スズキ建築設計ファミリーのブログ

スタッフ全員の日頃の出来事など


テーマ:
前回は、住宅建築で、小規模な建築物と言われる住宅でも、基礎工事の生コンクリート打設時に、スランプ測定、空気量測定、塩化物イオン濃度測定、圧縮強度試験について、しっかりと行うことが、建築工事を依頼して頂いたお客様への信頼の応え方です。

前回では、各測定の必要性を述べましたが、どのように、現場から報告され、確認する個所はどこをチェックすれば良いのでしょうか。

試験調査会社から、現場名の黒板を掲示して、スランプ測定、空気測定、塩化物イオン濃度測定、圧縮試験用のテストピースを並べて、記録写真として撮影した写真が報告されます。

フレッシュコン・検査写真




生コンクリート打設当日に、採取して、スランプ試験、空気測定、塩化物イオン濃度測定された、フレッシュコン・検査記録チェックが下記のチェックリストです。


前回の再確認をすると、

生コンクリートのスランプ値は、一般的に、15~18㎝の範囲。

コンクリートの空気量は、普通コンクリートで、4.5±1.5%が適正値。

生コンクリートの塩化物含有量は、原則として、0.3㎏/m3以下の規制値。

です。

チェックしてみよう。

フレッシュコン・検査記録チェックの仕方


このように、コンクリート試験の検査員は、各項目を検査、確認チェックし、大丈夫と確認すると、生コン車から、待機しているコンクリートポンプ車に生コンクリートが流し込まれ、コンクリート打設が開始されます。

次の表は、コンクリートの塩化物濃度の測定報告書です。

前回も記載しましたが、コンクリートの塩化物含有量は、原則として、0.30㎏/m3以下です。

塩化物量検査表


株式会社スズキ建築設計事務所
取締役相談役 鈴木 明
©copyright

株式会社スズキ建築設計事務所のURL: http://www.suzuki-naturaldesign.com/

株式会社スズキ建築設計事務所のブログ: http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/
































コンクリートの圧縮試験は、生コンクリート採取後、1週間後に、1週強度試験が行われます。
その試験結果の表が、この表です。


コンクリート圧縮試験・1週












そして、4週間(28日)後に、コンクリート最終強度の圧縮試験を行います。
その結果が、このコンクリート圧縮強度試験成績表です。
この成績表で、構造設計、コンクリート強度に達していないときは、基礎工事のやり直しになりますので、大変重要な試験成績表です。




コンクリート圧縮試験・4週



























*参考
型枠の存置期間の目安
(普通コンクリートの場合)
 平均気温:15℃ → 3日
 平均気温:5℃  → 5日
 平均気温:0℃  → 8日


このように、大変重要な、生コンクリートの試験なのですが、多くの建築業者や、工務店の中には、住宅は、小規模建築と言うことで、生コンクリートの試験を省略していることが多いようです。

検査や試験は、自分たちの工事の信頼と自信の裏付けとなるものです。



株式会社スズキ建築設計事務所
取締役相談役 鈴木 明
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
木造住宅は、小規模な建築物な建築物とあなどって、コンクリートの試験を行わない建築業者もいるようですが、試験を行い報告をすると言うことは、信頼の証なのです。

ベタ基礎の場合は、一体打設を行わない場合は、基礎底版部と立上がり布部分の2回のコンクリート打設になります。

コンクリート打設を行う日は、天気予報を確認し、雨なら当然、中止です。

基礎業者や、コンクリートポンプ業者、生コン業者共、天気予報には敏感です。

コンクリート打設当日は、早めに、基礎業者の担当者は、型枠、鉄筋等をチェックし、コンクリートポンプ車も早めに来て、設置完了の状態です。


コンクリート試験車待機

コンクリート試験依頼先の担当者も、生コンクリート車の1台目からの採取なので、早めに来てスタンバイしています。




1台目の生コン車が来たら、試験用に使うため、手押し一輪車(ネコ)に生コンを採取します。


コンクリート採取


この採取した生コンで、スランプ試験、空気量測定、塩化物の試験に使用します。また、コンクリートの1週、4週強度試験用のテストピースを、各3個分で、計6個を採取します。



採取生コンを各試験体に


まず、スランプ試験は、生コンクリートの流動性を検査します。
台形型のスランプコーンと呼ばれる容器に、生コンクリートを入れ、突き棒で、指定回数突いて、スランプコーンを垂直に抜き取り、コンクリートが下がった距離が、スランプ値です。

流動性が高いコンクリートは、コンクリート打設時に作業がしやすいのですが、軟らかすぎるとコンクリートから余剰水が残り、ひび割れが発生しやすくなります。
余剰水が、蒸発すると、コンクリートが収縮し、ヘアクラックや構造クラックのひび割れの原因となります。
コンクリートが硬ければ、流動性が低くなるので、型枠内の隅々まで、コンクリートを行き渡らせるには、バイブレーターを掛けて行い、基礎業者の力量が問われます。

各試験


コンクリートが軟らかい方が作業をしやすいので、現場で水を足したり、生コン車の運転者が下垂したりすることがありますが、これには、現場担当者は、厳重に注意をして、「シャブコン」と言われるようなコンクリートにしてはなりません。

スランプ値は、一般的に15~18㎝の範囲で、施工するようになっています。

次に、空気量測定です。
空気量測定は、生コンクリートに含まれる空気の量を測定します。
空気の量が多いほどコンクリートの圧縮強度に影響します。

日本工業規格 では、普通コンクリートでは、「4.5±1.5%」が、適正値とされています。

そして、塩化物イオン濃度測定です。
これは、コンクリートに含まれる塩化イオン(塩分)濃度を測定し、鉄筋のさびの発生のしやすさ(発錆度)を測定します。

塩化イオン(塩分)濃度が高い程、基礎の鉄筋が錆びやすくなります。
骨材として、川砂でなく、海砂などを使用しているときは、十分に注意が必要です。

測定は、カンタブと言われる試験紙か、生コン塩分濃度計を採取した、生コンクリートの中に挿入して測定します。

生コンクリートの塩化物含有量は、原則として、0.30kg/m3以下を規制値となっています。

最後に、圧縮強度試験用のテストピースの採取です。

1週、4週の圧縮強度用として、各3個で、計6個採取しておきます。

コンクリートは時間経過と共に、硬化していき強度が出てきます。
そのため、1週、4週間、経過毎に、テストピースを、コンクリート圧縮試験器に掛けて、圧縮したときの強度を測定します。

最終強度は、4週間(28日)経過した時点の強度が、最終強度になります。

その強度は、設計強度として、設計図書に記載してあります。
4週間経過した、テストピースでの圧縮強度試験で、それ以上の強度が出ていなければなりません。

圧縮強度の数値が出ていなかったら、基礎工事からのやり直しになります。

基礎立上がり部生コン打設


そのようなことにならないよう、信頼のおける基礎工事業者をパートナーとしています。



私どもでは、「荷重が軽い木造住宅だから‥」とか、「小規模な建築の場合は不要‥」、「木造戸建て住宅の場合はいいや」とか、と言う、考えを捨て去り、信頼の証として、お客様が一生涯住む家の基礎から確実に造り上げるために実施しています。

まとめ

スランプ値は、一般的に15~18㎝の範囲で、施工

コンクリートの空気量は、普通コンクリートでは、「4.5±1.5%」が、適正値

生コンクリートの塩化物含有量は、原則として、0.30kg/m3以下を規制値

コンクリートの4週の圧縮強度は、
住宅基礎用コンクリートの基準は日本建築学会JASS5では、
・基礎設計に用いる強度(設計基準強度)は、18N/mm2 と規定されています。

4週間後の、最終強度試験で、設計強度を下回ることが無いように、実際には、設計強度以上の呼び強度の生コンクリートを注文します。

コンクリート打設時の現場担当者の、その他注意としては、
 前面道路の交通整理の状況や、生コン打設終了後のコンクリートミキサー車の水洗いが近隣、周囲に迷惑を掛けないように気配りすることも大事です。


株式会社スズキ建築設計事務所
取締役相談役 鈴木 明
©copyright

株式会社スズキ建築設計事務所のURL: http://www.suzuki-naturaldesign.com/

株式会社スズキ建築設計事務所のブログ: http://ameblo.jp/suzuki-naturaldesign/




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
一般のユーザー様から、次のような問い合わせがありました。

