

建築の施工に当たり、接着剤を全く使用しないで施工することは、例えば床に於いては、床鳴りや床の浮きを考えると無理であるように、どうしても使用せざるを得ません。

しかし、接着剤については、ホルムアルデヒドやVOC(揮発性有機化合物)等、人体に有害な物質を含んでいるものが多くあり、そういった点を知らないで使用すると、問題があります。

木工用接着剤から発生する化学物質は、
酢酸メチル、
酢酸ビニル、
酢酸エチル、
アセトアルデヒド、
エタノール、
イソプロピルアルコール  などがあります。

接着剤には、
ユリア樹脂系接着剤、
酢酸ビニル樹脂接着剤(エマルジョン型)、
フェノール樹脂接着剤、
エポキシ樹脂接着剤、
ゴム系接着剤(合成ゴム)などがあります。

ユリア樹脂系接着剤のアミノ系樹脂は、ホルムアルデヒドを発散します。

ホルムアルデヒドは、国際ガン研究機関(IARC)のグループ2Aの発ガン物質に指定されています。

急性毒性が強く、特に粘膜に対する刺激作用が強いため、劇物として扱われています。

人体影響として、0.1PPM程度から刺激臭が感じられ、4.0PPMで不快感、目鼻・のどの刺激、50PPMでは皮膚や肺に炎症ができ、100PPM以上で死亡すると言われています。

慢性的にも、皮膚ガン、肝臓ガン、前立腺ガン、膀胱ガン、脳腫瘍の発生のおそれのある物質です。

これらのことから、平成15年(2003年)7月1日から、「改正建築基準法に基づくシックハウス対策法」が施工され、ホルムアルデヒドの室内基準濃度の指針値を0.08ppm(100μg/m3)以下にするように指針値が設けられました。

国が指針値を設定したと言うことは、基準濃度がその値以下であれば安全かというと、そうではないことに気が付いて欲しいのです。

基準値を設けたと言うことは、安心と思われがちですが、一方、大事なことなのですが、逆に、0.08PPmの基準値以下で、室内のホルムアルデヒド等に反応してシックハウス症候群や化学物質過敏症に発症しても、基準値以下なので、救われないと言うことになってしまう事も出てくるのです。

要するに、基準値0.08PPm以下で発症するような、弱い人や過敏な人たちは切り捨てられたと言うことなのです。

室内に使用する建材も、ホルもアルデヒドの放散量の最も少ないF☆☆☆☆(フォースター)
建材を使用するように住宅建築業界もなってきましたが、放散量の調整に、接着剤にホルムキャッチャー剤を混入し、一時的に放散量を抑えたり、あるいは、放散量を均一化して放散するようにコントロールしているようです。

そのため、新築時は、ホルムアルデヒドの放散量は、少なかったのに、数年経過したら、ホルムキャッチャー剤が劣化して、放散量が増えて、ホルムアルデヒドの濃度が濃くなったとか、シックハウス症候群になってしまったと言うことなどを耳にします。

そのためにも、出来るだけ、石油化学系建材や、接着漬の新建材や、合板フローリング、塩化ビニルクロスなどの使用を少なくしたいものです。

しかし、現在、新築住宅の供給を大量にしている、パワービルダー(*1)の供給する新築住宅は、床、壁、天井、収納内部、建具、巾木や回り縁、住宅設備機器に至るまで、石油化学建材、塩化ビニル漬の建材で施工されており、一歩玄関を入ると、石油化学建材特有の臭いが鼻をツーンとさせます。

敏感な人は、5分と入って入れないと言います。

私、個人的には、「これじゃー、幼い子供や体の弱い方や、長時間住まいの中にいる人は、アレルギー疾患や、アトピー疾患、シックハウス症候群になってしまう。」と、このような住まいに入るたびに思います。

このような住宅を購入する一次取得者は、年齢的にも若いファミリーで、赤ちゃんや幼児、小学生などの小さなお子さんを、お持ちの家族が多いので、まして、母親と子供は住まいにいる時間が長いので、石油化学系建材から放散するVOC(揮発性有機化合物)に、長時間暴露、サラされるために、アレルギーやアトピーを発症してしまうのではないかと心配してしまいます。

