みなさん、こんばんは。
はりきゅう院朱珠庵の東です。


日中は暖かいですが、朝晩は冷えるようになりましたね。
とはいえ、この日中の気温の方が異常なのですが。
みなさんに寒さ対策をしていただかなくてはならない季節になってしまいました。


日中暖かいからと言って、油断は大敵です!
もうがっつり保温してください!!!
ということで、本日は冷える部位ごとに私が考える対策を書かせていただきます。
あくまで、個人の感想です。


【足先】

足の指の付け根あたりから下だけが冷える方は、そのあたりをしっかりと揉んでいただきたいです。
血管が細いタイプで冷えているのであれば、しっかりとお風呂で温めて、揉み揉み。足の指をグーパーグーパー。
そして、五本指ソックスを履いて上から暖かい靴下を重ねましょう。
それでも冷えるなら足裏のホッカイロを使ってオーケー。

汗っかきで足が冷えてしまう方は、吸湿性に富んだ五本指靴下がオススメです。
深呼吸を心がけて、ゆったりとした心持ちで過ごしましょう。


【足の甲】

残念ですがパンプスはお休みさせてください。冬の間は、ブーツか甲の部分が覆われた靴を履きましょう。
お風呂にゆっくり浸かった後に、足の裏から膝下くらいまで、マッサージすると冷えにくくなります。


【足首から下】

とにかく露出させないように、が大切です。
靴下でカバー、レッグウォーマーでカバー、ブーツでカバーです。
お灸もいいですね。
足首周りにグリグリした脂肪のようなものが付いている場合は、それが血流を悪くさせている可能性があります。
これは日々のマッサージで改善できますので、気になる方はお気軽にお尋ねください。
ご来院の際に流すコツをお教えします。
自分では難しい、、、という場合は、アロマトリートメントのセットやアロマトリートメント単品でのメニューもありますので、是非ご相談くださいね。
(ただし、グリグリを流す手技は結構痛いです。)
隙間時間に足首を回したり、曲げ伸ばしなどしてこまめに運動するのもオススメです。


【ふくらはぎ】

同一姿勢が続かないように、まめに動くと良いです。
立ち座り、足をバタバタさせる、足首を動かす、台に足の前側で乗ってかかとを上下運動する などがオススメ。
浮腫んでいる場合も上記の運動が有効です。
ストッキングは厚めのタイツにシフトしていただきたいところです。


【太もも】

脂肪によって冷えていることが多い場所。
本来なら大きな筋肉があるのでそんなに冷えないのですが、運動経験がない方は筋肉もそんなに発達してはいないので、冷えを感じる場所でもあります。
ここは思い切って、湯たんぽやカイロ、飼い猫、ブランケットなどを活用しましょう。


【お尻】

ここも脂肪が多いので、触ったらひんやりしやすい場所です。
湯船につかる習慣をつけて、毛糸のパンツを活用してください。
あと、スクワット!


【お腹】

できるだけ冷やしたくないゾーンです。とは言え、内臓がありますので外側がひんやりしていても、基本的に体の内側は温かい場所でもあります。
老廃物が溜まっているせいで冷えている方は、やはり要治療です(そういう状態の方には、診療の際にお伝えしています)。
外側だけ冷えている方は、腹巻と熱くなりすぎないようなカイロがオススメです。
あとは、寝る前などでいいので、ゆったりとした呼吸でお腹の中に温かい空気が入ってくるようなイメージで深呼吸する時間を作っていただくといいかと思います。


【腰】

インナーをお尻まであるものにしてください。
あとは腹巻+カイロが良いでしょう。


ただし!お腹側と腰、ダブルでカイロを使うのは量が熱の多過ぎるのでオススメしません!!!!


【手先】

手袋をフル活用しましょう。
手首が冷えると余計に冷たくなりますので、手首が隠れるインナーや手袋必須です。
また、飼っている動物やご主人などを毎日マッサージするふりをして暖を取っていると、だんだんと指先が冷えにくくなります。
指先が発達してくるんです!
感謝もされて夫婦仲も良くなり、一石二鳥です。


【二の腕】

腕立て!


【肩】

おしゃれなストールづかいでさりげなくカバー。
おうちでは、ケープタイプの防寒具を身につけると良いでしょう。




何度も言いますが、腰から下を冷やさない!!!!
これにつきます。



私も冷えますので、既に院では床暖房フル稼動中ですし、靴下も冬用の物に変えています。
スパッツも活用中です。
お風呂は塩を入れてじっくり浸かり、寝るときにはゆたぽんをセット!
あと、醸造酒があまり体質に合わなくて寒くなるので、飲まないといけないときは蒸留酒を飲むことにしています。
飲み物は温かい物をできるだけとっています。



さて、色々と書きましたが、これを全てやったらいい、やりなさい、というわけではありません。
好きに過ごしていただくのが一番です。
その中で、やれそうなものや、これ合うなあというものだけご自身で選んでください。
やらなかったら妊娠できない!ということはありません。

より大切なのはストレスフリーで過ごして、バランスよく食べて、適度な運動、質の良い睡眠 です。
↑ができたら正直冷えにくくなります。




冷え予防にはお鍋もいいですね。


先日、きのこをもぎとりました。





収穫欲がそそられる〜!



お野菜がほとんど100円で買えました♪



お鍋にはたっぷり生姜を入れたら美味しいし温まりますね♪





では!