★☆巻き寿司

{4F486E6B-38C0-42AD-BA4A-19B973BE34C7}

巻き寿司のあっぷ( ̄▽+ ̄*)
玉子の変なボツボツは気にしないで


{E560095A-ECDB-4990-B406-AE34149B9571}

しいたけ・きゅうり・玉子のシンプル。

今のところ、全てのブログ写真は過去の物です。

思ったよりも身体は大打撃を受けており、本当は入院が必要だったけど嫌なんで笑
ずっと自宅療養しています
年末年始、ゆっくり休みたいと思います

それにしても、うちにはパソコン&スマホ操作ができる人がいないんで、自分の緊急時に困り果てて。。迷惑かけないように、しばらくの間ショップも完全閉鎖(全て封印 )するか、続行するか悩んでおります
まあ普通に考えたら前者ですな( ̄▽+ ̄*
いちから出直してきます
そんなこんなで『反省』の1年でした

今年も、ブログを読んでくださりありがとうございました。

よいお年をお迎えください

★☆ウィンナー

テーマ:

 

・・・・あ、ほこり。

 
さすがに、取り除くレベル・・・と思いきや、肉眼だとほぼワカラナイ
 
 
 
ほぼ、和食中心なのですが、洋食にも・・・と手を拡げるほどの器用さはないです。
けど、忘れないように洋食のパーツも合間に作ります。
 
ウィンナーはポトフに入れたり、目玉焼きに添えたり・・・ナポリタン用には、皮をあえて、
毒々しく塗ります( ̄▽ ̄)
 
 

★☆イカと里芋の煮物

テーマ:

 

 

イカの煮物。

 

皮が、真ん中がへこむように押し込んで作ります。

 

ちょっと管理が甘かったか、、、ホコリがこびりついている。

かなり昔、5年以上は前です。

 

 

1つ前の記事、久しぶりに投稿したもんで時間設定が同時刻になっておらずに、過去に発信されて埋もれたものと化しておるので、よかったら併せてご覧ください。

↓↓↓

タイトル

命の終焉・・・そして動き出した時間

ちょいと長くなるので、先に伝達等を。

 

なんか、ブログのデザインの提供が終了するらしいので、今までのカラフルなリンゴ模様の後のデザインとかじっくり吟味する暇もないので、しばらく無地か変わりまくるかもしれませんがお付き合いくださいませ。

 

私がブログを始めてから何年も経ちましたが、6年とか前からピグでお話したり、そうでなくともブログを見つけてくださり・・・そんな昔からご愛読いただいて感謝しております。

ありがとうございます。

 

文字の大きさが多少入れ替わってますが、直し方が判らないだけで意味はないです。

 

新しいカメラで撮影したもの。

 

↑↑↑月見うどんにピント。

 

 

まだまだ使いこなせておらず、今現在とは少し異なるかも

・・・ゴミや絵具の滲み具合までも強力に再現( ̄□ ̄;)!!

下に敷いてる笹のしっとり感までも、カメラの進化がスゴイ。

 

おなじみ、だいたいの実物。パソコンからの閲覧のみ。

 

 

 

ここから、じいちゃんの事。

 

何回体験しても、葬儀は慣れない。

 

取り乱して泣きわめく人はいないけれど、、、疲労困憊で何が起こっているのか正しい判断がつかない。

 

送り出すことができて、安堵感のほうが大きい。

 

御年92歳なので、胃ろうと中心静脈栄養の延命はいっさい拒否。

これは、言葉が出ていた頃のじいちゃんも望んではいない。ばあちゃんの姿を見て、ひどく後悔していたので。心臓マッサージ・電気ショックも本人にとてつもない苦痛を与えるだけなので、拒否。

 

姿形を残して、いつまでも生きてほしいのはエゴなので、自然にその時がやってきたなら、静かに眠らせてあげよう。そう思っていた。

 

本当は、点滴も拒否したかったけど医療機関としてはギリギリまでは義務となっている。むくみが手に少し出てきて、明日もう点滴を外すように医師にお願いしようと思っていたその日の晩に、容体が急変した。

 

点滴は、誤解している人が多いがむくみが出たときまでが有効で、それ以降は水分処理ができない老体にとっては拷問でしかないので、早急に外したい。

 

 