実は、塩化ビニル系の建材を使っているのは、割とリーズナブルな住宅を供給しているパワービルダーだけでなく、大手ハウスメーカーから、マンション建設、分譲をしている企業の大半と言っていいでしょう。

良くユーザーの多くは、室内のフローリングや、室内ドア、家具などの木の木目を見て、「我が家は木の家です。」と思い込んでいる一般ユーザーの方がおりますが、本物の木が使われている住まいを探す方が難しいと言われるほど、塩ビシートや、オレフェンシートと言われる石油化学製品に、印刷されたイミティーション木質建材です。

これらのことを、事前に、勉強したり、気が付き、環境や健康に木を使い、防カビ剤などで、燻蒸処理されていない国産材や、無垢の素材、自然素材で家を造ろうと思う方少数派ですがおります。

しかし、せっかく、自然素材の国産材の内装無垢材や床板を使用しても、接着剤から有害なホルムアルデヒド等が発生し、室内の空気汚染をしたのでは意味がありません。

また、ウレタン系接着剤は、イソシアネート基というきわめて反応性に富んだ「基」を持っていて、それが色々な官能基と反応します。

イソシアネート化合物は、反応性が高いために、人体への影響が考えられます。

接着作業では、換気を良くして、体内への蒸気の吸入を減らすと共に、皮膚に付着した接着剤は、すぐに洗い落とす必要があります。

また、ゴム系接着剤(合成ゴム)の場合は、有機溶剤として、主にトリオールを使用します。
トリオールは、空気より重く、人体に有害なので、換気が大切です。

又引火性があり、火災の危険性もあります。

私どもに相談のあった例でも、大手ハウスメーカーや、フランチャイズのリフォーム業者から天然素材で健康的な素材であるということで、ポルトガル産の自然素材のコルクタイルを勧められ、リフォームをしたところ、そのご家庭の奥様が、めまいや体の不調を訴えられた例があります。
調査の結果、主な原因はゴム系の接着剤であるということが判明しました。

また、真っ白なタイルを床、壁に施工し、タイルなどの無機質なものでも、タイルを施工する接着剤が、石油化学系接着剤のため、数時間そこにいると体調不良になるなどと言うこともあるようです。

転勤族で、転勤のたびに、新築のマンションを賃貸で借りて住んでいたが、メゾネット型のマンションで、上階の寝室に寝ていたが、体調に異常を来し、北里大学病院で診察を受けたら、化学物質過敏症との診断を受け、どのような建材や塗料、接着剤などを使って、リフォームをしたら良いかなどの相談もあります。

これらは、室内に、有害なキシレン・ベンゼン・トルエン・ジクロルメタン等が、そして有機リ等も微量に室内に発生していたそうです。

この様に、接着剤にも様々な有害物質が含まれているので、せっかく天然木材を使用したり、無垢材の内装材やフローリング、石、タイルなどの無機質建材などを使用しても、接着剤までにも気を配り、できるだけ化学物質を遠ざけた住まいづくりに心掛けないと、『環境に配慮し、安全で健康でナチュラルな住まい』づくりも台無しになってしまいます。

そこで、NPO木の住まいを創る会と、株式会社スズキ建築設計事務所では、基本的に、接着剤は、天然樹脂をベースにした有害な揮発ガス等を発生しない、天然樹脂の天然接着剤の使用を義務づけています。

更に、使用する部位・用途により、天然接着剤にも幾つか種類があり、それぞれの用途に合った天然接着剤を使用しないと、意味が無くなってしまいます。

私たちが使用しているドイツ、アウロ社の商品を紹介します。


アウロ・商品の分類



なぜ、ドイツ、AURO(アウロ)の製品を使うのか?

1.100%天然原料 原料名を全て表示しています。
 AUROの商品は、下記の天然原料を使って生産しています。
 ・植物性油脂
 ・植物性溶剤
 ・天然色素
これらの原料名を全て容器に表示しています。

2.心安らぐ環境
 AUROの商品は、
 ・健康的な室内環境を生み出します。
 ・室内・屋外とも環境保護の面で時代の要求にぴったりマッチしています。
 ・生き生きとした色彩豊かな室内空間を演出します。
 ・施工後も、木材の呼吸を維持し、天然木の風合いを保ちます。

3.メーカーとしての社会的責任の自覚
 AUROの商品は、
 ・余剰となったものでも、堆肥として再利用可能で、環境への負荷がありません。
 ・産業廃棄物や、石油化学事故などによる環境破壊を引き起こしません。
 ・AUROは原料の栽培を特に重視しており、その栽培に農薬や化学肥料を使用していません。

4.幅広い施工適用範囲
 AUROの商品は、
 ・木材を自然な形で保護
 ・フローリングのワックス施工
 ・壁塗装
 ・コルク材やパーケットの接着
 ・鉄部の塗装
 ・床・家具などのメンテナンス‥その他たようとにご使用いただけます。

このように、石油化学系原料は一切使用しない、天然原料100%の塗料、接着剤なので、私たちはAURO製品を使用しています。

天然接着剤(木部用)№789・粉末状ミルクカゼイン接着剤などは、ピアノの接着剤として、使用されています。

ピアノなどの楽器は、使用年数が100年以上や数百年にわたるものもありますが、AUROの粉末状カゼイン接着剤・№789が使用されているのも、耐久性はもちろんのこと、演奏者は、子供、大人など様々な方が演奏するので、環境、健康に配慮し、天然素材100%の接着剤が良いと言う歴史の裏付けがあるから使用されているのかもしれません。

これらの、粉末状カゼイン接着剤・№789は、ある日本のピアノメーカーに、私どもが納入いたしておりますが、但し、特別、受注生産品です。

AURO・粉末状カゼイン接着剤・№789

粉末状カゼイン接着剤・№789は、受注生産のため、ご依頼から、約30~40日程度の納期が必要です。

私どもの建築は、日本の山を元気にするために国産材にこだわり、自然素材、天然素材にこだわった建築をしていますが、接着剤までこだわっています。

私どもが、国産材の間伐材のヒノキ集成材で造る,家具や間接照明などの器具は全て、天然接着剤を使用して造っているのです。

環境に配慮していると言うことの一つが、廃棄処理するときに、「土に還る」と言うことです。
自然に戻ると言うことは、地球を汚さないと言うことなのです。

*1:パワービルダー:一般には住宅一次取得者層をターゲットにした床面積30坪程度の土地付き一戸建住宅を2,000~4,000万円程度の価格で分譲する建売住宅業者を指している和製英語である。(参照:Wikipediaより)


株式会社スズキ建築設計事務所
取締役相談役 鈴木 明

©copyright

株式会社スズキ建築設計事務所のURL: http://www.suzuki-naturaldesign.com/

株式会社スズキ建築設計事務所のブログ: http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
マンションにお住まいの方は、玄関の鍵一つで、気軽に生活でき、庭の手入れや草取りもしなくて、楽です。と、マンション派の人たちは言います。

今回、当事務所にマンションのリフォームをご依頼された方も、前述したように、年取ったら、鍵一個で楽ということで、中古のマンションを購入し、ご夫婦で住むことにしました。

戸建て住宅に、お住まいしてきたことが永いご主人は、私どもの事務所にたびたび来て、「オレは歳とったら、木の内装の家に住みたいんだナー。」と、つねづね言っていましたが、今回、マンションを購入したので、リビング、ダイニングと寝室は、木の臭いのする良い空気を吸いたいと言うことで、リフォームを依頼されました。

もちろん、中古のマンションは、販売業者は、オールビニルクロスで、見かけをキレイにするため、クロスの張替という、リフォーム工事はしてあります。

しかし、それが防カビ剤入のクロス用接着剤で、環境ホルモンと言われる可塑剤の入ったビニルクロスで、内壁、天井が包まれるのです。

まるで、巨大なビニル袋をかぶって生活していると同じことなのです。

日本の大半の人たちは、これが普通と思っているから怖いのです。

何が怖いって、調湿能力がない建材で造るため、壁表面に結露が発生し、黒カビが発生し、カビをえさにするダニも発生し浮遊し、塩化ビニル壁紙や建材からは、環境ホルモンと言われる可塑剤が、室内に揮発し、室内空気を汚染し、生殖へ悪影響を静かに与えていくのです。

