柳津虚空蔵尊 台風19号の被災のボランティア | ライフセラピスト Chie Shimura

ライフセラピスト Chie Shimura

〜こころ、からだ、新リラクゼーション〜

ライフセラピスト・イベントプロデュ―サー ・フォトグラファー・Chie Shimura(です。


色あざやかな、あなたを見つけてみませんか?

柳津虚空蔵尊は宮城県にある真言密教の寺院です。
台風19号の影響で被災しました。




寺院は自然に包まれた場所にあり
台風では 2箇所からの土石流と水が境内を襲いました。
先日 虚空蔵尊にボランティアに行ってきました。
画像は被害のなかったご本堂と 普段はご本堂の前は石畳なのですが、浸水していて 水鏡のようになっていた様子です。

土砂を手作業でかきだしたり、
境内のなぎ倒された樹木を撤去したり
復旧作業が続きます。



観雄和尚様はお寺のお仕事やご本堂を
整え、寺庭の杉田史さんは ボランティアの中心となり、土砂の片付けや ボランティアの方からの電話対応、介護や家の仕事と 休みなく働いていました。
史さんが代表となって運営している
お寺カフェ 夢想庵は床上浸水のため
畳を取り除き 床下の泥を除く作業が必要です。






お昼とお茶の時間は 史さんの明るい声が
響き渡り 初めて会うボランティアの方と
不思議な仲間意識を感じます✨

大変な状況の中 ほかにもっと大変なところが
あるからと みんなで乗り越えています。

柳津虚空蔵尊の かささぎ橋は
大伴家持が和歌を詠んだことで知られる橋です。
苔むした 美しい時代を感じる場所でした。


台風の被害で かささぎ橋は半分から崩壊しました。

寺庭 史さんと震災ボランティア活動を支援し、婚活セミナーでは 婚活メイクの講師をされていらっしゃる 丸川さゆりさんが かささぎ橋のことを記事に投稿されています。↓
『かささぎ橋復興募金のお願い

かささぎの渡せる橋におく霜の
白きを見れば夜ぞふけにける
          大伴家持

3.11の震災以降、現地で支援を続けている杉田史さんのお寺、柳津虚空蔵尊が台風19号で被災し、かささぎ橋が崩落してしまいました。

万葉の昔、沢で水浴びをしていた白百合のように美しいと言われる女性に一目で心を奪われた家持が句を詠んだと言われるかささぎ橋は、その沢と共に柳津虚空蔵尊にあります。
しかし台風が来て裏山の土砂で沢が埋まり、行き場を失った水はかささぎ橋を崩落させて、さらに境内をかき乱しました。

境内は心優しいボランティアの皆さまが一生懸命土砂や瓦礫を掻き出してくださっています。
でも、家持が愛したその女性が佇むかささぎ橋は、無残なまま。

あたらしい命を育む。
恋が生まれ家族になり人が増えていくことこそが、この東北の復興なんだと史さんが言います。

その象徴のような愛の橋

かささぎ橋が、大きな被害を受けてしまった史ちゃん、家持、大好きな南三陸のために、早く元の美しい姿を取り戻すことができることを祈るばかりです。

かささぎ橋復興募金のお願い

[ゆうちょ銀行]
[口座番号記号] 記号:022303 番号:9883

02230-3-9883

[口座名義]柳津虚空蔵尊(ヤナイヅコクゾウソン)
(他の銀行からの振り込み不可)

[七十七銀行]
[口座番号]
登米支店  0026051
[口座名義]
宗教法人宝性院代表役員杉田観龍
(シュウキョウホウジンホウショウインダイヒョウヤクインスギタカンリュウ)

************』

婚活セミナーで史さんと講師をする さゆりさん



寺庭 史さんと3・11の震災でボランティア活動を一緒にされた 井上敬一さんのFBの投稿から

【住民の心の拠り所が崩壊しました、、】

「ご寄付のお願い」「シェアのお願い」

柳津虚空蔵尊にて、土砂すくいや、瓦礫撤去など、時間内でやれることをやってきました。

ここは、登米市の多くの住民の方が、
心を寄せる歴史あるお寺です。

寺庭の杉田史さんは東北震災の時には、
多くの方の支援を積極的にやってきました。

今回の台風では、境内に大量の水や土砂が入り込み、橋や参道も崩壊し、カフェは床上浸水になりました。

まさか自分が被災し、
皆さんに支援される側になるとは思いもよりませんでしたと話されてました。

昨日は、朝から地元のボランティアの方や、
サムライスーツのライセンスオーナーである、
愛知県の丸川さんや、
知覧合宿にも来てくれた森本社長も、
富山県から駆けつけていました。

