スズキ建築設計ファミリーのブログ

スタッフ全員の日頃の出来事など


テーマ:

私たちは、毎日、朝起きてから寝るまで、何かしらの活動をしていると思います。



私たちが、生きているだけで、多くの二酸化炭素(CO2)を、大気中に放出しています。


私たち人間、1人が1年間に呼吸で排出する二酸化炭素の量は、平均、320㎏/年と言われています。(*1)
また、一般的な家庭、1世帯が排出する二酸化炭素(CO2)の量は、6,500㎏/年(*1)と言われ、その

ほかにも、自家用車(1台)が、排出する二酸化炭素(CO2)は、2,300㎏/年(*1)、事務所(300㎡)が排出する二酸化炭素(CO2)は、18,900㎏/年(*1)を放出しています。

一般的な家庭、1世帯で、平均、6.5トン/年もの、二酸化炭素(CO2)を放出しているのです。
国立社会保障・人口問題研究所 によると、2013年の日本の総世帯数は、52,503,000世帯と推定しています。
これは、2010(平成22)年の国勢調査を基に、推定している世帯数です。

一般的な家庭だけによる、二酸化炭素(CO2)の放出量は、
約6.5トン/年・世帯 × 52,503,000世帯/2013年・推定 = 341,269,500トン/年 になります。
日本の総世帯から、排出される二酸化炭素(CO2)の量は、約34,127万トン/年が,地球の大気中に放出されていることになります。

日本は、世界でも緑豊かで水資源にも恵まれていることは、皆さん知っているように、国土の約3分の2は森林の我が国です。
そして、この森林が、私たちが大気に放出した二酸化炭素(CO2)を吸収してくれるのです。

私どもが、国産材による家づくりで、取り組んでいる宮崎県は、杉生産日本一の県です。

宮崎県の森林面積は、408千haで、そのうち人工林率は62%で、人工林中、杉が74%を占めています。
スギ人工林の年間生長量は、221万m3で、国有林を含めると約、300万m3になります。(*2)

私たちが生活や活動してる上で発生させる二酸化炭素(CO2)を、このスギに置き換えると、人ひとりが呼吸で排出する二酸化炭素(CO2)は、スギ23本で吸収されます。

1世帯当りが排出する、二酸化炭素(CO2)は、スギ460本(0.5ha)で吸収されます。
日本の総世帯の二酸化炭素(CO2)をスギで吸収するには、
約、460本/年・世帯 × 52,503,000世帯/2013年・推定 = 約24,151,380千本(約26,251,500ha)

宮崎県の森林面積が国有林を合わせて、590,000haなので、宮崎県の森林面積、約44倍で、日本の総世帯の二酸化炭素(CO2)を、吸収できる計算になります。(*2)

そして、一般的な事務所(300㎡)が排出する二酸化炭素(CO2)は、スギ約、1,350本(1.7ha)で吸収されます。

日本は、戦後の拡大造林で、多くのヒノキや、スギが各地に植林されましたが、伐期を迎えたスギも多く、これらの国産材のスギを上手に使うことで、特に都市部の住宅づくりや、内装材に使用することで、室内環境の吸放湿機能により、高温多湿の気候に考慮した住まいを造ることが出来、また、都市部に炭素を蓄えた都市の森を造ることで、先人達が、苦労して植林し,育ててきた森林資源に報いることが出来るのではないかと思っています。
スズキ建築設計ファミリーのブログ-産直住宅上棟


次は、ミヤザキ杉の特徴を記載してみます。

宮城県の蔵王の麓で生まれ育ち、現在、縁あって、宮崎県の「宮崎県産直住宅推進協会」のメンバーとして、ミヤザキ杉を使った産地直送方式による家づくりに取り組んでいます。

参照資料:*1:社団法人国土緑化推進機構のリーフレットより。

     *2:宮崎県産材販売資料より。

株式会社スズキ建築設計事務所
鈴木 明

http://www.suzuki-naturaldesign.com/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。