*マンションで、ビニルクロスに黒カビが発生している部屋の一例。
(今回リフォームしたマンションではありません。)
マンションの黒カビ



マンションなどの壁に発生しているカビ菌は、ぜんそく、湿疹、皮膚病、体調異常などの原因と大きな関係があります。

よく、国が認めている建材で、フォースター(F☆☆☆☆)基準の建材を使っているので、大丈夫と言いますが、それはホルムアルデヒド(ホルマリンはホルムアルデヒドの40%の水溶液)だけを、コントロールしているだけです。

この辺のところは、機会がありましたら、ブログにアップします。

話を戻して、コンクリートで、ビニールクロスで、内装された室内空間では,生活したくないと言う、施主の希望を叶えるべく、リフォームの実例をご紹介します。

リフォーム前は、もちろん、塩化ビニール壁紙で,包み込まれた、白い空間です。

この部屋で、調湿機能のある建材は,何一つ使われておりません。

自然を感じるものは,何もありません。

さて、どんな空間かというと、

Before
リビング全景

Before・リビング

このような、塩化ビニルクロスで包まれた空間では、サウナスーツを着て,生活しているようなものです。

また、塩化ビニルクロスから、環境ホルモンの可塑剤が,長期にわたって、空気汚染をしているのです。

可塑剤の怖さは、50メートルプールに,目薬一滴の濃度で、人体に影響があるのです。
その影響は、生殖異常や、奇形の問題です。
疑わしき建材や素材は出来るだけ排除するという姿勢が必要です。


After
リビング全景

After・全景


産地の明確な国産材の杉板 厚さ12㎜ の無垢板を、床高12センチメートルの高さまで、横張りで、張っています。

塗装は、トルエンやキシレン、その他の化学物質のことがあるので、石油由来の塗料は使用せず、ドイツ、アウロ社の自然塗料を、杉板の表面に塗装をしています。

杉板によく石油化学系のニスや、ウレタン系の塗料を塗装する方がおりますが、木部の表面に塗膜を作る塗料を塗ってしまうと、木材の持つ調湿機能が、塗膜のため調湿機能が失われてしまうのです。

ドイツのアウロの自然塗料は、石油化学物質をまったく使用しないで、自然由来の素材だけで、作られており、もちろん、人体だけでなく、自然環境にも負担がかからない塗料で、木材の表面に、塗膜を作らない含浸性塗料なので、木材の吸湿機能を損ないません。



After
ダイニング・リビング

ダイニング・キッチン

国産材の杉の無垢板を張る場合は、杉の胴縁を下地材として、取り付けた上で、椋の杉板を施工します。
下地を取り付けないで、杉板を張ることは出来ません。

一般的に、マンションの場合は、少しグレードの高いマンションでも、中質繊維板(MDFと呼ばれています)に、木目を印刷したシートを表面張った幅木か、ソフト幅木と言われる塩ビ幅木が使用されますが、私どもは基本的に、国産材の杉やヒノキの無垢材の幅木です。

このように、国産材の杉などの木材を張ることで、健康や環境、また、廃棄するときは、自然に還る循環型資材を使い、住まいの室内環境にも貢献しますが、住まい手の方も、これらの木材を見て、日本の自然や山を思うことが出来れば最高ですね。。


Before
寝室
寝室・クローゼット

寝室は、私たちの人生の3分の一を過ごす空間です。

その空間が、呼吸しない建材で、石油化学物質の塩化ビニルクロスのような空間で、過ごさなければならないとなったらどうでしょう。

寝室はリラックス出来、緊張をほぐし、休息し、平穏さを求める空間です。

照明も、まぶしすぎて、明るすぎても以下ません。

色温度の高い白色蛍光灯は、リラックスするのには向いていません。
また、目に直接はいるグレアもよくありません。

今回のリフォームでは、リビング、寝室、ローカの照明も、ヒノキの間伐材の台形集成材を活用した、オリジナルのLEDの間接照明器具を取り付けました。




After
寝室

寝室

寝室に使用される木材は、心の安定と身体のリラクゼーションを造だし素材です。
木材の持つ、自然の木目は、1/fの揺らぎと同じように、心を落ち着かせます。

また、木材の持つ調湿機能は、室内を乾燥しすぎたり、湿度が高い時には、その機能を発揮し、さらには、木造校舎の調査でも,情緒が案手するというのです。(*1)

また、人とマウスは異なりますが、コンクリートの飼育ケージと木製桧ゲージでの生存率を実験した結果、コンクリートのゲージでの,生存率は極端に悪いのです。(*1)

コンクリート製ゲージに床材料で改善を行った場合、杉>ひのき>クッションフロアー>とそうごうばん>コンクリート>アルミとなって、杉やヒノキが居住性が良いことが良いことが言えているようです。

国産材の杉板からは、木材の香りのαーピネンなどのテルペン化合物を放出します。

よく皆さんが、「木の臭いがスルーよ。」と言う,木の臭いです。

実は、αーピネンを揮散させた部屋で、睡眠を取ると、臭いのない部屋の場合に比べ、疲労の軽減を意味するフリッカー値の減少と、疲労に対する自覚症状訴え率の減少が監察されることが報告されているのです。(*2)
翌日の作業時のミスも減少するというのです。

これらは、樹木のにおいが、ストレスを解きほぐし、くつろぎをもたらすのです。

このように、寝室に、杉板などの森林資源の木材で、温も理の眠りの空間は、現代のストレス社会で頑張っている人たちにぴったりです。


After
照明
ヒノキ間接照明

寝室の照明は、少し暗めの感じが良く、10~30ルクス(*3)程度です。
ベッドに入ったときに、直接光りが入らない輝度の低い間接型照明が良いのです。
間接照明の灯具は、ヒノキに間伐材の集成材で、長さ3.6m、LED内蔵の、バランスタイプの照明をオリジナルで作製し設置しました。


最後に、この2室の国産材のリフォームで、どれだけの国産材を使用し、国産材の需要拡大に貢献し、日本の山に、貢献し、CO2・二酸化炭素の削減等に貢献したのでしょうか。
都会に、何立方の国産材の森を、CO2・二酸化炭素を固定したのか。

*柱材・下地用木材等      0.571 m3
*リビング・ダイニング・杉板  0.413 m3
*寝室 ヒノキ羽目板      0.113 m3
*寝室 杉板          0.263 m3
*照明器具用ヒノキ台形集成材  0.027 m3
*合計             1.387 m3 → 約1.40 m3

と、なります。

この約1.40m3の国産材を使った、CO2削減・環境浄化・貢献度

木材の絶乾比重 0.4 の木材重さ。

国産木材総使用量×絶乾比重 555 ㎏ 0.55 トン

木材の炭素量 木材の組成→炭素(C)約50% 酸素(O2)約44% 水素約6%

絶乾比重時の重量×炭素割合 277 ㎏ 0.28 トン

炭素に同化された二酸化炭素(CO2) の量

炭素(C)1モル=12、酸素(O2)1モル=16とした時、

二酸化炭素(CO2)の質量は12+16×2=44

炭素とC02の質量比は、12:44  

∴12㌘の炭素は、44㌘のCO2が同化(合成反応)してできている

277 ㎏の炭素(C)は、1,017㎏の二酸化炭素(CO2)から作られた

CO2が含まれる空気の体積

空気の組成→窒素(N2)78.05% 酸素(O2)20.95% 二酸化炭素(CO2)0.03% その他 0.97%

1気圧の空気1㎥中に、二酸化炭素(CO2)は約0.6㌘含まれる

1,695,222 立方㍍の空気から、つくられたことになります。

※1【モル】…モルは0.012㎏の炭素12中に存在する原子に等しい数の構成要素を含む系の物質の量である。
(炭素12とは炭素の同位体で原子量12のもの)

東京ドーム何個分の空気の浄化?