皆さん口々に仰るのは、

「早くこのお寺が復旧して欲しい、、」

「史さんに助けられてきたから恩返ししたい、、」

その様な話をたくさん聞きました。

僕も史さんに助けられてきたうちの1人ですが、とにかく感じたのは、
柳津虚空蔵尊は、地元住民の方に愛され、
皆さんの心の拠り所であるという事実です。

今なお、全国では多くの方が被災され、
それぞれに大変な状況です。

僕自身もどこから手をつけていいものかと、
本当に忸怩たる思いです。

ただ、もう、

“自分が手の届く範囲でやれることをやる”

それしかないのかなと思っています。

柳津虚空蔵尊の復旧には、
物凄いお金と時間が掛かるなと率直に感じます。

しかし、史さんは、
人々を救う側である筈のお寺が、
寄付を申し出るのは、本当に忍びないと思っています。

今回、周りの人が言わなければ、
決して自分からは寄付を募るような人でもないのです。

なので、僕が代わりに、と言ってはなんですが、皆さんに声を大にしてお伝えしたいのです。

ぜひ、皆さんのお気持ちを、寄付という形に変えてご支援ください。

このお寺が復旧することで、
住民の方の精神復興も叶うと思います。

また、境内の中にあるカフェでは、
いつも地元住民の方が立ち寄り、
笑い合ったり、相談したりワイワイしていました。

正月には柳津虚空蔵尊に本当に多くの方が募り、人々の健康と幸せを願います。

1日でも早く、あの景色がまた見れるようになることが住民の方の願いです。

余談ですが、史さんの弟さんの仕出し料理屋も、
床上浸水し、今も営業が出来てません。

全国的に色んな方が困っていますし、
中にはもっと大変な場所があるのも承知はしております。

しかしながら、この記事を読んでいただき、何かこうやって間接的にでもご縁を感じて貰えたら、
その方には是非とも、

“できる範囲で、できることを”

して頂けたらと思います。

自分1人で全て出来れば良いのですが、
経済的な面では以前ほど自分に無いので、
皆さんにご協力を仰いでいます。

今は悔しいですが、これからもいつ災害があるか分かりませんので、
しっかりと稼いでたくさん支援できるように今から準備しとかなきゃですね。

来週もう一度、宮城県に行ってきます。

また皆さんにはご報告したいと思いますが、
それまでにも、お力を借りれたらと思います。

〜〜〜〜〜

台風被害復旧ご寄進のお願い

この度の台風で境内にあるかささぎ橋を始め参道等が大きな被害を受けました。当山以外にも多くの大変な状況にある方々がいらっしゃることを鑑みて躊躇しておりましたが、多くのご信徒様よりご寄進のお問い合わせを頂戴しましたのを受けまして、ここに受付口座をご案内させて頂くことにいたしました。
皆様からのご信助何卒よろしくお願い致します。

[ゆうちょ銀行]
[口座番号記号] 
記号:022303 番号:9883
[口座名義]
柳津虚空蔵尊(ヤナイヅコクゾウソン)
(他の銀行からの振り込み不可)

[七十七銀行]
[口座番号] 登米支店 0026051
[口座名義] 宗教法人宝性院代表役員杉田観龍
(シュウキョウホウジンホウショウインダイヒョウヤクインスギタカンリュウ

〜〜〜〜〜



甚大な被害にあった柳津虚空蔵尊では
寄進金を募ってます。』

虚空蔵尊でボランティア中の
井上敬一さん(向かって左)

井上さんのサイト↓




寺庭 史さんのFB投稿

『水曜日の様子を
千恵ちゃんが撮ってくれてました。

浸水しててガッカリした日。

でも、水面に景色が写って美しかった日。

起きる事象には
いいも悪いもなくて、
色をつけてるのは自分だと
般若心経は説いてくれますが、
やっぱりいろんなことに一喜一憂する
煩悩まみれの私です。』


                      photographer
                      Life therapist
                      event consultant
                      Chie  Shimura