おはようございます!

総務 鈴木です。

 

本日は、

兵庫県M様からご依頼頂きました、工場内の機械の増設に伴う

【キュービクルの増設】

【配線作業(電源つなぎこみ)】 について

作業のご報告をさせて頂きます。

 

電源のつなぎ込み作業とは、キュービクル設置後に

キュービクルと機械の電源を接続する配線工事のことです。

以下の写真のように、キュービクルから

幹線(電線)を電源まで引き込み、接続します。

 

 

お客様から、このようなご依頼を頂くのは

「(今よりも)沢山の電気が必要になった」ときです。

それは、お客様にとって、喜ばしい出来事であることが多いです。

 

少し大げさに聞こえるかもしれませんが、

そのひとつひとつのご依頼を、私たちなりに大切に思い

お客様にとっての「ひとつの新しい船出」と考える気持ちを

忘れてはいけないと考えています。

 

そのお手伝いを少しでもさせて頂けることは

私たちにとって、とても嬉しいことです!

もちろん、どの現場においてもですが

今日も最大限の力を発揮して、作業に取り組みます!

 

またいつかお客様から

「さらに増設が必要になっちゃったよ」

「また、宜しく頼むよ」

と、嬉しいご連絡が頂けるように、と心を込めて

私たちは全てのねじを

しっかり「増し締め」(二度締め/ダブルチェック)しています。

 

【↓写真は、ねじを確実に締めたという意味と、

  ねじの頭と締め付けた物に線を一直線に書き

  線がずれることでねじの緩みやズレを目視で確認するための

  二つの意味を持つマーキングです】

 

株式会社 鈴木電工 ホームページはこちら