【※東京ドームの空気の容量= 1,240,000 ㎥】 なので、1.4 個分のに相当する。

国産材を、伐採して、木材として、利用したなら、植林することで、資源が成長し、空気を浄化し、都会のコンクリートの中に、CO2・二酸化炭素を固定化し、都会に森を造り、そこに生活する人を健康にするのです。

コンクリートマンションの内装に、国産材をどんどん使っていきましょう。

マンションの内装に、国産材を使用したリフォームをするには、経験やノウハウが大事です。

もちろん、当事務所に、お任せください。


参考文献
*1:木材は、環境と健康を守る。有馬孝禮 編著 産調出版
*2:無限に広がるフィトンチッドの効用 森林総合研究所森林化学科長 矢田貝光克
*3:ルクス(Lx)照度の単位で、単位面積当りの光りの量(光束)のこと。その場所の明るさを現わす。


株式会社スズキ建築設計事務所
取締役相談役 鈴木 明

©copyright

株式会社スズキ建築設計事務所のURL: http://www.suzuki-naturaldesign.com/

株式会社スズキ建築設計事務所のブログ: http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近、中古のマンションを購入して、リノベーションやリフォームをして、通勤や住環境の良い条件のところに住む方が多いようで、当事務所でも、多くのマンションのデザインから、施工まで一貫して工事を行っています。

特に、国産材を豊富に使い、自然素材のシラス左官材やシックイ、自然素材の和紙壁紙、木材からの壁紙、ドイツ製の自然素材塗料などを使用して、環境はもとより、住む人の健康を願って、デザインから施工までを、責任施工で行うので、完成したときに、空気が違うとよく言われます。

また、長くおつきあいをしている産廃業者のお偉いさんからは、ハウスメーカーや一般の大手建設会社の産業廃棄物と異なり、産廃収集用の袋の中の臭いが、良い臭いがすると言われます。

マンションの内装については、お施主様の希望に、答えられるのですが、マンション全体でのガスの供給容量や、電気の引込容量については、マンションの管理組合で、書類で決めている場合やもし送りの口頭による呼びかけによる場合もあります。

古いマンションは、各世帯にもともと取り付けられていたガス給湯器が、10号(*1給湯器の号の意味)の給湯器が取り付けられていたので、更に、能力の高い給湯器に取付を希望する方が大半です。

現在では、戸建て住宅の限らずマンション世帯でも、給湯装置を外部に取り付ける例が多いようです。

特に、冬期のお湯の同時使用が多くなり、ほとんどの世帯で、「24号」の給湯器を希望しているのが現状のようです。

しかし、古いマンションや低層、中層、高槽の旧公団(現在のUR都市整備機構)マンションなども、都市ガスを供給しているガス会社から、マンションへの本管の接続、供給能力から、ガス消費量が、1時間当り3万キロカロリー以下のガス給湯器にするように呼びかけられているマンションが多く存在します。

これ以上の大きな能力のガス給湯器への取替が相次いだ場合は、「出不良」になる恐れがあるからです。

このようなマンションで、わが家の1世帯ぐらい、大きくしてもわからないし、大丈夫と言ったことを、我々施工業者に行ってくる方も少なからずいるのですが、ばれたときの住民としての信用をなくす恐れが大きいので我慢すべきです。

一般的に、1時間当りのガス消費量、3万キロカロリー以下の給湯専用機は、16号以下になります。


マンション・ガス消費量の確認



そんなときは、電気によるエコ給湯にすればと言う案も出てきますが、後で、電気の供給についても、電力供給能力の制限があります。

ガス給湯器の設置場所は、昔のように、洗面所などの室内にガス給湯器を設けることは少な
く、取替にあたって、給湯器をベランダなどの外部に設置することが多く、この場合には、外装の模様替えなどの申請が必要なマンションの管理組合もあります。

また、ガスと給水、給湯の配管が必要なので、外壁部分にダイヤモンドホルソーなどで、外壁貫通の穴開けなどの問題が出ます。
外壁は、もちろん、共有部分で有り、鉄筋の切断の問題もあるので、管理組合の取り決めに従い、対策を立てることです。
外壁に穴を開けることが、基本的にNGで、既存の換気用や、エアコン空調用の穴を利用する場合もあります。