築30年の住宅ですが、建物に断熱材が入っていません。
外部からの夜間騒音が増えたために、その対策も兼ねて、断熱も出来るように、外壁にサイディング工事を行い、また、居間と寝室の窓に、内窓を設置したい。
その場合、どの程度の防音効果、断熱効果が得られるのか、教えてほしい。

このような質問がありましたので、簡単に、一般的に良く、私どもで使われている、サイディングメーカーと、内窓メーカーのデーターを比較します。

住宅用の、外壁サイディングも、窯業系サイディング、金属系サイディング、軽量気泡コンクリート版(ALC系)と、様々有り、それらの断熱、防音性能比較を、それぞれのメーカーのカタログからの抜粋データを記載します。

まず始めに、建材別・外壁リフォーム工事による断熱・防音性能の向上比較。


建材別・外壁R工事による断熱・防音性能の工場比較






*1 熱抵抗値は、熱の伝わりにくさを現わす。
熱抵抗値(㎡・K/W)と、熱貫流率(W/m・K)の関係
熱貫流率:U(W/㎡・K)=1/熱抵抗値:K(㎡・K/W)
熱抵抗値:R=厚さ:d(m)÷熱伝導率:λ(W/m・K)

*2 透過損失:どのくらい音を遮るかを表す量。
音のエネルギーEiが、材料に入射したとき、入射エネルギーEiに対する背面に透過して    いくエネルギーEtの比を透過率τという。     透過率τ=Et/Ei
この透過率τとの逆数をdB表示したものが透過損失。
透過損失TL=10log101/τ(dB)

内窓R工事による、断熱・防音性能向上の比較


*注意:一般的に、500Hz前後の中音域の音の減衰率が大きいので、カタログなどは、その音域での表示が多い。低音域や高音域での減衰率は小さいので、注意が必要です。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回、2015年度カレンダー・ECO HOUSEに、千葉県流山市の歯科診療所兼住宅の、Y様邸が掲載されましたことをご報告いたしましたが、今度は、2015年度カレンダー・「日本の建築美」に、古民家改修を行いました、M様邸が掲載されました。

2015・日本の建築美・表紙





掲載された、カレンダーが、カレンダーメーカーから送られてきました。

今から、来年度のことを言いますと、鬼が笑うかもしれませんが、今年の年末には、多くの書店や、ギフトショップで、カレンダーが販売されますので、これらのカレンダーが、目に留まり、覚えていましたら、9月の写真が開催されました写真です。




2015・日本の建築美・9月


9月のカレンダー写真の上部に、小さな文字で、社名が記載されています。

2015年度カレンダー 「 ECO HOUSE 」か、「 日本の建築美 」のどちらかを、見かけましたら、覚えていましたら、のぞいてみてください。

どちらも、杉、素材生産日本一を18年続けています、宮崎県のみやざき杉による、産地直送方式による、国産材100パーセントの国産材住宅であることも、付け加えておきます。

by 株式会社スズキ建築設計事務所
           鈴木 明
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2015年(平成27年)の、カレンダーが早くも、カレンダーメーカーから届きました。

箱を開けましたら、

2015年 ECO HOUSE カレンダーが入っておりました。

1月から、めくっていくと、ありました、昨年、事務所から、徒歩10分ほどで、お世話になりました、診療所併用住宅の工事、Y様邸の写真が、2月のカレンダーに掲載されております。

2015年カレンダーエコハウス表紙


2015年度・エコハウス・2月

























お客様は、天井に国産材の杉板 30ミリが張られ、小屋梁などの構造材が見えるような住まいは見たことが無く、想像がつかなかったので、実際に日常生活を送っている、梁現わしの住まいを体験して頂き、天井が高く、国産材の内装材はもちろん、自然素材でつつ見込まれている内装が、気に入っていただき工事に入り、完成した建物です。

カレンダーだけでは、ご紹介できない、部分を、是非、皆さんに見ていただくため、写真を何点かアップします。


201311・外観




201311・玄関・ホール




201311・リビング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。