高齢者の肺炎予防、最新情報! | すずき医院のブログ
2018-09-14 11:22:52

高齢者の肺炎予防、最新情報!

テーマ:ブログ

肺炎球菌ワクチン Q&A

 

Q;日本の肺炎球菌ワクチンの種類は?

A;日本には13価肺炎球菌結合型ワクチン(プレベナー13)と

      23価肺炎球菌多糖体ワクチン(ニューモバックス)

  の2種類が存在します。

 

  プレベナーの適応は5歳以下と65歳以上で、定期接種は5歳以下のみ、

  ニューモバックスの適応は2歳以上で、定期接種は65歳以上のみです。

 

Q;それぞれの特徴は?

A;ニューモバックスは23種類もの肺炎球菌をカバーする利点があり

  ますが、抗体価の維持がやや弱いという欠点があります。

  

  一方、プレベナーはジフテリアトキソイドと莢膜多糖体を結合さ

  せたワクチンで、長期の免疫維持が可能ですが、13種類の肺炎球菌

  しかカバーしていません。

 

  そこで、高齢者の肺炎予防に当たり、ニューモバックスとプレベ

  ナーを組み合わせて接種することで両者の特徴を活かす方法が検討

  されています。

 

Q;組み合わせ接種の具体的な方法は?

A;日本呼吸器学会・日本感染症学会が示した「65歳以上の成人に対

  する肺炎球菌ワクチン接種に関する考え方」は以下の通りです。

 

  ニューモバックスの定期接種が目前に迫っている場合、

       ニューモバックスを先行接種し、1年以上あけて

     プレベナーを接種することが推奨される

 

  ニューモバックスの定期接種までの期間が1年以上ある場合、

     プレベナーを先行させ、定期接種でニューモ

     バックスを接種すべき

 

  としています。

 

以上、実際の接種スケジュール、料金、予約などの詳細についてはお電話

でお気軽にご相談ください。

 

すずき医院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス