好調と不調の間で | すーさんの栃木SC応援日記

すーさんの栃木SC応援日記

 
 

 
 
    
<< since 2014.2.4 >>


テーマ:

水戸ホーリーホックに敗戦を喫し、これで3連敗となりました。

それどころか、6戦連続勝ちなしという不名誉な記録も更新中。

 

好調期を脱し、今は不調期。

それ、どこまで続くのでしょう。かなり嫌な流れです。

 

スタジアム観戦を楽しむことが難しくなりつつありますね。

表面上は、スタジアムを楽しむと公言してみても、試合結果が悪ければ、楽しみ度合いは半減以下まで低下します。スタジアムへ足を運ぶ以上、やっぱり結果って重要なもの。勝点3さえ奪えれば、そこは「楽しかった」度合いはずっと大きなものになるのです。

 

勝負である以上、そこは楽しさ以上に結果が重要だと思いますよ。

 

栃木SCのチーム状態が悪いのは誰もが理解しているところですが、それでも、「膠着状態が続いた後半36分に試合を動かしたのは、やはり水戸」って書き方はどうなのよと、そう感じましたねぇ。

 

「やはり水戸」なんて書かないでくださいよ。

そう思いました。

 

地元紙に書かれた記事でしたが、現状を見れば仕方のないことなのかもしれません。

それでも、「やはり水戸」という文字を見たときは、寂しくなりました。

 

 
 

栃木SCは直近の5試合で奪った得点は僅かに2点です。

攻撃に課題があるのは、その数字が物語っているのでしょう。

 

期待の大黒選手とペチュニク選手に関して、横山監督は、「結果が出ていないのは確か」とコメントしています。

 

そして、「攻撃ユニットの見直しも考えないといけない」とも言っていますので、次節のツエーゲン金沢戦では、違った選手の起用があるかもしれませんね。

 

地元紙にも、「戦略の見直し急務」と、大きな見出しで書かれています。

打つ手はあるかもしれませんが、それが最善の一手であることを期待するしかありません。打った手が早々に結果を出すとも思えませんし、しばらくは我慢が続くかもしれませんね。耐えどきです。

 

大宮アルディージャ戦、水戸ホーリーホック戦と、終盤に小競り合いが起きました。

それらを見て、選手に溜まった鬱憤はかなりのものがあるように感じましたし、それが、今のチーム状態なのだろうと感じました。選手のイライラは、何となく雰囲気で伝わって来ます。

 

低迷するチーム状態。

 

我慢も大事ですが、打つ手は早い方が良いのかもしれません。

難しいところですね。

 

今、サポとして一番に願うことは、チーム状態が上向くこと。

低迷する状態から脱して、残留争いから一歩前を行きたいですね。

 

 

 

ペタしてね

 

 

 

どうかポチッと。
 ↓↓↓↓↓↓


にほんブログ村  

すーさんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス