寒い冬が終わった途端、

お花見の話題で盛り上がることのできる

季節の移ろいが美しく、楽しい

こんな国で暮らせることを

幸せだな、としみじみ感じます。

事務部の鈴木です。

 

年始からも、ありがたいことに

たくさんのお客様からのお問い合わせと発注を頂いております。

 

弊社をお選び頂いたことへの

感謝の気持ちを忘れることなく

商品はもちろん、費用、納期、サービスについても

できる限り、お客様のご要望にお答えできるよう、

社員の全員が、日々、努力している結果であると

自信と誇りを持って、これからも業務にあたります!

 

下の写真は先日、完了した現場です。

 

危険の伴う作業が完了するたびに

「安全第一」という言葉をもう一度、ありがたく噛み締めます。

 

キュービクルは、使用されるお客様にとって

1日も欠かすことのできない大切な設備であり財産です。

そのキュービクルの製作から設置までお任せいただくことに

私たちは、大きな責任を持って取り組まなくてはなりません。

(※販売のみも承っております!)

 

最近、特によく耳にする「リユース・再生品」という言葉。

車はもちろん、本、衣料品の中古販売の看板も

あちこちで当たり前のように見かけます。

なぜ、中古業界がここまで社会に浸透することが

できたのか。

なぜ、弊社にこれほどたくさんのお問い合わせを

頂くことができるのか。

 

それは、日本で暮らす人たちに

「中古」も「良い」「問題ない」という事実と認識が

浸透してきているからだと考えています。

 

それは、それぞれの人が、暮らす中で

経験の上でしか獲得することのできない認識です。

長い年月をかけて

中古業界で働くすべての人、技術者たちの努力の末

こうなることができたのだと思います。

 

地球の環境を考えた資源の再生利用は

この時代、当然のことですが、いくらそのためであっても

「安全性」「価値」のない商品を

購入しようとする人はいません。

 

中古業界の一端を担う会社として

「中古」「再生品」の確実な「価値」「安全性」を

高めていくことが、弊社ができる社会貢献です。

そしてそれが

環境問題に取り組むことに繋がっていると

考えています。

 

ご近所さんから頂いた

小さくて着られなくなった服の「お下がり」を着ることも、

日本のどこかで何かの事情で使わなくなった

まだ使用できるキュービクルを、

再生して利用することも

地球規模で考えれば、同じことかもしれません。

 

ただ

預り先は顔見知りのご近所さんではなく

洗濯すれば着られる服とは少し違うキュービクルには

「安心」「安全」「低価格」を確実に

私たち技術者が付加していくことこそが

お客様にも、この先の地球にも

求められているということを胸に

日々、努力いたします!