いつも、見舞いの帰り際には手をふってくれていた。

旅立つ前日、そんなに動かせない手で頭をなでてくれた。
いつも、ほとんど眠っていたけどこの日は起きていた。
 
何か言いたげな表情で、何が言いたかったのかは本当のところ、わからない。
けど、都合のよい解釈にしたければあれはお別れだったのだと。
 
広島カープの熱狂的なファンで、連続で優勝したよって伝えると、、、、ゆっくりした拍手の動きをした。
 
結果的に、死に目には会えなかった。
電話で知らせを受けてから、15分後に旅立った。車をとばしても、間に合わなかった。
意識がなくなっている時よりも、それまでの時間があったのだから。
耳の機能は最期まであるといっても、じいちゃんの場合老衰難聴で、ほとんど聞こえないのに、その時に聞こえるのかの疑問もあった。
医師や看護師がいたら、ちょっと会話とか恥ずかしいじゃない???
だから、それまでに終わっていたから、私も母もそこにはこだわってはいない。
 
消えゆく命、これから旅立とうとしている人を引き留めて、いったいどうなるというのだ。
 
その最期の瞬間は、医師によると眠ったまま、静かに安らかに迎えたそうだ。
医師はやさしい嘘をつく場合もあるそうだが、たった今、、、、ほんの5分ほど前の表情を見たら事実だったのだろう。
拳も握りしめていた様子もないし、眉間にしわもなかった。
なにより、、、まだ暖かかった。
 
エンジェルケアの後だと、やっぱりほぼ直していただくのだけども、どうしても病気で亡くなった場合の方が苦痛のある表情になる。
 
点滴が外されて解放された顔は、家で眠っていたそのままだった。
 
危篤になると体の体温が1度づつ低下していく。
寒くないように、添えられた湯たんぽはまだ、かなり熱かった。
 
いつ、心臓が止まってもおかしくないといわれてから2か月。
腎臓の機能はすこぶる元気で、尿バッグも付けられていなかった。
 
体力の低下による、疲労困憊で倒れた・・・のが診断らしい。
 
ここまで書いて、支離滅裂ですが一区切りします。
また、感慨深いできごとなど、つらつらと綴りたいと思います。
 

四十九日も無事に終え、送り出せた安心感の方が今は大きいので、どうか安心してください。

 

タイトル通りに、ようやく動き出した時間。

進んでいます( ´艸`)

 

★☆介護の終わり&焼き牡蠣

テーマ:

 

????謎の物体ですな( ̄▽ ̄)

 

 

焼いた牡蠣。

居酒屋メニューに、ちょこっと添える予定で作ってみたもの。

裏のメタリック・パープルは本来の牡蠣の殻の色ではないと思うが、空想の世界という事で。

 

ほぼ初の試みということで、イメージが伝わればいい。

汁感とかは、これからのお勉強。

 

 

 

 

ここ1年ほど、どんな風に時が過ぎ去っていったのかよく覚えていない。

通い介護10年、同居1年の介護、、、11年目に突入だった。

 

怒涛の忙しさ。

じいちゃん、8月に突然倒れて緊急搬送&入院・・・そして、そのまま施設探し。

 

倒れてから、ひとりでのトイレが出来なくなったので仕方ない。

ぼんやりと、繭にでも包まれている気分なのだろうか?

寝顔は、とても気持ちよさそうだ。

 

きのもう、夜中に起きなくてもいいのに、どこか寂しい自分がいておかしい。

体力のない疲労困憊とは、こんな状態を指すのだろうか??

泥の中に、ゆっくりと沈んでゆくような、、、そんなだるさ。

役所や、病院へはずるずるしながら行って、後はしばらく起き上がれない・・・

そんな生活が、しばらく続いて。

ミニチュア制作どころか、自分でご飯さえも作れない。体力は徐々に戻ってゆくのだろう。注射注射shokopon

 

自宅で看取るつもりだったから、取ってなかった要介護認定の取得の手続き。

ネットなんかで、主治医の意見書はなかなか作成してもらえないと、うっかりそんな感じの内容の記事を読んでしまっていたために、2日で出来た意見書に拍子抜けしながら、約80キロ離れた、、、じいちゃんの住民票のある市役所へ、、、不備があり2往復。

しんど。( ´艸`)

 

おそらく要支援2から、要介護5。そりゃあ、もう自宅では無理だなぁ。

人が、どんどん壊れてゆく様。

こんな風に弱っていくのだと、病気とはまた違った衰えに、成すすべも無く。

ただただ、静かに見守るだけしかできない。

 

まさか、初めて自分以外の爪を切るのが、口元を拭くのが自分の子どもではなく、祖父になるとは思ってもみなかった。

 

ぱーるビックリ!戦争を経験し、ネズミやミミズがごちそうだと話す祖父。

金は自分で稼ぐものだと、お小遣いもない方針。

80代で突然、ビリヤードやギターを始めた。ビリヤードは、わたすも参戦(*´艸`)

絵が上手で、なぜか師範免許も持っていた。

売ってくれと、懇願された絵画に拒否。

そんな、誇り高き祖父だった。

出かけるときには、ベストにベレー帽でオシャレに。

健康にいいからと、1駅は平気で歩く。毎日、わざわざ遠くのスーパーへ買い出し。

ほんの、12年前はこんなに元気だったんだねなみだ

 

目の前にいる人が、こうも変わってしまうのは、言葉がない。

 

せめて、最期まではよい環境でぼんやりと眠っていてほしい。

 

もう、私の事なんて覚えてないと思っていたら〇〇ちゃんかい?と聞いた。

おお、目もうっすらと見えている感じだ。

母には、いろいろしてもらってありがとう、と言った。(たぶん手続きやら何やらの事)病院だという事が、うっすらでも解っているのだ。

 

ほとんど、しぼりだすようにしか会話はできない。

かすかな表情と、目の輝き度で喜怒哀楽を読み取る。

 

家で面倒みられないの??と言う人は、100%介護経験のない人の言葉。

人には、限界っていうものがあるんだよ。11年続けられる??むっ…

 

 

只今、施設探しの真っ最中。日々いろいろ、こなしてゆく事が山積みだ。

 

 

人生に起こる事を楽しめ。

誰ぞが、そんな事を言っていた。楽しむ、の意味合いは違っているけれど。

こういう事なのか。

 

 

 

ミニチュア制作って、心が満ち足りていて、十分な体力も備わっていないと作れない。制作に励めるという事は、睡眠もきちんと取れていて、超健康体なのです。

それとは裏腹に、ものすごい追い込まれていたり現実逃避したいときに、すさまじい集中力が芽生えることもある。

 

その人それぞれの性格か、、、メンタルはすごく強いね、羨ましいとよく言われます。まあ、いろんな事があったから、幼少期から

今回だって、大変だったけどこの程度では沈む理由も、放棄してしまう理由が見当たらない。

 

一部、もしかしたら私のような体力ギリギリの方もいらっしゃるかも知れない。

 

自分の代わりなんてどこにもいないけれど、和食のスタイルは崩さない。

私にしか作れない物だと、誇りをもって世に送り出します、これからも。

 

それでも、作っていないとあんまり楽しくない・・・ので、早く体力の回復を願うばかりです。パーツ作りは、回復しております。

 

 

ここまで、残っていた文章そのまま・・・2か月過行くうちに、

じいちゃんは永眠しました。

 

 

 

 

ごちゃっと。

 

制作風景でございます( ̄▽ ̄)この当初、受付た最終のご依頼品も混ざっています。

 

※再販・・・ほぼ同じ物を組みなおす体力がまだ戻っておりません故、新作はちらほらと出ても

受け付けはストップしてます。

ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

★☆ねぎ

※予約投稿が続きます※

 

 

ねぎ。

 

柔らかいうちに、串に刺して竹串を通す穴をあけておきます。

なんちゃって、ではなく串に通した方が強度があります。

 

焼き鳥とか、串用のものだけ。

 

いちおう、中のニュロッとした白い部分と皮を分けてます。

 

 

立ててみた様子。

 

 

 

色味も、結局は使用しているモニターにより変化するという事で、写真にも

多少は気をつかい始めました。

 

★☆牛肉

 

 

牛肉。

脂身部分も、ぬかりなく。

 

 

ブロックタイプと、薄切り用、牛すじ用など5種ほどの形を作っておきます。

 

グレイス+すけるくん配合が多いので、しばらく濡れティッシュに包むと成形は

しやすくなります。

包み過ぎに注意!!!!    ふやふやになり、使い物にならなくなりますきの