10/20、21練習 | 滋賀大学ヨット部のブログ

滋賀大学ヨット部のブログ

滋賀県彦根市にある滋賀大学彦根キャンパスをベースに活動している、体育会所属の部活動です。ヨット部の活動について現役部員が紹介します!


テーマ:
3回生で470スキッパーの仲野が10/20、21の練習について報告させて頂きます。

10/20(土)は午前は平均7〜8m/sの風の中、470級2艇、スナイプ級2艇で出艇しました。
しかし、練習中に船同士が衝突し、1艇が損傷する事故がありました。
また、沈起こしに時間がかかり、貴重な練習時間を減らしてしまう結果になる場面も見られました。
それらは新体制になったにもかかわらず、安全面の徹底が足りなかったことが原因であると考えたため、午後の出艇は止め、部員全員で安全に関するミーティングをしました。
レスキュー艇の役割、救助の方法、事故した際の連絡先、沈艇の迅速な起こし方などは新体制となった際に再確認するべきでした。
この事故を踏まえ、改めて安全に対する意識を部員全員が持つ事が出来たと思うので、今後はひとりひとりが安全で効率の良い練習ができるように動いていきます。

10/21(日)は人数が少なかったため、午前はスナイプの2艇、午後は470の2艇で出艇しました。 
平均で6~7m/sの風の中、主にセーリング練習を行いました。 
スナイプは2艇とも揃って競いながらセーリングできる場面が多く、良かったです。
470では、メイントリムの遅れ、まだまだスピンの限界トリム・フリーでの波乗りが甘い、スピンアビームを速く帆走させる事が出来て無いなど、様々な課題が出てきました。
練習後のミーティングでは知識の共有・理解をすることができました。
次の練習ではミーティングで得た知識を実践し、この課題を一つ一つ潰していきます。

最後になりましたが、練習に来てくださった、榎本さん、深尾さん、白子さん、甲佐さん、谷口さん、ありがとうございました。

滋賀大学ヨット部さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス