働き方改革関連法がスタート  | 蓼科企画 西村のブログ 地域の不動産仲介を通じて地方への移住や別荘ライフのお手伝い。
2019-04-06 10:32:30

働き方改革関連法がスタート 

テーマ:日記

2019年4月より、働き方改革関連法が実施されるようになりました。

 

様々な項目があるのですが、「時間外労働」についての基本項目

 

◎時間外労働の上限 原則として 月45時間  年360時間

 

これを実際の例でみてみると 

(土日の週休2日が休みの場合で月20日勤務の場合)

 

月の残業は、上限で 40時間÷20日=2.25時間

 

年でみると  360時間÷240日=1.5時間

 

数字でみてみると、すごく少ないように感じます。

 

私個人的な感覚であると、 残業することで割り増し賃金が稼げるし

仕事も覚えられる、という機会損失を残念に思う人もいるのではないかなと

思います。

 

今後の日本は、労働人口が急激に減少していきます。

実際に私は団塊ジュニア世代なのですが、24歳くらいの世代人口は

私の世代に比べて35%は少なくなっています。(およそです)

 

そうなると働く世代の人たちは、少ない人数で多くの仕事をこなさなければ

今まで通りにはまわっていかないことになるのは、当たり前のこと。

これまでは働く人も多く、残業もたくさんしていた。

それを少ない人数で働く時間も少ない状況でこなす時代に突入したことを

意味しています。

 

それを可能とするには、一般的には、効率化、システム化、機械化、人工知能化(AI)

と様々なことを言われていますが、それができるならば昔からやっているのでは?

と疑問に思います。

これまでに働いている人達も効率化やシステム化を意識しながら業務をこなしてきた

なか、その積み重ねの後のさらなる効率化、 そこまでの劇的な効率化ができるものなのかな

と思ってしまいます。

 

ただ、時代の変化には柔軟に対応しなければいけませんので、今の日本の風潮

現役世代の思考、そんなところを意識しながら変化するところは変化、変わらない

ところは変わらず! で、やっていきたいと思います。

 

今年の4月1日は、入管法改正もあり 日本の変化のなかでも大きい節目に

感じます。

 

蓼科企画 西村

 

======================

 

 

 

 

 

 

 

 

蓼科企画さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