いつもありがとうございます。

総務の鈴木です。

 

大阪は年末年始、

本格的に冬らしい厳しい寒さと

少しの雪に見舞われました。

 

屋外現場で、細かい手先の作業も多い

工事部にとっては、厳しい冷え込みです。

新型肺炎との闘いは

まだ気の抜けない状況ということもあり

心から、春が待ち遠しいです。

 

ただ、一定期間、

一定以下の低温にさらされないと

芽を出すことのできない

花を咲かすことのできない植物があるそうです。

 

土の中、命懸けで、この寒さを

静かに待っていた者がいたことを知ると

寒さの訪れも、

祝福すべき出来事かもしれません。

 

工事部の職人さんが

先日、数十年前に亡くなった奥さんの

夢を見た、と話をしてくれました。

 

「もう何年も見ていなかったからなぁ

 あんまりに突然で久しぶりすぎて…

 顔を、まっすぐ見れんかったなぁ

 こっちを見て笑っていたように思うけど、

 ちゃんと見れんかったなぁ…」

 

初恋の話をするような

さみしいような、うれしいような

そんな顔を見て、思いました。


人生の中で、つらく厳しい寒さを

乗り越えた人の心にしか

咲かない花があるはずです。

 

「会えない人」がいることの寂しさに

負けてはいけません。

 

一目でいいから、夢でいいから、

嘘でも、幽霊でも、何でもいいから

ただ、ただ

「会いたい人」が心にいることの喜びで

人生を豊かに美しく彩ること。

心に大きな花を咲かせること。

 

私たちには、きっとできるはずです。

 

 

年末年始も、多くご依頼頂いております。

納期をお急ぎの場合、

できる限り、ご希望に間に合わせるためにも

なるべくお早めにご連絡ください。

 

-----------------------------------------

 

「 孤独な木は、仮に育つとすれば丈夫に育つ 」

 

ウィンストン・チャーチル

 

-----------------------------------------