(医)和光会 一本松すずかけ病院 地域医療連携室ブログ

(医)和光会 一本松すずかけ病院 地域医療連携室ブログ

「患者さん一人一人にその人らしい治療が提供されるよう相談から始まる医療」に取り組んでいます。
   

 

 

ARP委員会により6月12日、“依存症基礎講座“の研修が開催されました。

 

(“依存症基礎講座“では)

人が生活していく中で上手くいかないこと、嫌なこと、そして人間関係などのトラブルで心が病んでいくことがあります。その時に、お酒が病んだ心を癒してくれる薬になるため、お酒に頼るようになり、徐々に自分で飲酒のコントロールができなくなり依存していくこと、脳のしくみや喜びのメカニズム、アルコール依存症の典型的な症状(断酒していく中で見られる渇望期の症状や対処法)の説明がありました。

 

人に癒されるようになると酒に頼る必要がなくなるため、依存症からの回復は人との繋がりが重要である事を学びました。

 

(参加者からは)意思の強さや弱さに関係なく、脳が欲することをコントロールできなくなることが依存症だということを学びました。アルコールやギャンブルだけでなく、インターネットや食べ物などの依存もあり、誰の生活にも身近な疾患であると感想がありました。