エアコンを他の部屋に増設する場合なども、外壁には穴を開けることは、NGなので、エアコン用の冷媒管及びドレイン管を、一つの穴に、通す場合もあります。

エアコン壁貫通2台分
                 
                         

戸建て住宅と異なり、外壁などの共用部分に勝手に貫通穴を開けられないので、設備の追加設置は、専門業者も交えて検討しなければならないこともあります。
 
                  (エアコン用の冷媒管・ドレイン管の配管工事中)

一方、ガスと同じように、電気容量についても、マンション全体に対する受変電設備の設備容量が有り、管理組合の規定で、限度アンペア容量40Aとか、50Aとか管理組合規定で、取り決めをしています。

また、容量をアップしても、分電盤、回路、専用回路、配線等のこともあるので、将来の計画なども踏まえて、計画時には、事前にご相談ください。

このように、マンションなどの集合住宅の場合は、全体の建物の中の、1世帯なので、自分の世帯だけを、大きな容量の設備機器などに出来ない場合もあるので、事前の相談が必要です。

マンションリフォームの場合での、住宅設備機器、とくに、ガス給湯器や大容量の電気設備機器や、外部に室外機を設置する場合などは、注意が必要です。


*1:ガス給湯器の「号」について。
ガス給湯器の能力は「号」で呼んでいます。これは、ある水温の水1リットルを1分間に25度上昇させられる能力のことで、16号と言えば、1分間に16リットルの水を25度上昇させる能力があるわけです。

株式会社スズキ建築設計事務所
取締役相談役 鈴木 明

©copyright

株式会社スズキ建築設計事務所のURL: http://www.suzuki-naturaldesign.com/

株式会社スズキ建築設計事務所のブログ: http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
住まい造りは、建築主の思いもこだわりも多く、特に、インターネットによる検索により気に入った者を発見したり、さらには、海外生活経験者も多く、より個性的な家づくりを目指して、お客様は、設計計画中から、ネットで発見した建材や、機器などを自ら提案してくることも多くなってきています。

また、WEBサイトでは、建材や住宅設備機器、照明器具などはもちろん、最近では、ユニットバスのような組み立て工事が関連する設備機器までがネットで取引されています。


どなたでも、より安く、経済的にも、少しでも安くなればと思う気持ちは理解できますが、建築の場合は、多くの部品を組み立てていく作業ですので、下地の必要性や、柱や梁などの構造部材が、邪魔になって、取付かなかったり、電気や給水、排水管が必要になったり、カーテンの取付けが難しくなったりと、全体的なことや他の部材や、部品、機器などとの取合いなども調整をしないと取付かないこともあります。

インターネットで、簡単にしかも安く購入できたと思っても、ネットでは、付属部品を別売としていることも多いのです。

海外で良いものを見つけたので、取付け手ほしいと思っても、日本での規格サイズや、電源の電圧なども異なることも多いのです。

建替えの場合や、移転の場合で、実家や取り壊す英の既存のものがまだ使えるからとか、建材メーカーに勤務しているので、勤務先から優待価格で購入できるので、自社製品を支給したいとか、古いものが好きだから、こだわりがあるから‥等々と、それなりの思いがあり、次の家へ、取付けて欲しい思いもわかります。

このような希望がある場合は、自分の家づくりへの希望を記入する,当事務所であれば、「住まいの設計調書」*1などの、希望欄に、事前に記載しておくことで、計画に組み込んで行くことが出来ます。

しかし、計画の段階から、十分な打合せをしておかないと、トラブルになることもあります。

打合せ不足からのトラブルもありますが、支給品の情報不足からのこともあります。

また、メンテナンスや、商品の不良による責任範囲のこともあります。

思いもよらないことも、工事には発生することもあります。

特に、ネット社会になり、価格だけを比較するサイトなどで高い、安いだけを判断することも多く、さらに、ネット販売する業者は、在庫を持たず、売りっきりのため、そして、メンテやクレームはメーカーにと言う姿勢で、安く売っていると言言う業者がすくなくありません。


テレビや冷蔵庫のように、梱包を開封して、設置して終わりという電化製品はそれでも良いのかもしれませんが、工事が伴い、下地、取合いなど、他の工事と関連性のあるものは、事前の対策が必要です。

そこで、私ども、株式会社スズキ建築設計事務所では支給品に関する注意事項と、対応について、建築主の方で、支給材を考えている方に、失敗や、相互不信を招かないように、申し述べておきますのでよろしくお願いいたします。

1.配送、荷受け等に関して。

建築主の方は、支給品の現場への配送条件を確認してください。

建築資材や、住宅設備は大きく、重量のあるものが多いため、配送条件が、車上渡しや、軒先渡しの場合、荷受け、搬入にかする費用、2階に上げる場合は、レッカー等の手配、費用、梱包材の処置費用などが発生します。

内装材などで、1枚は人力で運べるのですが、量が多い場合は、結束バンドで大きな梱包単位にまとめて配送しますので、ユニック等が必要の場合があります。

WEBサイトでは、別途費用で配送しますと記載されていますが、特に重量物などの場合は、車上渡しや、軒先渡しの場合があります。

これらのことは、素人の方の建築主で、理解している方は少ないと思います。

車上渡しとは、まさに、トラックが工事現場の前に駐車し、荷下ろしには、ユニック車やレッカーなどをお客様が用意し、荷下ろしをしなければならないことです。

困って、すぐにレッカーを手配出来ないかと相談されても、すぐには無理なのです。

次に、軒先渡しとは、運搬車両から荷降ろして、室内には建材や機器を搬入しないということです。

このように、建材や住宅設備機器などの配送にも、注意が必要です。

室内への搬入に関しても、人工が発生します。


また、運送業者の中には、搬入時に枠や、壁に建材を当ててキズを付けたり、重量物を引きずり搬入し、床にキズを付けてしまうことがあります。

建築主の方は、支給される建材や住宅設備機器等により、購入先と十分に打合せが必要です。

*車上渡しの見積の例

車上渡しの見積例02


*見積書上は、安いと思っても、ユニック車やレッカー車を手配しなければならないと、その費用も含めて、考える必要があります。

2.下地、電源、給水、排水に関して。

床材や壁材、天井材などの建材、そして、照明器具、住宅設備機器等も、どこかに固定しなければならないものが大半です。

家具のように、床に置くだけのものは少ないので、下地が必要なことが多いのです。

床材などでも、下地の間隔や接着剤の有無など、壁材、天井材についても同じです。

家具などで、壁に取り付ける場合は、家具や機器の重量などによっては、壁部分に下地補強するだけでなく、柱や梁などからボルトを貫通させて、それらの機器や設備を取り付ける仕様になっている場合、構造の段階からや替え壁などを張る前に取り付けなければならないかも検討が必要です。

タイルや石材などを、内壁に張る場合も、事前にどのような施工方法を行うのか、事前の相談が必要です。

工事が進行した段階では、採用が出来ない場合も多いのです。

電源を必要な住宅設備や機器を、お施主様が機器の支給をされる場合は、電圧、周波数、電気容量も事前に相談が必要です。

電気容量によっては、専用回路にしなければならない場合もあり、専用回路にすることで、分電盤の回路数が足らなくなるときもあります。

あと、支給材ではないのですが、完成後に、大きな本棚や重量物の置物を新築後、2階などに搬入する予定がある場合は、事前に搬入する部屋や置く場所を事前に相談しておく必要があります。

2階は、柱や梁の架構のこともあり、最悪の場合は、梁が想定外の重量で下がり、階下の建具の開閉がきつくなることもあります。

<その1>は、ここまでとします。

<その2>は、

3.納まりや仕上がりについて。

4.故障、メンテナンスについて。

5.歩留まり、不足材について。

6.搬送中のキズ、保管、管理に関して。

7.廃棄物、梱包材等の処理について。


*1:当事務所の「住まいの設計調書」については、機会がありましたときに、ご紹介します。
家族が次の家への希望などを、家族全員で記入していくカルテのようなものです。

株式会社スズキ建築設計事務所
取締役相談役 鈴木 明

©copyright

株式会社スズキ建築設計事務所のURL:http://www.suzuki-naturaldesign.com/

株式会社スズキ建築設計事務所のブログ:http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。